静寂のなかで。

 

音楽を聴くのも

 

好きなんだけど

 

ずっと聴いていたい、という

 

感じではないな。

 

音がないほうが

 

集中できる、というのはある。

 

音楽がリラックスさせてくれたり

 

良い効果も、もちろん

 

たくさんあるのですが・・・・

 

贔屓の八百屋さんの前を

 

通るたびに一抹のさみしさを

 

感じる今日この頃です。

 

明日で閉店してから

 

一週間になるのか。

 

失われたものの

 

大きさを思い知る夜です。

 

かけがえのない

 

大切な大切な八百屋さんでした。

 

いつも笑顔で挨拶してくれて

 

どんなにうれしかったか。

 

強くならないといけない、と思いつつ

 

明日に向かって歩き出すんですね。

 

色々なことが

 

うまくいくといいな。

 

心からそう願うのです。

 

いつもいつもありがとう。

 

すこし、しんみりしてしまった。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



ふと思い出す歌。

 

一曲まるまる歌えるというのは

 

めずらしくて

 

どの曲も一部分だ。

 

今日は不意に思い出したメロディと

 

歌詞があった。

 

今まで全く

 

忘れていたので

 

自分でもとても驚いた。

 

すごくいい曲なんだ。

 

どこかで聞いて

 

覚えていたみたいだ。

 

あなたがこの曲を好きだ、と知り、

 

とてもうれしい夜です。

 

今日はうれしいことがたくさん。

 

この世の中に偶然はないという。

 

そう思うと

 

すべてのことに感謝です。

 

自分一人の力で

 

此処まで来れたと

 

夢にも思わない。

 

いつもいつもありがとう。

 

支えられています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



第一印象。

「ファーストインプレッション」は大事だというね。

 

最初に感じたこと、というのは

 

あとになって色々意味を持つ。

 

第一印象で相手に

 

良く思ってもらうように

 

身なりを整えたりするんだね。

 

今日はボディクリームを買いに行って

 

馬油のクリームが

 

今まで使ったものの中で

 

一番、というくらい良かった。

 

保湿するためのものは

 

いろいろ使っていて

 

たっぷり塗るんだけど

 

すこし乾燥する、というのはあった。

 

それが馬油はスーッと肌になじむ。

 

馬油が良いものだ、というのは

 

聞いたことがあった。

 

ためしたことはない。

 

化粧品は肌に合うかどうか、というのが

 

最も重要だという。

 

そういう意味では

 

今日はありがたかった。

 

定番の商品みたいなので

 

また買いに行こう。

 

良いものに巡り会えて

 

ほんとうにしあわせ。

 

ありがとうね。

 

今日はいい日だね。

 

チャンスの神さま、というものがいるなら

 

今日はそのタイミングを

 

きちんとキャッチできた感じだ。

 

ありがとう。

 

いつもいつもありがとうね。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



驚く声。

 

あなたは驚いたとき、

 

「え?」という。

 

その声がとても好きだな。

 

今日は2時ごろに

 

おそめのお昼を食べて

 

まだ胃には何か入っているはずなのに

 

おなかすいた、と言った。

 

あなたは「え?」と応える。

 

身体がすごく栄養を

 

必要とする時期かな。

 

おなかすいたという感覚が

 

いつもより強いな。

 

元気な証拠、ということで。

 

ひとつよろしくお願いします。ハイ。

 

いつもいつもありがとう。

 

支えられています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



春野菜のサラダ。

 

父がレタスを買ってきてくれたので

 

胡瓜とラディッシュと新玉葱で

 

サラダを作ってみた。

 

新玉葱はスライスして

 

まな板の上に約20分放置すると

 

辛みや刺激がとれるという。

 

ためしてみた。

 

ほんとうに辛くない。

 

レタスはサニーレタスの種類だった。

 

あんまりおいしいので

 

パクパクおかわりして食べた。

 

レタスは両親が良く買う野菜で

 

私は買ったことがない。

 

美味しいんだね。

 

ポン酢とレモン汁をたっぷり和えて

 

それにカロリーオフマヨネーズをかけた。

 

春野菜は特別に栄養価も高く

 

美味しいような気がする。

 

木々が芽吹くころだから

 

野菜も順調に育つのだろう。

 

良いお天気だな。

 

最近はよくおなかすくバイオリズムだ。

 

「食欲は生命力」というから

 

悪いことではないのだろう。

 

いつもいつもありがとう。

 

美味しいものを作ると

 

あなたといっしょに食べたいと

 

いつも願うのです。

 

一つ一つ理想を叶えて行く年に。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



まだ見ぬ未来。

 

先のことは

 

わからないから面白い、ともいえる。

 

どういう風に転がるか

 

予測もつかないとき

 

不安な要素を

 

アタマから追い出すことは

 

大事だという。

 

心細かったり、

 

不安だったり、というネガティブな思考は

 

ポジティブなすべてを

 

追いやるほどの威力がある。

 

楽しいことを考えながら

 

でもどこかに不安がある、というのだと

 

夢が叶う邪魔をするという。

 

本にそう書いてあった。

 

できることはコツコツやってきて

 

あとのことはわからないけど

 

だいじょうぶなんだと信じることが

 

大事だという。

 

これはいったいどうなるんだ、という

 

モクモク湧き上がるような想いは

 

棚に上げる、という考え方。

 

今日は雨の心配はないでしょう、と言っても

 

雨がパラパラ降ることはある。

 

今は晴れているのに

 

雨やあらしの心配をして

 

心を曇らせていたら

 

見える景色までちがうのではないか。

 

つらいことがたくさんあって

 

ひとつひとつ乗り越えて今がある。

 

これから先は色々なことがあって

 

力を合わせて進まないといけないかもしれないけど

 

最悪の事態を想像していては

 

前に進むことはできない。

 

今日あった良かったこと

 

うれしかったことを

 

忘れないようにメモしよう。

 

苦しいときに思い出して

 

すこし幸せになろう。

 

悲しいことが多いほど

 

人はやさしくなれる、と言います。

 

私にやさしくしてくれるように

 

自分をたまには甘やかして

 

ゆっくりリラックスするような時間を設けて。

 

これから叶えて行きたい

 

たくさんの理想を

 

できるだけ具体的に思い浮かべるのです。

 

二番目に叶うといいことではなく

 

何が何でも叶えたいことをね。

 

夢を叶える年にしよう。

 

だいじょうぶ、歩いてゆけるね。



珈琲の薫り。

 

焙煎したての珈琲豆を

 

しまってあるので

 

部屋中がいつも

 

珈琲の薫りでいっぱい。

 

しあわせな感じだ。

 

澤井珈琲でいつも

 

珈琲豆を注文している。

 

紅茶を飲むことが多いけど

 

珈琲も朝ごはんの時

 

愉しみます。

 

以前は珈琲党と言えるほど

 

大好きで一日に何度も

 

珈琲を淹れていた。

 

刺激の強いものを

 

たくさん飲むことで

 

何かを乗り越えようと

 

していたのかもしれない。

 

ベクトルがまちがっていたね。

 

今になってわかること、というのは

 

ほんとうにたくさんある。

 

どんなことにも気づきや学びがあり、

 

成長できるのだ、と思うと

 

ムダなことはないな、と痛感します。

 

自分一人の力で此処まで来れたと

 

夢にも思わない。

 

支えられています。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ゴールデンウィーク。

 

曜日の並びがイイと

 

毎年、話題になる連休。

 

いわゆるゴールデンウィークですね。

 

土日とか祝祭日に関係なく

 

お仕事をしている人にとっては

 

あまり恩恵のない日々ですが・・・・

 

今年は10連休ってホントですか。

 

すごいなぁ。

 

富山のチューリップ祭りなどと聴くと

 

春の景色を楽しみに

 

でかけたい気持ちにもなります。

 

夜のニュースで

 

大阪のどこかで

 

5月になると田植えをするところに

 

花の種をまいて

 

お花畑にして楽しんでいる、というのを見て

 

素敵だなぁと思いました。

 

おなかが大きな妊婦さんが

 

お花が好きな子が生まれたらいいな、

 

また一緒に来たいです、と話していたのが

 

印象的だった。

 

枚方だったかな。

 

きちんと見ていればよかった。

 

観光地に行かなくても

 

素敵な場所、というのは

 

あるものなんだな。

 

自分の視野を広げるために

 

できるだけ色々なところに

 

行きたいような気持ちです。

 

いつもいつもありがとう。

 

あなたが見る未来は

 

どんな色をしているだろう。

 

私はどんな表情かな。

 

きっとニコニコしているね。

 

いつもありがとうね。

 

楽しい未来が描ける気がする。

 

心配はいらない。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



最初で最後。

 

最初で最後、というような

 

出会いがあるように思う。

 

猫でもそうで

 

「やんちゃん」という猫は

 

もう亡くなったけど

 

とても人懐こい猫だった。

 

いつも公園で何時間も

 

膝の上にくつろいでいる子だった。

 

トイレに行くときは

 

そっと席を外して

 

また戻ってくる。

 

背中を撫でてあげると

 

気持ちよさそうにしていた。

 

父や母も永年生きてきて

 

あんなに人懐こい猫には

 

会ったことがない、という。

 

そしてたぶんこれからも

 

会わないだろう、という。

 

犬にしてもそうで

 

「小麦ちゃん」は特別だった。

 

歩いているときに知り合いになって

 

挨拶するような犬の飼い主さんは

 

たくさんいる。

 

でも、ワンちゃんのほうが

 

私を好きになってくれて

 

においを嗅いだりするのは

 

小麦ちゃんだけだ。

 

桜が咲くようになって

 

もう散ったけど

 

どうしているかな、と思う。

 

暖かくなったから

 

痛いところが良くなっていないかな。

 

きれいな瞳をした

 

ふさふさとした毛並みの見事なワンちゃん。

 

犬を飼ったことがないので

 

近寄ってきたときに撫でたことがなかった。

 

今になって思うと

 

撫でてあげればよかった、と思う。

 

あんなにかわいいワンちゃんはいないな、と

 

良く考えるのです。

 

色々な出会いや別れを繰り返して

 

人は成長するのかもしれない。

 

一期一会というけれど

 

どうも普通の人にくらべて

 

心の交流が深いような気がしています。

 

いつもいつもありがとう。

 

おかげさまです。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



みかんを食べたような。

 

先日、閉店した八百屋さんのにんじんは

 

特別だったように思う。

 

切るとまな板が染まったり、

 

手がみかんを食べすぎたときのように

 

黄色くなったりするほど

 

カロチンの量が多かった。

 

今日は近所の店でにんじんを見たけど

 

大きさも小さいし、

 

色も鮮やかではなかった。

 

おかみさんが最後に逢った時、

 

またどこかで会えますかね、と

 

言ってくれたことがうれしかった。

 

仕事が決まったときも

 

自分のことのように喜んでくれた。

 

いつもあの店の前を通るのが

 

楽しみだったな。

 

地元で採れた野菜を

 

なるべく安い価格で提供する、ということを

 

いつも心がけていたように思う。

 

かけがえがなかった。

 

今は色々なことが

 

代わりならいくらでもいる、と言われる時代で

 

あの店は尊い存在だった。

 

たくさん救われていたんです。

 

いつも新鮮な野菜をありがとうございました。

 

バナナもとびきりおいしかったです。

 

これから歩かれる未来が

 

光に導かれるものでありますように。

 

ほんとうにお世話になりました。

 

心に穴が開いたような気持ちです。

 

どうかお元気で。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



晴れのち曇り。

 

曇り空の広がる午後になった。

 

スッキリした青空が広がる、という予報は

 

当たらなかったようだ。

 

ブーゲンビリアに水やりをしたら

 

たくさんの枝から

 

かわいい葉が顔をのぞかせていた。

 

思わず、いいわねぇと声をかける。

 

水やりをするとき

 

枯れた葉に気付いたら

 

摘んであげるといい。

 

そこにも栄養をあげようとする。

 

父の部屋に洗濯ものを届けに行ったら

 

3時ちょうどに出かけたようで

 

いなかった。

 

今は自分のペースで動けるので

 

ストレスがたまらないと思う。

 

母とは長年一緒にいるけど

 

人は思い通りにならないものだ、というのが

 

わからないらしく

 

ペースが違うと

 

いつもイライラしている。

 

私はどこかに一緒に行こうと話していて

 

相手が急に行けなくなったとしても

 

何か事情があるのだろうな、と考える。

 

ぜんぶが見えているわけではないし、

 

直前まで行こうとしてくれたことに

 

敬意を示すべきだ。

 

今まで叶えられなかったことは

 

これから一つずつ実現できること。

 

夢を叶えてゆこうね。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



保湿すること。

 

肌がしっとりした

 

水分量をしっかり保った

 

良い状態でないと

 

何を付けても

 

カサカサすると思う。

 

上につけるものが悪い、というわけではなく

 

土台が良くないと

 

どんなにいいものを付けても

 

乾燥する、ということはあるのではないか。

 

私はスキンケアで

 

ふだんから保湿をしっかりしているので

 

日焼け止めをつけて乾燥する、ということはない。

 

雨が激しいようだ。

 

空が泣いているのかな。

 

何を付けても乾燥する、という人は

 

それでも、とても悩んでいるんだろうな。

 

インナードライ、というのがあるみたい。

 

肌にとって大切な成分も

 

洗い流してしまうような人に多いみたい。

 

良い解決策が見つかりますように。

 

そう祈ります。

 

いつも本当にありがとう。

 

今日は雨降りの一日みたいだけど

 

あなたの心は晴れますように。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



体組成計。

 

家庭で使うような

 

体組成計は誤差も多いという。

 

今朝はあまり良い結果ではなかったけど

 

気にしないで前に進もうと決めた。

 

一時的に、いつものような値が

 

出ないことは大いにありうる。

 

一々腹を立てていると身が持たない。

 

ふだんは音楽は聴かないんだけど

 

父が内田光子さんのピアノソナタ全集を

 

貸してくれた。

 

ピアノは一番好きな楽器なので

 

とてもリラックスするな。

 

トレーニングも元気にできたし、

 

夕方また体組成計で測るときは

 

良い値になっていると思う。

 

いつもいつもありがとう。

 

尊敬している先生が

 

物事はいかに

 

右から左に受け流すかだ、と

 

話していたよ。

 

そうかもしれないね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



明るくなる空。

 

空が明るくなってきた。

 

小鳥がさえずる声も聴こえて

 

物事が良いほうに転がるイメージ。

 

視界がほとんどなかった海も

 

霧が晴れてきた。

 

あとでやろう、というのは

 

結局やらないことになったりするから

 

あまりよくないな、とわかる。

 

トレーニングすると

 

シャキッと目が覚めるので

 

最初にフルコースでやってしまった。

 

汗をかいて着替えるほどだったけど

 

気持ちよかった。

 

コツコツがんばる先に

 

明るい未来が拓けるんだと思う。

 

地道な努力は外からは

 

あまりよくわからないことも多いけど

 

きちんと結果につながる。

 

自信持って行こう。

 

いつもいつもありがとう。

 

おかげさまです。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



いいじゃないか。

 

お花を買ってきた、という話をしていた。

 

想像の中で

 

どんな花なんだろうと

 

父は考えたはずだ。

 

お風呂に入る前に

 

あれだよ、というと

 

へぇ、いいじゃないか、と

 

つくづくいう。

 

あまり褒めるというようなことが

 

ないタイプなので

 

うれしかった。

 

明日は雨模様みたいだけど

 

きっと良いこともある。

 

そんな気がするよ。

 

心の中には

 

誰しも不安はあるのかもしれないけど

 

そのことばかり考えて

 

頭でっかちにならないようにすることは

 

大事だと本に書いてあった。

 

やるべきことをいっしょうけんめいやったから

 

もう大丈夫なんだ、という風に考えたほうが

 

プラスに物事が運ぶという。

 

ためしてみてね。

 

いつもいつもありがとう。

 

今日できなかったことは

 

明日できるかもしれない

 

可能性を秘めている。

 

悲観的になる必要はないよ。

 

いつもほんとうにありがとう。

 

感謝の気持ちで溢れそうです。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



イメージトレーニング。

 

一日は等しく

 

誰にとっても

 

24時間しかないわけなんだけど

 

どう過ごすか、という

 

イメージトレーニングは

 

大事なんじゃないかと思う。

 

料理に段取りが必要なように

 

お昼頃にはこれをして

 

帰ってきたら、こうして、みたいなことは

 

考えておいた方が

 

有意義に過ごせる。

 

ほんとうは最初に

 

花の苗を買いに行くのは

 

11時、と考えていた。

 

でも、電話がかかってきて

 

それがわりと長かったので

 

後ろにずれた。

 

それでも、花を先に選ぼうと決めていた。

 

良い時間が過ごせて

 

ほんとうに庭師の方とか

 

園芸の専門家でないと

 

わからないような

 

花が次々咲いたときの雰囲気を

 

イメージして寄せ植えしてくれたので

 

心から感謝している。

 

花屋さんで買うときは

 

あれほどの感動はないと思う。

 

いつもいつもありがとう。

 

でかけてみるもんですね。

 

いつもありがとうね。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



三々七拍子。

 

お昼ご飯ができたのは

 

3時くらいになっていた。

 

朝ゆっくりだったかな。

 

食事作ったり

 

そういうことを優先させると

 

一番したいことができないと思った。

 

ビスケットを食べて

 

でかける用意をした。

 

思い通りに行かないことも

 

あるかもしれないけど

 

その時は柔軟に

 

行動するようにすればいい。

 

今日は脚のトレーニングの前までは

 

やっていく、と決めていた。

 

出来て本当によかった。

 

うれしいことを忘れないように

 

メモしておく、みたいなことは

 

やろうと思う。

 

その時は感激したりしているのに

 

悪貨は良貨を駆逐するから

 

そのあとマイナスなことがあると

 

良かったことやうれしかったことを

 

忘れてしまうという。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



だんだん良くなる。

 

手荒れがひどいんだけど

 

だんだん良くなってきた。

 

ブーゲンビリアの葉っぱが

 

顔をのぞかせるように

 

すこしずつ色々なことが

 

解決に向かうイメージ。

 

一足飛びにジャンプ、みたいなのは

 

その時は良いかもしれないけど

 

あとになって

 

それでよかったのか、ということは多い。

 

やはりゆっくりでも

 

すこしずつ良くなることが

 

良いことなんだと思う。

 

いつもいつもありがとう。

 

守られている、と思うと

 

感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



燦々と。

 

良いお天気だったね。

 

昨日はお休みしたトレーニング、

 

今日はやろうと決めていた。

 

いい汗をかいた。

 

脚のトレーニングをしたら

 

お風呂に入るといいだろう。

 

お昼に花の苗を買いに行く、と

 

決めていたので

 

お昼ご飯をずらしたことに

 

迷いはなかった。

 

今日はいい日だな。

 

お天気も良かったし、

 

いろいろなことも

 

タイミングよくできた。

 

目に見えない大きな力に

 

守られていることに

 

心から感謝します。

 

ありがとうございます。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

おかげさまです。

 

愛しているよ。



わかめスープ。

 

シャキシャキブロッコリーを作り、

 

茹で汁でわかめスープを作る。

 

お昼に飲んだら

 

何か足りないような味。

 

いま思い出した。

 

わかめスープの素を入れてない。

 

塩こしょうしてあるので

 

スープのもとは一袋でいいんだけど

 

だしが入っているので

 

味に深みが出る。

 

それにしても、

 

ずいぶん経ってから

 

思い出すのね。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



できることをする。

 

自分でできることは

 

自分でする、ということは

 

大事なんだろう、と思う。

 

そういうことが自立につながる。

 

今日はぼーっとした感じの日で

 

何だかよくわからないけど

 

ひたすら眠い、みたいな日。

 

たくさん眠るようにしたけど

 

用事は済ませないとね。

 

外に出て

 

風を感じる、とか

 

咲いている花を見る、などは

 

すごくリフレッシュになる。

 

歩いている人の服装を見て

 

色々なことを感じたり・・・・

 

今日はしんどいな、と思うときも

 

クルマ出して、と言わないのは

 

いつかそういう風に

 

お願いする日が来るかもしれないけど

 

出来るうちはがんばりたいと思うの。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ヨーグルトアイス。

 

バニラのアイスクリームは甘いでしょ。

 

どうやったらさっぱりするかなと思って

 

作ったレシピがある。

 

プレーンヨーグルトとバニラアイスを

 

半量ずつ混ぜてフルーツを混ぜる。

 

冷凍のブルーベリーとか

 

マンゴーとか。

 

ヨーグルトの酸味が

 

サッパリして

 

とてもおいしい。

 

フルーツがなければ

 

アイスヨーグルトだけでもおいしい。

 

家に大きなバニラアイスがある、という家庭は

 

多いような気がする。

 

ぜひ作ってみてね。

 

レシピというほどのものではないですが、

 

ヨーグルトの入っているアイス、というのは

 

市販でもありますが、

 

小さいので1個200円くらいします。

 

自分で作ると安上がりだし、

 

お代わりもできるのでおすすめ。

 

いつもいつもありがとう。

 

美味しいおやつ食べてね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



愛をこめて。

 

父は植物にはあまり

 

愛情を感じないタイプだ。

 

植木の水やりは

 

面倒だ、と話している。

 

私は話しかけながら

 

水やりするのは

 

確かに伝わるものがあると思うので

 

代わりにやることにした。

 

今は芽が出たり、

 

グングン成長する時期で

 

たっぷり愛情を与えるのも

 

大事なんじゃないかと思う。

 

今頃、アマリリスの芽が

 

大きくなってきて

 

どうなるかわからないけど

 

心を込めて話しかける。

 

面倒を見ている人が

 

あきらめないことは

 

大切なように感じる。

 

いつもいつもありがとう。

 

きれいな花が咲くといいな。

 

花の苗を買いに行こうね。

 

いつにしようか。

 

相談して決めよう。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



家を守る。

 

あなたが家を守ってくれるから

 

私たちは安心していられる、と

 

母がしみじみという。

 

できることはないか、と

 

やっているだけだから

 

大したことはないけどね。

 

父が帰ってくるとき

 

駅ビルで買い物しないのは

 

子どもが何か作ってくれるだろうと

 

考えるからだ、という。

 

そういう意味では

 

何か役に立っているかもしれない。

 

今日は本当にお天気が良いな。

 

父の夜ご飯は「筍ご飯」「タジン鍋」

 

シャキシャキブロッコリー、

 

ラディッシュのサラダ、

 

パンプキンサラダかな。

 

ありあわせのものだけど。

 

いつもいつもありがとう。

 

今日はどんな日だったかな。

 

楽しいことはあったかな。

 

また聞かせてね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



ツバメ一家。

 

雛が一人前になるまで

 

子育ての忙しい時期は続く。

 

一日に何度も

 

ツバメの両親は

 

雛のために餌を運ぶ。

 

どのくらいたつと

 

大きく成長するのだろう。

 

巣が見えるところで

 

雛がくちばしを突き上げて

 

餌を待っているところを

 

見たことがある。

 

ほんとうに短い期間だろうけど

 

無事に育つといいな。

 

グングン大きくなる時期には

 

餌を運ぶ頻度も

 

増えるのだろうな。

 

冬になると

 

また暖かい国へ

 

飛んでいく、という。

 

円を描いて飛ぶ姿は

 

とても優雅だな、と思う。

 

今日は救急車とか

 

消防自動車のサイレンが

 

よく聴こえる気がする。

 

無事でありますように。

 

いつもいつもありがとう。

 

あなたはすごく優しい人。

 

愛に満ちている、といつも思うよ。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



息を吹き返す。

 

かわいがっている植木で

 

母があきらめかけているものがある。

 

ブーゲンビリアだ。

 

もうだめなんじゃないか、と

 

しきりに話していた。

 

私は息を吹き返す可能性は

 

あると信じていた。

 

今日、水やりの時

 

よく見たら葉っぱが

 

ちょこんと顔をのぞかせた。

 

良かった、想いが届いたんだ、と思った。

 

おなかすいたから

 

おやつにしよう。

 

いつもいつもありがとう。

 

バナナホットケーキは

 

最近のお気に入りなんです。

 

ホットケーキにバナナと

 

「ホイップクリーム」をのせる。

 

メープルシロップもかける。

 

青汁ホットケーキと

 

どちらがイイかな。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



妹の名を呼ぶ。

 

今日、姉と話したら、

 

一番ご秘蔵の子どものはずなのに、

 

ねぇ○○、と

 

かならず妹の名で呼ぶ、という。

 

ちがうよ、○○じゃないよ、と

 

何度も訂正した、という。

 

いっしょに住んでいると

 

子どもの名前を呼ぶことは多いので

 

混同するかもしれない。

 

姉の名前を忘れるはずはないのだが、

 

口癖みたいなものだろう。

 

ブーゲンビリアが生き返った、という話をしたら

 

母がうれしそうだった。

 

おなかすいたから

 

何かおやつにしよう。

 

今日は久しぶりに

 

「青汁ホットケーキ」にしようかな。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



さよなら三角また来て四角。

 

卒業と入学、

 

春は出会いと別れの季節だと言う。

 

そうでなくても

 

色々なことがあるなぁと

 

感慨深くなる夜です。

 

カウントダウンで

 

その日が近づいてくるのがわかり、

 

自分でもだんだん

 

悲しみのようなものが

 

深くなるのがわかった。

 

後悔しないために

 

きちんとお別れをしようと決めた。

 

贔屓の店は何だか

 

ずっとそこにあるような気がしていた。

 

楽しかった思い出が

 

走馬灯のように蘇る。

 

たくさんの笑顔のイメージ。

 

おかみさんと話す色んなことが

 

癒しだったと思う。

 

大好きな大好きな八百屋さん。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

ほんとうにおつかれさまでした。

 

これから他のところで

 

野菜やフルーツを買うけど

 

あんなに新鮮だったり

 

しないだろうな、と思うのです。

 

心から感謝申し上げます。

 

いつかまた会えますように。

 

あんまり好きだったので

 

帰ってきてちょっと

 

泣いてしまったほどです。

 

お恥ずかしい。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 



ポルトガルのタオル。

 

ポルトガルのタオルは

 

ずっと愛用している。

 

バスタオルは枕カバーと

 

襟元にかけるのに。

 

フェイスタオルはお風呂で。

 

ハンドタオルは忘れないように

 

いつも持ち歩く。

 

今日は買い物に行って

 

汗をたくさんかいたけど

 

愛用のタオルがあり、

 

とても助かった。

 

肌ざわりとか

 

吸湿性も優れているなぁ。

 

このタオルは外せないです。

 

人気があるのが

 

わかるような気がする。

 

いつもいつもありがとう。

 

フェイスタオルのセット

 

プレゼントに入ってる。

 

楽しみにしていてね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 



珈琲ラプソディ。

 

珈琲をあまり飲まなくなった、と言っても

 

ストックは必要だな、と思う午後だ。

 

今日の朝、飲む分は

 

あったから良かったようなものだ。

 

夜に姉が実家に寄る、というので

 

母が買い物に行っているみたい。

 

父にとっては一番上の

 

一番大切な子どもだ。

 

夢の中で再会して

 

2人とも楽しそうに笑顔だったから

 

姉の仕事がはやく終わるといいな。

 

郊外に引っ越したので

 

とにかく通勤が大変みたい。

 

朝早く家を出て

 

夜遅く家に帰る、みたいな。

 

家事を子どもが分担してくれたら

 

ずいぶん楽になるだろうな。

 

色々なことがあるね。

 

もう4月も終わりなんだな。

 

毎日が充実しているから

 

矢のように過ぎるね。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座