冷静さを保つ。

今日は大相撲で鶴竜と栃ノ心の取組だった。

 

鶴竜は落ち着いていて攻められても冷静だった。

 

栃ノ心はどうしても勝ちたい、という気持ちが

 

前に出る感じで冷静さを失っていた。

 

解説の人が栃ノ心の悪いクセが出ましたね、と話していた。

 

明日の優勝決定戦まで、まだ結果はわからない。

 

あきらめないことと、全力を尽くすことと、

 

眼の前のことを一生懸命やることで

 

拓けてくる未来はあるだろう。

 

私は栃ノ心が優勝するような気がする。

 

それでも鶴竜の静かな熱い想い、

 

二場所連続優勝したい、という気持ちも

 

痛いほどわかる。闘志を剥きだしにしないからこそ、

 

伝わるものがある。どちらも悔いのないように、

 

がんばってほしいな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



着替えて気分転換。

なんだか調子でないな、というときは

 

着替えると気分転換になって良いかもしれない。

 

私はたまにやる。今日もやってみた。

 

短パンとTシャツでも、どれを選ぶかで

 

気持ちに雲泥の差が生まれる。

 

今日はお天気良かったね。

 

すこし、まぶしいように感じた。

 

でも、昨日ほど気温は高くないという雰囲気。

 

帰ってきて、天気予報を見ると神戸の最高気温は25℃。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日はどんな日だったかな。

 

愉しいことはあったかな。

 

些細な事でもいいから、

 

忘れないようにスマホのメモ機能とか

 

手帳とかカレンダーに書いておこう。

 

何だかすごく落ち込むというとき、

 

きっと元気になれるから。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



恋の季節。

すずめは恋の季節なのかな、と思う。

 

追いかけているつがいのすずめをよく見かけるから。

 

のんびりした季節には、あまり目にしない光景だ。

 

筍ご飯にお酒が利きすぎていたみたいで、

 

ちょっと酔ったような感じがあり、

 

あたまが痛い。

 

私は基本的にお酒が飲めないので、

 

そうか、あれはお酒の味だったか、とわかる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

お酒が好きな人はブランデーケーキとかも

 

すごく美味しく感じるのだろうな。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



小麦ちゃんのこと。

毛並みのきれいな瞳が純粋な

 

サラブレッドの馬みたいな

 

カッコイイ大型犬だった。

 

雑種だという。

 

譲渡会で引き取ってきたときは子犬で、

 

あまり大きくならないと説明を受けた。

 

それで、そうか、それなら、と思って育てていると

 

予想外に大きくなったという。

 

子犬の場合は予測がつかない部分はある。

 

そういうことは多いのだという。

 

きれいな若い女の人が好きなワンちゃんで、

 

子どもはあまり好きではないと飼い主さんが話していた。

 

好きな人には手や鞄などの匂いを嗅ぐしぐさをする。

 

子どもはどうして苦手なの、と訊くと、

 

ボールをぶつけられたりするから、という。

 

だんだん歳を重ねてくると頑固になり、

 

此処で仲良しのワンちゃんに逢うんだ、と本人が思い込むと

 

テコでも動かないと飼い主さんが苦笑していた。

 

脚が悪くなって歩けなくなってからは

 

どうして僕は歩けないの、という顔をしていた。

 

今はどうしているかな。

 

歩いていて一番うれしいのは

 

小麦ちゃんに逢うことでした。

 

たくさんの愛をありがとう。

 

小麦ちゃん、いつまでも大好きだよ。

 

一番好きなワンちゃんだよ。

 

いつもホントにありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



歴史的な勝利。

昨日、大相撲夏場所で栃ノ心が白鵬に勝った。

 

10年間、勝てなかった相手だ。

 

歴史的勝利だ、と胸が熱くなった。

 

今日は負けたみたいだけど、

 

栃ノ心が優勝して、大関になり、

 

そして誰よりも強くてカッコイイ横綱に

 

なるような気がする。

 

昨日は支度部屋から気合十分で出てきた栃ノ心を

 

ドキドキしながら応援していた。

 

今日は残念だったけど、気持ちを切り替えて、

 

明日から千秋楽まで素晴らしい胸躍るような相撲を

 

魅せてほしいと願う。

 

昨日、白鵬に栃ノ心が勝った瞬間は、ものすごく

 

うれしくなって、大きな音で拍手してしまったくらいです。

 

大相撲の世界で、これほど勇気と感動と歓びをくれる力士は

 

他にはいない。ケガからの奇跡的な復活も頼もしい限り。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



迅速な対応。

きのう、「Jさんの柚子茶」を飲んでいたら、

 

プラスチックのような異物があった。

 

QVCに連絡すると、大変申し訳ございませんと謝り、

 

返品か交換を受け付けます、という。

 

明日の午前中に商品を引き取りに来るので、

 

返品交換連絡票に異物の件を明記して、

 

それも添えてビニール袋に入れてもらえますか、という。

 

今日のお昼前に、もう交換の品が届いたので

 

その迅速な対応に驚いた。

 

柚子茶というのは冬の商品で、インターネット上では

 

もう在庫がないということになっている。メーカーに

 

在庫があれば、交換分をお送りします、といったけれど、

 

まさか次の日に届くとは誰も思うまい。おそらくスピード便

 

のようなシステムを使ったのだと想像する。

 

私が返品と言わなかったのは、もう柚子茶の季節になるまで、

 

手に入らないと思うし、可能性があるなら、交換してもらい、

 

シナモンやはちみつの入っているJさんの柚子茶を又、味わいたかった。

 

それがすごくうれしかったので、QVCにはあらためて御礼状を書こうと

 

考えている。明日にでも投函しよう。鉄は熱いうちに打て、だ。

 

もうひとつ、うれしかったことはiPadの充電用のコードが壊れたのだけど、

 

それの交換も今日できたことだ。無事に充電できて、ほんとうにうれしい。

 

歓びに溢れる夜だ。ありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



だからこそできること。

ほんとうに短い間だったけど、

 

駅ビルで働いていたことがある。

 

今日は買い物に行くと、タクシー乗り場とか店の中に

 

4つほどのカートが使い捨てられていた。こういうのは、

 

カートやカゴを直す人からすると、わざわざそこまで

 

行かないといけないので大変だ。

 

私は勘で入るときに、持って行って片付ければいいな、とわかる。

 

たまに警備の人が外まで出て、カートを集めているけど、

 

あれはいわばマニュアルには書かれていない仕事なのではないか。

 

カートやカゴを直す係りのOさんに逢ったので、直しておきました、と

 

伝えておいた。レジの仕事をするときに、手の空いている人はカートや

 

カゴも直すのだけど、力仕事だからなのか、やらない人が圧倒的に多い。

 

私が辞めることになった時、Oさんは「ずっとおってくれたらいいのに」と

 

言ってくれたほどだった。一人で勤務という時もあり、この仕事のために

 

腱鞘炎にもなって治療していて、なかなかつらいことも多いようなのだ。

 

図書館からの帰りに駅ビルを通ると、仕事でお世話になった方とすれ違った。

 

人事の方、というのは非常に言いにくいことも伝えないといけない立場で、

 

つらかったのではないかな、と思った。そのことがありつつも、それは

 

おくびにも出さないという態度は立派だった。感謝したい。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



今でなければいつ。

今日はがんばれ、と追い風に

 

背中を押されるような感じの一日だった。

 

予想外のパワーで満ちている、みたいな日。

 

ほんとうは図書館に行く用事は昨日、済ますつもりだった。

 

でも、すこし熱があり、近所で買い物をすると、もう体力

 

使い果たした感じで余力がない。それで明日にしよう、と決めた。

 

いつもの店で300円分のクーポンを使って買い物するのも、

 

今日が良いな、という直感があった。ベランダや玄関で履く

 

サンダルなどは最近の在庫状況を知らなかった。係りの人に

 

訊いて確認すると、サイズが大きすぎたり、どうしてもこれは

 

受け入れられない、という色だったりした。それで母に

 

イオンで探して来てくれるように頼んだ。最近、父が手術を

 

受けたのだけど、ドクターたちが皆、黒のクロックスを履いている。

 

それが何ともスマートな感じでカッコいいのだ。手術室から出てきた

 

執刀医がそういう靴を履いているとは思わなかった。サンダルといえば、

 

いつも駅ビルで選んでいたけど、それよりもドクターのものはクールだった。

 

それにしても、自分でも凄いな、と思うんだけど、クルマを使わない私は、

 

いつもちょうど持って帰れる分しか買わない。背中や腕なども良い感じで

 

鍛えられるので、坂の街に住むと買い物やおでかけがエクササイズになるのも

 

良いなと歓んでいる。クルマを出してあげなくてごめんね、と思わなくて

 

ぜんぜん大丈夫だよ。ホントに助けてほしいときは頼むから、その時は

 

お願いしますね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



おすそわけ。

今は「破竹」という育ち過ぎた筍の季節で、

 

よくお隣の方からいただく機会がある。

 

先日ももらったばかりだけれど、

 

「食べる?」といってくださる。

 

ちょうど鶏むね肉を買ったばかりで、

 

油揚げも冷凍したものがあったので、

 

めんつゆ、減塩醤油、料理酒、みりんなどを

 

50佞困墜れて、漬け込んでおいた。

 

明日、私はたけのこごはんを炊くのだけど、

 

あと一回分出来た。それで、不意に

 

いつも挨拶してくれるご夫婦に差し入れた。

 

ご主人が玄関に出てきて、とても喜んでくれた。

 

破竹というのは春のたけのことちがってアクがないので、


茹でていないため、お米を炊くときに、最初から入れる

 

必要がある。そのことを説明した。まだ味見していないので、

 

美味しいかどうかわからないのですが、というと笑顔だった。

 

お隣のご夫婦は引っ越して来られた時に、ご挨拶に見えて、

 

すごく感じの良い方ね、と両親と話したことを昨日の事のように

 

覚えている。

 

最近いただいた筍は4回分になり、私が3回分、冷凍して、

 

両親に1回分あげた。だから、これ以上、独り占めすることはないのだ。

 

鶏もも肉ではなく、鶏むね肉なので、疲労回復の効果が期待できる。

 

炊き込みご飯、というのは混ぜればできる、という市販のものだと

 

味が濃すぎたり、自分たちの好みではなかったりすることが多い

 

ような気がする。お気に召せばさいわいです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



きれいなすずめ。

今日は声はすれども姿は見えず、という感じで、

 

あまり、すずめに遭遇しない日だった。

 

それで歩いていると、舞い降りるように一羽のすずめが

 

駐車場の柵にとまった。

 

こんなにきれいなすずめがいるんだろうか、と思うほど

 

端正な顔つき、シュッとした身体。

 

すぐに誰かわかった。

 

先に天国に逝った人は姿を見せるときに、小鳥になることが

 

あるという。なつかしいような表情をしていた。

 

うれしかったな。逢いに来てくれてありがとう。

 

あの瞬間は飛び上がるほどでした。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日は金曜日なんだね。

 

どんな一日だったかな。

 

愉しいことはあったかな。

 

落ち込んだときに元気になれるように、

 

スマホのメモ機能にでも、手帳にでも

 

カレンダーにでも、良かった事、

 

うれしかったことを書くことをお勧めします。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



自分の脚で立ち、歩くことができる。

家にはクルマはあるけど、

 

母が駐車が苦手、ということもあり、

 

クルマはあるものの買い物に使うことが

 

あまりないような感じだ。

 

それがあたりまえのように思うので、

 

いつもたくさん背負っていると言われても気にせず、

 

買い物は毎日はしないで、自分の持てる範囲で

 

行動するように心がけている。

 

両親がだんだん体力が落ちてきて、

 

重たいものを持てなくなった、というのもある。

 

自分のものを買う時に、ついでに買うことも多い。

 

明日は金曜日なんだなぁと思うと、なんだかうれしくなる。

 

それにしても、自分の脚で立つことも歩くこともできる、というのが

 

スタートラインで、そうであって初めて誰かと一緒に歩くことが

 

できるのではないか、と常々思っている。

 

買い物をするときに頻繁にクルマを使う人からすると、

 

汗だくになりながら、毎回、坂道を行ったり来たりして

 

ウンウン言って帰ってくるのは大変そうに見えるかな。

 

これが日常なので、しんどい時はあるけど、やはり、

 

迎えに行こうか、と言われても、がんばって歩くよ、と

 

答えてしまいそうです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



春野菜の恵み。

今日は近所の店で「野菜の日」なので、

 

春人参と新玉ねぎを買うと決めていた。

 

10個ずつ買うと、エコバックはずっしり重かった。

 

最初にいつもの店で牛乳を6本買ったのも

 

かなり負荷になったのかな、と思う。

 

図書館に行こうと歩を進めると今日は無理だとわかる。

 

急がば回れ、というし、明日にしようと決めた。

 

これとこれとこれをしよう、というとき、

 

だいたい、その通りにやることが多いので、

 

今日は思いがけず、途中で引き返すような決断をした。

 

そういうことが大事な時もある。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

今日はお天気良かったね。

 

青空がまぶしいような

 

さわやかな空模様でした。

 

洗濯ものが気持ち良く乾いてうれしかったな。

 

いつもホントにありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



すこし高いリュック。

世の中には千円くらいで買えるリュックもあるけど、

 

毎日使うので、3500円くらいの方が良いように思う。

 

そういう失敗をたくさんして、辿り着いた答えだ。

 

駅ビルでいつも三割引きとかで買うので、

 

また通るときに、良いのがないかどうか

 

チェックしようと決めた。

 

今のリュックはベネトンのもので気に入っている。

 

使い込んできて、また次のものを探さないと、という

 

タイミングかもしれない。

 

先日、見たときは、これは使いたいな、と思うものは

 

なかったように記憶している。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

高校生とかはリュックが多いですね。

 

運動部なのか、驚くほど大きなリュックを

 

背負っている子もたくさんお見受けします。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



6月の声。

5月も残すところ、あとわずかとなり、

 

もう6月なんだな、と思うとワクワクする。

 

梅雨も来るけど、雨なんて関係ないね、と思うほど、

 

待ちわびた6月だ。紫陽花もきれいだし、私は雨は

 

皆が思うほど、嫌だと思ったことはない。


いろいろなことがあり、無事に父が念願の東京に

 

みじかい期間だけど、行くことができて、

 

ホッとしているのではないかな。

 

今日も充分、暑いように感じたけど、

 

明日は神戸で最高気温が28℃まで上がるという。

 

皮膚科のクリニックとユニクロを6月に変更したので、

 

明日はゆっくりできる。牛乳なども買ったので、

 

図書館に行く用事だけだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



睡眠不足はテキメンに出る。

世の中にはショートスリーパーといい、

 

あまり眠らないような状態で

 

バリバリ活躍する人がいる。

 

その反面、睡眠をたくさんとらないと

 

元気出ない、という人もいる。

 

私はどうやら後者らしい。

 

すこしでも睡眠が足りないと、

 

気のせいではなく調子が出ない。

 

昨日はいろいろ遅くなり、

 

眠りに就いたのは午前2時だった。

 

朝いつも通りに起きて、活動したのだけど、

 

午前中に少し眠った。それで元気を取り戻す。

 

ニュースや天気予報を夕方観ていて、

 

どうにも眠いと思ったので、また少し眠る。

 

私のすこし、というのは2時間くらいだ。

 

そういう融通の利く仕事でよかった、と

 

胸を撫で下ろす日々だ。ありがとう。

 

おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

夜にひさしぶりに胃が痛くなり、

 

また眠ったのだけど、暗いのに、

 

神社にお参りに行ってくれて、

 

ほんとうにありがとう。

 

寒くなかったかな。

 

おかげさまで、今は痛みもないです。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



5月の終わり。

もうすぐ6月なのだなぁと思うと、

 

月日の経つスピードの速さを痛感する。

 

年が明けたのは、つい最近のような気もするのだ。

 

それにしても、あっという間に月日が過ぎるというのは

 

逆に言うと充実しているから、ともいえる。ありがとう。

 

おかげさまです。

 

両親はずいぶん昔の6月に結婚したので、母はジューンブライド、

 

ということになる。6月の花嫁。

 

父の小学校時代の恩師のお嬢さんが画家なのだけど、

 

数年前にどうぞ、といって、その頃をイメージした抽象画を

 

プレゼントしてくださった。

 

近々、母が模様替えをするときに、私の玄関にその

 

初夏や紫陽花のような雰囲気の何とも言えず落ち着く絵を飾るだろう。

 

いろいろなことがあって、それでも、目に見えない大きな力に

 

守られているなぁと感謝しない日はない。世の中には

 

「縁の下の力持ち」のような存在が数えきれないほどいて、

 

そういう方々に支えられているという事を考えると、

 

どうやって恩返ししていけばいいかな、と迷うほどだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

たとえば、毎日、欠かさない麻婆豆腐に入れるお豆腐ひとつとっても、

 

それが店頭に並ぶまでに、どれほど多くの人が働いてくださるのかと

 

思うと、ありがたくてたまらない。いつもおいしいお豆腐をありがとう、

 

という気持ちで溢れます。モノを買う時、それが手に入ることを

 

あたりまえと思う人が多いと思うけど、何か一つ欠けても成り立たないような

 

壮大な物語を秘めていると思うと、また、御礼状を書こうかな、という

 

気になるほどです。

 

以前、いろいろお世話になっているメーカーなどに御礼状を書いたら、

 

すべての会社から、お手紙が届いて感激したことがありました。

 

あの感動は忘れられません。手紙は大切にとってあります。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



口紅をつけて。

メイクをばっちりする方ではないけれど、

 

口紅をつけると、なんだか背筋が伸びる感じが好きだ。

 

昔から好きなやり方があり、資生堂とかコーセーとかの

 

流行の口紅は買わない。

 

敏感肌なので、試行錯誤するうちに、今のお化粧に

 

辿り着いた感じだ。

 

海外からおみやげで口紅をもらったことがあるけど、

 

クリスチャンディオールとかは、香料が強くて、

 

それに色も華やかで、あまり自分にはしっくり来なかった。

 

吉田洋子さんを尊敬していて、現在の「オーデュオー」が

 

「オーデュナチュール」の頃から、「モイスチャートリートメント

 

リップクリーム」は愛用している。下地に最初にメンタームの

 

リップをつけて、それから吉田さんのもの、それからアメリカの

 

「Mood Pearl」という色が変わる口紅を薄くつけて、それから、

 

及川王子の「ホワイトディアマンテ ハピエンスリップ アリューオーラ」で

 

完成だ。アイメイクなどをしないので、口紅は大事だな、と思う。

 

この重ね塗りするやり方は、どの順番でやれば、唇の状態がいいか、

 

色々ためして結果的にこうなった。

 

学生時代に友だちから海外旅行のおみやげの外国製の口紅をつけて

 

かぶれたことが原因でリップクリームが塗れない妹にも、セットで

 

プレゼントしたけど、果たして使っているのかわからない。

 

くちびるは粘膜で皮脂腺がないので、外から補給してあげないと

 

いけないと聞いたことがある。妹がリップクリームを塗れるように

 

なっているといいなぁと願う夜だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



Hamburg Dinner

両親が戻る日にレストランピーチで

 

「ハンバーグディナー」の予約が入った。

 

2日ほど前に合挽肉を解凍しておけばいいだろう。

 

両親は永い事生きてきたので、「たいめい軒」のような

 

有名な洋食屋さんでハンバーグを食べたことも数えきれないほどだという。

 

それでも、私が作るハンバーグが一番おいしいと太鼓判だ。

 

あまり外食をしないので、一般的にはどうなのか知らない。

 

レストランピーチでは、たとえば「人参のグラッセ」や

 

「シャキシャキブロッコリー」がたっぷり添えてあるけれど、

 

こんなに満足感のある食事は外ではお目にかかれないそうだ。

 

ハンバーグは3人分で合挽き肉300g、新玉ねぎ大1個、

 

厚みのあるあっさりした炒めない玉ねぎでいっぱいの

 

ハンバーグが一人2個。ほんとうにマッシブで美味しいと笑顔だ。

 

個人的にはハンバーグの作り方というのをプライベートレッスンで

 

習った経験が大きいような気がする。合挽肉を最初に常温に戻し、

 

それから、何も混ぜないで、使い捨てのゴム手袋をして、

 

捏ねておいておくことがプロのひと手間だと習った。

 

挽肉の赤身と脂身が混ざって、何とも言えず旨味になるのだそうだ。

 

ハンバーグを作るとき、家庭科でやったときも玉ねぎは炒めたけど、

 

父がどの野菜よりも玉ねぎが好きで、元気になると信じているので、

 

生でみじん切りにして、たっぷり入れている。今は「新玉ねぎ」の

 

おいしい旬の季節で、この大1個というのは合挽き肉よりも多い。

 

だから、捏ねて置いた合挽肉に塩コショウ、ナツメグで味をつけたら、

 

卵1個、パン粉適宜、玉ねぎみじん切りを足して、まんべんなく

 

混ぜ合わせておく。焼く30分くらい前に、冷蔵庫から取り出し、

 

成形して焼くと良い。ボールに混ぜ合わせたものを寝かして

 

冷蔵庫に入れておくと、味がなじむというか、おいしくなると

 

料理研究家の方が話していた。

 

それぞれのお宅で特製ハンバーグの作り方はあると思います。

 

私のレシピでは焼くときに脂があるので、油は敷かず、

 

玉ねぎも炒めていないので、ボリュームがありつつも、

 

カロリーはひかえめです。ぜひ一度、作ってみてね。

 

にんじんのグラッセはにんじん1本をひたひた(材料が見え隠れする量)の

 

水で茹でて、茹で汁はスープに使うのでとっておきます。バター少量

 

あるいはグレープシードオイル少量と砂糖小さじ2、塩コショウ少々で

 

味をつけたにんじんのグラッセは家族にとても好評です。

 

にんじんがたくさんある、という場合は、ブロッコリーを用意しなくても

 

いいですが、彩りとして、グリーンがあると、ごちそう感がアップします。

 

ブロッコリーは小さめでも良いです。国産のものならば、茎の部分を

 

食べやすい大きさに切り、それを最初に塩ゆでする感じで、先の部分を

 

あとで入れ、タイマーで1分でシャキシャキブロッコリーの完成です。

 

茹で汁はわかめスープなどに活用できます。人参の茹で汁と合わせてね。

 

コーンスープにしても良い。スープがあると、フルコースみたいになる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



栃ノ心の快進撃。

大相撲というのは取り組みによって、

 

出番が速くなったりおそくなったりする。

 

ずっと見ていると、栃ノ心がいつやるかわかるけど、

 

今日は眠っていたのでパッとテレビつけたとき、

 

栃ノ心が登場する場面で興奮した。ほんとうに

 

タイミングが良い。神さまに感謝しないと。

 

琴奨菊との一番で、圧倒的な強さで勝利した。

 

身体や表情から漲る自信みたいなものが

 

オーラとなり、それから、膝の故障にも関わらず、

 

ものすごくトレーニングして、誰よりも筋肉質だ。

 

グルジアに残してきた妻子は毎日テレビ電話で話すという。

 

優勝したとき、ホントに家族が喜んでくれて、それから、

 

ひざのけがで休場したとき、一時は引退を考えるほどだったが、

 

あきらめなくてよかった、と語る姿は印象的だった。

 

栃ノ心としては毎回、相手を吊り上げて土俵の外に出すつもりは

 

ないのだけど、力が強いので、ヒョイと持ち上がり、結果的に

 

そういう風になると解説の人が話していた。

 

最近は力士が太りすぎて、ケガが多いということが問題となっている。

 

栃ノ心を見ていると、すごく勇気や希望をもらえて、大好きな

 

お相撲さんだ。おそらく大関になり、それから強い横綱となるだろう。

 

これからの活躍がほんとうに楽しみで仕方ない。

 

日馬富士が引退したとき、もう大相撲には面白みがなくなったと

 

がっかりしたものだけど、日馬富士も部屋でコーチとして、

 

縁の下の力持ちでがんばっていると聞いた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



雨の水曜日。

朝から一日、雨模様となった。

 

何だか静かで悪くないな、と思う。

 

父は7時半頃、出かけたので、

 

駅までの道のりはまだ、

 

傘をささなくてよかったはずだ。

 

梅雨前線の活動が活発になり、

 

「走り梅雨」と言われるような感じで、

 

雨が降りやすいと説明があった。

 

やはり雨だと、でかけるのに躊躇するというのは

 

あるような気がする。雨だから明日にしよう、みたいな。

 

私は今日、朝、予定を立てたときに、野菜を買いに行くつもりで

 

いたのだけど、先日、大雨の中でかけて大変だったことを思い出し、

 

別に今日じゃなくてもいいか、と考え直した。

 

「ゴアテックス」の靴を履いても、雨がひどかったりすると、

 

数日、陰干ししないと再び履くことはむずかしい。

 

それでも、でかけなかったからといって、トレーニングしない

 

という選択肢はなしだ、と思って、「STEP」とストレッチをした。

 

いい汗をかいて気持ちよかった。

 

郵便を取りに行ったときに、近所の方にお会いして、寒いですか、と尋ねた。

 

その方は「これくらいがちょうどいいなぁ」と答えていた。

 

大したものだと思うけど、日課として、川沿いの道を朝晩歩くというのを

 

欠かさないという。中々、毎日となると、むずかしいと思うけど、

 

努力しています、とおっしゃるのだ。ウォーキングをすると、食事やお酒が

 

おいしくて困ります、と笑顔だった。

 

私はシエスタしていて、おなかいっぱいだったので、すこしおなか減らすために

 

トレーニングをした。今はクルマで何処にでも行ける時代で、意識して、

 

エクササイズすることは必要なのかもしれない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



冷製のジュレ。

先日、参鶏湯風のスープを作った。

 

冷蔵庫に入れておいたので、

 

ゼラチン質が固まってジュレになっている。

 

夕方、軽食をとるときに、それを味わう。

 

にんじん大1本と新玉ねぎ大1個、鶏手羽元10本使った。

 

味付けは塩コショウのみ。

 

鍋の容量の関係でじゃがいもは今回、入れなかった。

 

おかげさまで、あっさりしたスープになった。

 

チーズトーストとも相性が良い。

 

これから暑くなると、スープは冷たいままでも

 

おいしいんだな、と再認識した。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



疲れている時こそ身体を動かす。

疲れているときに完全休養日にしないで、

 

軽くジョギングしたり、ウォーキングしたり、水泳する。

 

それからストレッチングする、というのは

 

疲労回復の近道だという本を読んだ。

 

今日は何もしたくない、と寝だめをしたりすると、

 

週明けの仕事始めの日に、ぐったり疲労を感じるものだそうだ。

 

アスリートの世界でも、たとえばサッカーなどでも、

 

以前は完全休養日を作るという考えだったそうだが、

 

リフレッシュするために身体を動かすプログラムを

 

取り入れた結果、疲労回復が速く、試合結果も良くなったそうだ。

 

それで陸上選手とか色々な分野にも応用されるようになった。

 

これは普通の生活をしている人にも当てはまるそうだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

お風呂に入るときに、石鹸を泡立てて、

 

指で身体をマッサージしながら洗う、というだけでも、

 

ものすごく色々な効果効能があると書いてあった。

 

知らないうちに実践していたことになる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

昨日はお風呂入らずに寝てしまったのですが、

 

今朝、早起きしたので、朝シャワーを浴びました。

 

気持ち良かったな。爽快感がぜんぜん違う。

 

一晩寝ただけでもコップ一杯の汗をかく、というしね。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



日課のエクササイズ。

今日は図書館に行く予定だった。

 

母が今日だけオープンしていて、明日からまた、

 

一週間ほど休館だというので確認したら、今日から平常通りという。

 

それで日を改めることにした。

 

読んでみたいと思っている本は神戸市の図書館にはないようだった。

 

父のお気に入りの図書館は空いていて、他のところにはないような

 

本もあるので、また心躍る本を探しに行こう。

 

そういえば、最近、一万円でその人が選ばないような本をセットにして、

 

送ってもらう、というサービスを行う書店があり、それがとても

 

人気なのだというニュースを観た。

 

私は自分の興味が無いような分野の本が届くのはナットウェルカムだな。

 

それに1万円というのはあきらめきれないような金額だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



手を守る。

母は料理番組を観ても、

 

その料理研究家の手がきれいね、というような感想をいう。

 

だから、自分の手も大事にしていて、お皿を洗う時は

 

少量でもゴム手袋をするように心がけている。

 

私は切れやすいのに、忘れることが多く、

 

いつも素手だなぁと反省して、今日は手を守る行動に出た。

 

こういう小さなことの積み重ねが未来を決めてゆくのだろう。

 

子どもの時、すごく疲れているときは、巨人になって、

 

一歩で家に帰れたら、と思ったけど、現実には、

 

コツコツがんばることしか道はない。

 

それに急に大きくなったら、その一歩で

 

何を踏み潰してしまうかわからない。

 

「急がば回れ」ともいう。

 

今日はテレビを観ているときに、

 

薬をつけ、丁寧にハンドクリームでマッサージして、

 

使い捨ての手袋をして、両手を揉むようにして、

 

しばらくケアしていた。だいぶ良いようだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



そらまめ。

おとなりの方からそらまめと「破竹」という筍を頂いた。

 

そらまめはさやを剥いて塩茹でするのだという。

 

父は豆が好きなので、どうする、と聴くと、

 

明日、上京するから今回はいいよ、きみが食べて、と答えた。

 

春の味覚なので、楽しみだ。

 

破竹、というたけのこは先日も頂いて、すべて

 

筍ご飯のもとにしたり、若竹煮にしたりした。

 

立派な筍2本なので、今度も4回分くらい作れるだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



狭山湖に行ったそうだ。

上京している母が

 

今日はお天気が良いので、

 

狭山湖までサイクリングしてきたという。

 

イキイキしていたな。

 

私は行った事がないので、

 

今度、東京に遊びに行ったら、

 

連れて行ってもらおう。

 

そういえば、母の弟が施設に入っているときに、

 

お見舞いに行ったことがある。

 

その時が最期になると思わずに逢ったのだが、

 

赤ちゃんの時から私を知っている叔父が

 

子どもが母親をずっと目で追うように、

 

にこにこしながら私を見ていた。

 

その頃は歩く練習もしていて、

 

歩けるようになって、また山に行って、

 

焚火をしたいな、と話していた。

 

それからすぐ、お誕生日で、ハガキに

 

バースディカードのメッセージを書いた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今は叔父は祖母と一緒にいて、

 

愉しく暮らしているんだろうな、と思う。

 

横浜の方に祖母と二人で暮らしていたこともあり、

 

遊びに行った時のことを昨日のことのように覚えている。

 

栄養学を学んだ祖母は一日三十品目、というのを実践していて、

 

食事はものすごく美味しくてバランスが良かった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

チーズトーストと冷製トマトスープを軽食にしました。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



おなかいっぱいだよ。

玉ねぎが一番好きな野菜だから、

 

麻婆豆腐にはたくさん入れてくれよ、と頼まれて、

 

きのうは新玉ねぎ特大1個をみじん切りにした。

 

私はいつも、このサイズだと1/4なので、

 

ものすごくたくさん出来た。

 

お豆腐も一丁400g入るので、カロリーはひかえめ、

 

ボリュームはある。3回分にして、明日のお昼と夜にも

 

食べてね、と言ったけど、食べきろうと思ったら、

 

凄い量だったそうだ。

 

部屋に行くと、おなかいっぱいだよ、と笑っていた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

きのうはブログを更新できず、誠に申し訳ありませんでした。

 

私にも経験がありますが、楽しみにしている方のブログが

 

更新されていないと、がっかりするものです。

 

これからは物事に優先順位をつけて、

 

仕事を第一に考えて精進していきます。

 

ご迷惑をかけて、心苦しい気持ちです。

 

今後はなるべくこういうことがないように心がけます。

 

ほんとうにすみませんでした。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ひとことでいいから。

ひとことで良いから返事が来ると

 

読んでくれたんだな、と思う。

 

両親は今のところ、とても元気そうで、

 

ピンピンしている。ちょっと疲れやすく

 

なったかなぁとは感じるけれど、それでも

 

年齢の割には生き生きしているほうなのだろう。

 

今日は父がお昼にワンコインコンサートに行き、

 

おいしいパン屋さんで食パンを買ってきてくれた。

 

添加物のないパンなので、小麦の味がする。

 

チーズトーストと冷製トマトスープを堪能する。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



6月は楽しみだ。

もうすぐ6月になる。

 

愉しみだなぁと思う。

 

「オリゴ糖」と「日焼け止め」も買おう。

 

今度の「映画の日」にはぜひ観たい映画がある。

 

その日を指折り数えて待っている。

 

今日ドラッグストアでいろいろ買おうと思ったけど、

 

急がないから、6月の声を聴いてからでも良いんだなと考え直した。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

たくさん笑顔に溢れる思い出を作ろう。

 

よろしくお願いします。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



一番役に立つ使い道。

皆さんは楽天ポイントは

 

どのように活用されているのだろう。

 

最近、ポイントがいまだかつてなくたくさんあり、

 

期間限定、というのも多かったので、どうしようと考えていた。

 

梅干しを作るのに、紀州和歌山から南高梅を買うのだが、

 

今年はどうしようかな、とインターネットで調べた。

 

比較検討するのが良いと思う。

 

実際には届いてみてから、それから、それを

 

梅干しにしてみて味わってからしか、

 

わからないけど、とりあえず、注文した。

 

あとは紫蘇と天然の甘塩を用意すればいいので、

 

安心だな、と思う。南高梅は完熟で6月中旬に届くという。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

昨日は更新できなくてごめんなさい。

 

どんなに楽しみにしていてくれたか、と思うと

 

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

やることに優先順位をつけて、執筆は最優先にして、

 

取り組んでいきます。ほんとに申し訳ないです。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座