トレーニング三昧。

 

毎日トレーニングしようと決めたことで

 

リズムができたように思うの。

 

とても感謝しているんだ。

 

凄くハードだし、

 

身体を酷使している感じがするけど

 

昔から凄く好きなことだから。

 

元気になれたり、

 

自分のスイッチが入るなら

 

やらないという選択肢はない。

 

いつもいつもありがとう。

 

今日は心配かけてごめんね。

 

一発逆転、という感じで

 

驚いているのが

 

目に見えるようです。

 

ピンチはチャンスの顔をしている、と

 

聞いたことがある。

 

土壇場の時の底力は

 

凄いね、といつも言われます。

 

いつもいつもありがとう。

 

だからといって

 

ギリギリみたいになるのが

 

好きというわけでは

 

けっしてないのですが・・・・・

 

いつもありがとうね。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



元気を出して。

泣いているあなたを

 

そっと抱きしめる母の姿が

 

見えるようだ。

 

今日ね、

 

食欲ないような気がして、

 

あなたのカレーが食べたい、と

 

わがまま言ったの。

 

すぐに作ってあげることができないから

 

そういうわがまま言うと

 

どうしたらいいだろう、と思うのよ、と答える。

 

冷蔵庫にあるもので

 

元気になるために

 

何か作れるでしょう。

 

あなたの仕事は

 

待っている人がたくさんいて

 

ちょっと調子が悪いからと言って

 

休めないわよ、と続く。

 

そうだなぁと思った。

 

それで、たぶん、みんなが

 

驚くほど元気になった。

 

ホントは食欲あったんじゃないの、と

 

思うほどたくさん食べれたの。

 

栄養満点のごはん。

 

野菜もたっぷり。

 

背中を押すような

 

優しい手のぬくもりを

 

感じる夜です。

 

夕方、おなか痛いように想ったのに

 

それも今は痛くないのです。

 

ほんとうにほんとうにありがとう。

 

立つことも歩くこともできて

 

初めて誰かと一緒に

 

歩くスタートラインに立てる、というのは

 

私の好きな言葉です。

 

思い出させてくれてありがとう。

 

ものすごいパワーを感じます。

 

もっともっと元気になって

 

がんばらないとな、と思う夜です。

 

いつもいつもありがとう。

 

支えられています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



抱きしめたい。

子どもが成長する中で

 

ギュッと抱きしめたり、

 

つらいことがあったら

 

話を聴いたりしたいだろう。

 

子どもにしても

 

生きている間に

 

もう二度と逢えない、というのは

 

計り知れないほど悲しいと思う。

 

お母さんがいたらな、と感じることも

 

一度や二度ではないだろう。

 

ただ、魂はいつもそばにいて

 

子どもたちを見守っていると信じる。

 

子どもが悲しんでいたり、

 

苦しんでいたり、

 

つらい目に遭っているときは

 

一緒になって分かち合っている気がする。

 

愛する我が子だから

 

天国に逝ったからと言って

 

遠くに去るわけではない。

 

もっともっと近くに

 

いるように思う。

 

小鳥になったり、

 

朝日になったり、

 

夕陽になったり、

 

虹になったり、

 

風になったりして

 

そばにいるはず。

 

不在を嘆かないで。

 

ずっと一緒にいると

 

誓ったはず、と言うだろう。

 

姿が見えないことを

 

いないと思わないで。

 

どんな時もそばにいますよ、と

 

微笑む姿が見えるようだ。

 

耳を澄ましてみて。

 

メッセージが聴こえるかもしれません。

 

あなただけに聴こえる

 

なつかしい声で。

 

だいじょうぶ、歩いてゆけるね。



一番いいものを。

 

今日、父はたくさん

 

野菜を買ってきてくれた。

 

「朝どりきゅうり」というのは

 

まっすぐで大きくて立派だった。

 

新鮮な証で花が付き、

 

突起がある。

 

今の季節は露地栽培のきゅうりが

 

人気だろうと思う。

 

きのうの夕方、買いに行ったときは

 

ひとつもなかった。

 

ちょうど、以前、両親が食事に来たとき

 

ポテトサラダに入れて出したことがある。

 

ふつうなら胡瓜はすこしでも

 

風味出るのですが、

 

スライスすると星形みたいになって

 

あんまり、みずみずしくて美味しいので

 

すこし「わかめときゅうりの酢の物」にして

 

たくさんポテトサラダに入れました。

 

カロリーオフマヨネーズを使って

 

ヘルシーに作ったとはいえ、

 

両親はそれを残さず

 

たくさんペロリと平らげたのでした。

 

近所に新鮮な野菜が手頃な価格で

 

買える場所がある、ということには

 

ほんとうに感謝です。

 

今日、父が買ってきてくれたきゅうりは

 

以前、両親が感激した、そのものでした。

 

自分たちの分と半々で

 

全く同じものを買ってきたのかな、と考えていたら

 

父のきゅうりは曲がったような

 

細いきゅうりで全然違ったのです。

 

すべてにおいて良いほうを

 

プレゼントしてくれたんだ、と思うと

 

何てお礼を言ったらいいか、と感激しました。

 

父は「六甲野菜」はいつも

 

お小遣いで買ってきて

 

家計費には計上しないのです。

 

「これ買ってきたよ、あげるよ」と言って。

 

すごいなぁと思います。

 

いつもホントにありがとう。

 

何か欲しい野菜ある、と聞かれて

 

ラディッシュひとつかな、と言っても

 

持ってきてくれるのは盛りだくさんなのです。

 

父は最近、やけに短気になり、

 

いつも怒っているような感じですが、

 

良いところもたくさんあるな、としみじみ思う夜です。

 

いつもいつもありがとう。

 

今できないことで嘆いたりしないで。

 

道の途中にいて、

 

これから限りない可能性がある。

 

いつも支えられていること、

 

とても感謝しているんだ。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



売り言葉に買い言葉。

ひさしぶりに母とケンカした。

 

母が機嫌が悪く

 

子どもに当たるみたいなのは

 

とてもめずらしい。

 

帰るときに、

 

怒鳴って悪かったわね、と言った。

 

時すでに遅しだ。

 

今年は梅干し作りの仕事を

 

全面的に任せようと思っているようだった。

 

中々しないので、やる気があるんだか、という。

 

私だって仕事とか色々

 

抱えている中で

 

いっしょうけんめいやっている。

 

その努力を見ないで

 

頭ごなしに言うから

 

カッとなった。

 

親子のような

 

相手のことがよくわかる立場でも

 

我を忘れることがあるんだな、とわかる。

 

子どものことを怒るのは

 

親の方も、とても体力を使うんだ、と

 

聞いたことがある。

 

良くなってほしいと思わなければ

 

叱ったりしないそうだ。

 

そのままにしておくらしい。

 

それでも、時折ふれる母の激しさ、というのは

 

どうしたものか、と思う。

 

子どもを怒鳴っても

 

あまりダメージ受けないとでも

 

思っているかのよう。

 

私も言い返して

 

大人げなかったと思うけど

 

言われっぱなしで

 

黙っているほど

 

器は大きくなかった。

 

相手が言い返さないと

 

自分が正しいと思う、と

 

聞いたことがある。

 

私が悪いんじゃない、ということは

 

声を大にして言いたかった。

 

おだやかに暮らすようにしているので

 

たまに声を荒げるようなことがあると

 

とても消耗する。

 

イライラしたり、

 

怒ることが、どう身体と心に

 

悪影響を及ぼすか、

 

身を以て知る。

 

色々なことがあったけど、

 

終わりよければすべてよし。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



うまままま。

土曜日に買った、

 

「六甲野菜」の

 

にんじんを使って

 

きゅうりとにんじんのサラダにした。

 

味が濃くて、甘みがある。

 

こういうにんじんを

 

ずっと探していた、と

 

叫びだしたいくらいだった。

 

今朝、父が又、

 

「六甲野菜」に行き、

 

「笠子地蔵」みたいに

 

たくさん野菜を買ってきてくれた。

 

土曜日にはブロッコリーを2つ買えたので

 

ひとつどうぞ、と渡しに行くと

 

野菜庫に入れておいて、という。

 

サッと冷蔵庫を開けたら

 

父が良いほうの野菜を

 

プレゼントしてくれたのがわかった。

 

今日は「いんげん」「にんじん」

 

ラディッシュ、小松菜、きゅうり。

 

きゅうりはとびきりおいしい

 

朝どりだった。

 

きのう、自分が買いに行って

 

ラディッシュひとつ、と聞いたので

 

それしかあげなかったことを

 

後悔するくらいだった。

 

父は子どもとケンカしているときも

 

そうやって野菜をたくさん買ってきて

 

玄関に置いて行ってくれる。

 

中々できることじゃない。

 

うれしいじゃないですか。

 

父にとっても

 

毎週火曜日に

 

恒例の買い物になっているみたい。

 

いつも行く店から歩いて「六甲野菜」に行き、

 

たくさん買って、バスで帰ってくる。

 

ほんとうにいつもいつも

 

ありがとうございます。

 

どんなにありがたいかわかりません。

 

足りないことを数えないで

 

やってくれていること思おう。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



お天気はどうなるの。

天気予報をいつも見ている。

 

それですっかり

 

お天気のことは

 

この人に訊け、みたいになった。

 

お天気はどうなるんでしょうか、と

 

聞かれることが多い。

 

空模様のことは

 

関心がある人が多いから

 

話題としては

 

スモールトークでしょうね。

 

NHKで何時何分に天気予報があるか

 

だいたいわかります。

 

それを待って

 

行動することもあるくらいです。

 

明日は夜遅くなってから雨。

 

でも、曇り空でも

 

傘の用意はしたほうが良いようです。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



あなたはマヨネーズが好きだから。

先日、パンプキンサラダを

 

2回分作った。

 

作りながら

 

あなたはマヨネーズが好きだから、と

 

無意識に話していた。

 

あなたにあげるつもりで

 

たくさん作っていたのだ。

 

レシピを教えると

 

あなたはやってみるでしょう。

 

でも、同じように作っても

 

他の人が作ると

 

絶対、同じようにならない、という。

 

不思議だね。

 

あなたはマヨネーズが好きだから、と言って

 

一番驚いたのは

 

何を隠そう、

 

この私です。

 

いつもいつもありがとう。

 

いつでも、料理のお裾分けができるように

 

保存容器も1セット買ってある。

 

プレゼント取りに来てね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



無意識の表情。

電車に乗って座っている、とか

 

道を歩いている、といった

 

日常のさりげない情景で

 

美しい人がいる。

 

知り合いでも何でもなくても

 

そういうのは素敵だな、と思う。

 

日頃の行い、というのは

 

ふとした表情に現れるような気がする。

 

毎日の小さな積み重ねは

 

大事だな、とつくづく思う。

 

どうして、こんなことを書くかというと

 

眉間に皺を寄せて

 

不機嫌な顔をしている人が

 

とても多いから。

 

鏡を見るときは

 

人は表情を作る、と言われる。

 

だから、それは第三者から見た

 

その人ではない、という。

 

すこし澄ました顔だ。

 

どんなに隠そうとしても

 

その人の生き方とか考え方、

 

モノの見方みたいなものは

 

外見に醸し出される。

 

気をつけないとな、と思う。

 

大切な人はいつも

 

とても穏やかな顔をしている。

 

ご家族も存在そのものが美しい、という

 

たたずまいだ。

 

両親や祖父母からもらう

 

遺伝の部分よりも

 

後天的に作られる部分は

 

大きいという。

 

いつもいつもありがとう。

 

あなたの存在そのものに

 

いつもとても救われているんです。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



母の替え歌。

母は替え歌が得意だ。

 

たぶん、そういう認識はない。

 

子どもの頃、

 

「手のひらを太陽に」という曲を

 

母なりに解釈して

 

大声で歌っていた。

 

学校で正しい曲を習って

 

子どもたちは驚いたものだ。

 

小さい時から

 

母が歌うのを聴いていたので

 

今さら直せない。

 

あとは迷言の多い人で

 

自信と確信をもって

 

色々なことをいう。

 

姉は中高のときに

 

無謀なことをする喩えで

 

「南極を裸で走る」というのを習った。

 

それで、学校でそれは

 

一般的なのだろう、と使ったら

 

大爆笑になった、という。

 

妹にも、そういう逸話が

 

いくつもあった。

 

母はチャーミングな人なのだ。

 

色々なことを思い出す夜です。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



連動している。

爪がすこし

 

ボコボコしたり、

 

変形したりするのは

 

何でですか、と皮膚科医に尋ねた。

 

指の湿疹と連動しているようで

 

そこがきれいに治ると

 

また丈夫な爪が生えてくるという。

 

最近、爪を切るまで

 

左手の薬指の爪の異変に

 

気づかなかった。

 

そういえば、すこし湿疹が出ている。

 

気長に一日一回、薬をつけたり

 

ハンドクリームは手を洗ったら毎回

 

擦り込むようにしよう。

 

それにしても

 

ずいぶんよくなったな、と思うと

 

うれしいのです。

 

いつもいつもありがとう。

 

目に見えない大きな力に

 

守られていることに

 

深く感謝します。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



納豆はどうする。

父が毎週火曜日に

 

買い物に行く。

 

国産納豆は

 

以前はお願いしていた。

 

医師に毎日欠かさず食べるのは

 

良くないと言われたので

 

あまり食卓に上がらない。

 

良い数値が出ない原因に

 

激しいトレーニング、と書いてあった。

 

当てはまる気がする。

 

食べたいときに食べるのは

 

身体がそれを必要としている

 

ということなのだろう。

 

最近あまり納豆を食べたいと思わないのは

 

医師に指摘されたからとばかりは言えない。

 

いつもいつもありがとう。

 

欠かさずに食べていたのに

 

最近買わないな、というものはありますか。

 

きっかけはあるのかもしれないね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



梅雨の時は干せないよ。

今年は梅干しをたくさん漬けるんだ、というと

 

父が一番欠かさず食べるのに

 

そんなにいらないよ、などという。

 

梅雨の時は干せないよ、というと

 

意外そうな顔をする。

 

そういえば、父は

 

梅干しを作ったことがない。

 

いつも「僕、食べる人」なのだ。

 

梅雨時に塩で漬けて

 

梅酢が上がってきたら

 

しそを入れる。

 

梅雨明けになったら

 

3日3晩天日干しをする。

 

あと15kgの梅を買うのは

 

私の仕事なので

 

がんばります。

 

安くて良い南高梅があるといいな。

 

いつもいつもありがとう。

 

家の中に梅の香りがして

 

きのうはいい匂いだ、と思ったけど

 

今日は体調のせいか

 

すこし苦しいのです。

 

日によって感じることはちがうね。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



紫陽花の和菓子。

今日は母が森林植物園で

 

和菓子を買ってきてくれた。

 

紫陽花をかたどったものと

 

麩菓子。

 

笹の葉に巻いた麩まんじゅうは

 

ぜひ食べたかった。

 

でも、これがほしいと

 

父の顔に書いてある。

 

どれでもいいよ、と言いながら

 

麩まんじゅうから眼をそらさない。

 

父にあげよう、と思った。

 

でも、あとで麩まんじゅうがよかった、と

 

大切な人にこぼしてしまった。

 

ごめんね。

 

和菓子を買うチャンスは

 

またあると思うから

 

その時に麩まんじゅうを自分の分も

 

買うようにするよ。

 

森林植物園は紫陽花がきれいだったって。

 

それで紫陽花の和菓子を買ったそうだ。

 

今年は紫陽花が見事だし、

 

それを味わうことができて

 

よかったんだ、と思う。

 

いつもいつもありがとう。

 

和菓子では何が好きですか。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



照り焼き丼。

鶏むね肉の料理では

 

親子丼かオムライスが

 

一番おいしいと思っていた。

 

今日、鶏むね肉で生姜焼きにして

 

こんがり焼き色を付けた。

 

「十五穀米ごはん」を丼に温め、

 

それをのせると絶品。

 

これが一番かもしれない、と思った。

 

簡単なんです。

 

鶏むね肉を一口大に切り、

 

減塩醤油(醤油)、料理酒各大さじ2

 

生姜のすりおろし、或いは生姜のチューブ、

 

ジンジャーパウダー適宜。

 

約20分くらい前に、よく揉み込んでおいて

 

漬け汁ごと焼く。

 

脂があるので油は入れない。

 

鉄の中華鍋で炒めると

 

鉄分補給にもなり、身体にうれしいです。

 

一枚が大きめなら、2回分になるし、

 

小さめなら一人分。

 

鶏むね肉は疲労回復に効果があると

 

実証されています。

 

生姜焼きを作っても

 

ふっくらジューシーで

 

豚肉より美味しいかも、と思うほどです。

 

いつもいつもありがとう。

 

照り焼き丼、ぜひ作ってみてね。

 

野菜料理は作っておいて

 

それを味わう前に

 

一口ですよ。

 

最初の一口を野菜にすると

 

血糖値が下がる効果がある、と

 

報告されています。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



広うござんして。

近畿地方の雨の予報を見ていて

 

そんなに降るのか、と思った。

 

このあたりは

 

それほどでもない。

 

近畿地方すべては広いので

 

大雨になったところもあるようだ。

 

天気予報を聞いていた

 

イメージだと朝からずっと

 

ザーザー雨が降る感じ。

 

降ったり、やんだりで

 

雨あがる時間帯もあった。

 

場所によりけりだね。

 

明日はどういう空模様になるだろう。

 

雨降らないといいな。

 

梅干し用の梅を買うのを

 

頼まれているのです。

 

いつもいつもありがとう。

 

おかげさまです。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



追いつき追い越せ。

陸上の大会を見ていた。

 

24歳とか25歳というと

 

まだまだ若いし

 

可能性も無限大という感じがする。

 

それでも18歳とかの新鋭が

 

どんどん追いつけ、追い越せ、という風に

 

追い上げてくる。

 

すさまじい世界だな、と思った。

 

一瞬で勝負がつく。

 

今回、いい結果が出なかった人は

 

次に向けて、死に物狂いで

 

スパートするだろう。

 

色々なことを考えた。

 

万全の状況で臨めなかった人は

 

後悔もあるかもしれない。

 

それでも、さらなる高みを目指して

 

進むのだろう。

 

いつもいつもありがとう。

 

どんなことからも

 

学ぶことはあります。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



汗だく。

今日は思いがけず、

 

いつものように着替えないで

 

トレーニングした。

 

専用のウエアは

 

吸湿速乾になっていて

 

どんなにいいかわかった。

 

それでないとダメなんだ、ということも

 

思い知るような感じ。

 

途中までやって

 

汗をかいてしまったので

 

まぁいいかな、と思ったのが

 

運のつきだった。

 

なんでもやってみないとわからないことがある。

 

専用のウエアがあるなら

 

着替えないとダメですね。

 

今日は眠かったけど

 

トレーニングしているうちに

 

シャキッと目が冴えてくる感じが好き。

 

身体の中からエネルギーが湧いてくる感じも

 

他の事では味わえない。

 

とてもハードなので

 

たくさんカロリーを消費すると思う。

 

それでも、達成感みたいなものが

 

いつもとてもうれしいのです。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



雨の降る夜は。

雨の降る夜は

 

とても静かだね。

 

トタントタンと

 

雨が落ちる音がする。

 

とても悲しいことがあったから

 

空が泣いているんだね。

 

天使たちも涙を流すことがある、という。

 

生まれたばかりの姉の赤ちゃんを

 

助産院に見に行ったことを

 

よく覚えている。

 

小さくてかわいい赤ちゃんだった。

 

子どもの頃も、昔の子どもみたいな感じで

 

すごくかわいかったよ。

 

中高は私立に行って

 

他の学校ならしないようなことを

 

たくさんしなければならなくて

 

大変だったね。

 

それでも、身についたことは財産だよ。

 

6年間いっしょうけんめいがんばったことも

 

ムダにはならない。

 

今は色々つらいんだね。

 

叶えたい夢があるなら

 

家族を大事にしないといけないよ。

 

家にいる自分ができることを

 

すこしずつやったり。

 

あなたの両親はいつだって

 

誰よりもあなたを守ろうと思ってる。

 

夢が叶うようにサポートしたいと願ってる。

 

それだけはわかってね。

 

目標を叶えるためには

 

今までしなかったことにも

 

挑戦しないといけない。

 

勉強だって

 

死に物狂いでやらないと

 

取り戻せない部分はある。

 

あなたが大学に通って

 

一番なりたい職業のための

 

勉強をしている夢を見る。

 

とてもイキイキした瞳だよ。

 

合格したらいいなぁ、では

 

ぼんやりとした希望の枠を出ない。

 

なるべく具体的に理想が叶うイメージをして

 

それに向かって出来ることを

 

コツコツ積み重ねるんだよ。

 

不可能を可能に変える力。

 

あなたは持ってる。

 

扉の前に立ってるんだと思う。

 

道は果てしないと感じて

 

絶望するかもしれない。

 

でも一筋の光はあるんだ。

 

それを目指して進めばいい。

 

だいじょうぶ、歩いてゆけるね。



光射す方へ。

今日は大切な姉のお誕生日。

 

何度も読み返して

 

元気になれたり

 

ホッとできるように

 

紫陽花の写真をつけて

 

メールを送った。

 

どんな土曜日を過ごしているかな。

 

がんばり屋で我慢強くて

 

弱音を吐かずに

 

どんなことも一人で

 

乗り越えようとするところがある。

 

私もたくさん大変な局面で

 

救ってもらった記憶がある。

 

今、抱えている大変なことの

 

解決策がみつかりますように。

 

今日から始まる365日が

 

光に導かれる日々でありますように。

 

今日は大事な姉の誕生日だから

 

特別な日だから

 

神社に行き、お参りしたんだ。

 

いつもありがとうございます、

 

見守っていてください。

 

何重にも良いご縁がありますように。

 

神さまはあなたを耐えられないような

 

試練に遭わせることはない。

 

そればかりか逃れる道さえ

 

用意してくださるのである、と

 

聖書に書いてある。

 

神さまのお導きがありますように。

 

遠くから祈ることしかできないけれど

 

暗闇に光が射しますように。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をいっぱい感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ベランダ。

今日、ベランダのタイルに

 

水を撒いて

 

たわしでゴシゴシ洗った。

 

そのあと、クレンザーをかけて

 

ゴシゴシして、

 

また水を撒いた。

 

けっこう重労働で

 

今までやったことがなかったので

 

母は毎年、大変だったのだな、とわかる。

 

梅が今年は高値で推移しているので

 

梅干しを作る人は必死になって

 

探していると思う。

 

きのう、母が税込564円という

 

南高梅を5キロ買ってきた。

 

粒の大きさもバラバラだけど

 

この価格なら、と思い切ったという。

 

あと10キロ分くらい買ってほしい、と頼まれた。

 

南高梅が入荷すると思われる場所は

 

いくつかあり、回るつもりだ。

 

たくさん買えたときは

 

バスで帰ることもありだろう。

 

どうか良い梅との出会いに

 

恵まれるように、と祈るような想いだ。

 

9月には梅干し食べれるのよ。

 

いつもいつもありがとう。

 

梅干しがなくなるということがないように

 

できるだけたくさん作るね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



大雨の予報。

引っ越しのCMで有名な

 

四国の橋を見たことがある。

 

晴れた日はきれいなんですけど、と

 

どしゃ降りの雨の中、

 

バスガイドさんが申し訳なさそうに言った。

 

雨の降り方がちがうんだな、と思った。

 

萩の村田蒲鉾、という店の

 

直営店と工場を見たことも

 

とてもいい経験になった。

 

バス旅行のコースには

 

入っていなかった。

 

ガイドさんが良かったので、是非に、ということで

 

その行程の中に入れてくれたのだ。

 

「ごぼう巻」とか「ひら天」とかは

 

一般的には、おでんのように食べるでしょう。

 

そこではホットプレートで

 

焼き色を付けて香ばしくして

 

試食していた。

 

「じゃこ天」なども美味しくて

 

感動したなぁ。

 

そこに行かないと

 

わからないことがあるから

 

旅はおもしろいな、と思う。

 

色々なことがあったな。

 

今日は姉の誕生日で

 

おだやかな日であることを祈る。

 

いつもいつもありがとう。

 

様々な場所に行くと

 

目からうろこ、ということが

 

きっとあるんだね。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



幸先がいい。

明日は大雨だというので

 

帰ってすぐ、

 

お風呂に入って

 

洗濯をした。

 

今日は湿度が高いけど

 

もう午後になってから干した

 

洗濯ものが

 

気持ちよく乾いた。

 

曇り空だけど

 

風はあるみたい。

 

いつもいつもありがとう。

 

洗濯しよう、と思いついて

 

干したからと言って

 

毎回、カラッと乾くわけではない。

 

すべてのことに感謝だ。

 

いつもいつもありがとう。

 

今日、お宮参りだったご家族と

 

結婚式だった方々も

 

たくさんの祝福がありますように。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



ツバメの集う場所。

両親の部屋に

 

ツバメが遊びに来る、という。

 

動いたりしても

 

警戒しないのよ、とうれしそうだ。

 

いまいる、というので

 

料理してから

 

行こうと思ったら

 

巣に戻ったみたい、という。

 

多いときは4羽来て

 

毛づくろいしたりしている、という。

 

ツバメがくつろいでいる姿は

 

ぜひ見てみたいな。

 

今日は2回も来た、と

 

母は顔を輝かせていた。

 

いつもいつもありがとう。

 

小鳥の舞い降りるときは

 

良いことがある兆しだね。

 

素敵な土曜日にしよう。

 

良いことがたくさんあって

 

とても感謝しているの。

 

いつもほんとにありがとう。

 

支えられています。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



実業家の道。

色々な才能を生かして

 

実業家になる人がいる。

 

俳優として

 

充分、魅力的でも

 

色々な役の

 

お声がかからないというとき

 

それでも食べて行ける道を

 

模索するのではないか、と思う。

 

色々な企業とコラボレーションしたり、

 

一人ではできないと思うけど

 

これが良いと思う、と提案して

 

受け入れてもらえる、というのは凄いこと。

 

がんばっているなぁと

 

いつも感心している。

 

フードアナリストとか

 

ベジタブルマイスターとか

 

資格を取るのは

 

並大抵のことではない、と聞く。

 

良いものがあったとして

 

それを訴求力を高めて

 

商品として販売するのは

 

大変な努力が必要だと思う。

 

モノが良いだけでは

 

売り上げにはつながらないようだ。

 

様々な人が

 

ほんとうに努力している、と思う。

 

それで、いつ本業で

 

お声がかかっても

 

良いように自分を磨いている。

 

そういう方がいると

 

自分もがんばらないと、と

 

とても励まされる。

 

どんなことからも学びがあり、

 

得るものがあるとわかると

 

ほんとうに感謝しかない。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



お誕生日おめでとう。

今日は姉のお誕生日だ。

 

今年は紫陽花の花が

 

とてもきれいに咲いたので

 

その写真をメールに添えて

 

メッセージを送った。

 

土日は買い物とか

 

家事とかあわただしいかな。

 

届いていると思うので

 

返事は特にいらないんだ。

 

今年の目標は神戸に遊びに来ること、と

 

話していたので、それが実現するように。

 

今、抱えている大変なことの

 

解決策がみつかるように祈ります、と書いた。

 

トクサは東京から持ってきたもの。

 

いっしょに映っていたので

 

なつかしいと思うかも。

 

電話しようかな、と考えたけど

 

メールのほうが時間があるときに

 

読めるのでいいかな。

 

いつもいつもありがとう。

 

姉にはいつも守られている感じで

 

離れていても

 

よく元気にしているかな、と想いを馳せています。

 

テレビ番組を録画する機能がないらしいので

 

高倉健さんの番組を録画してほしいと頼んだね。

 

あれは一緒に見よう、と消さないでいるよ。

 

きょうだいがいるおかげで

 

救われていることがとても多い。

 

すべてのことに感謝だ。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 



食べたもので出来ている。

身体は食べたもので出来ている。

 

そう思うと

 

何を食べるかは

 

重要なんだな、とわかる。

 

創作に行き詰るときは

 

いつも料理をします。

 

お昼も料理をして

 

凄く元気になりたい自分を

 

発見した気持ちです。

 

人参ときゅうりを細切りにして

 

リケンの「うま塩ドレッシング」と

 

お酢で和えたものは

 

さっぱりしたヘルシーサラダ。

 

ポン酢とカロリーオフマヨネーズも

 

やってみたのですが、

 

うま塩ドレッシング+お酢のほうが

 

美味しいような気がします。

 

このドレッシングはニンニクが効いているので

 

苦手な方にはお勧めできません。

 

でも、なぜかクセになる味で

 

いつも切らさないようにストックしています。

 

シャキシャキブロッコリーも

 

これが一番おいしいと思います。

 

いつもいつもありがとう。

 

おそくなっちゃったな。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。



ゴーヤチャンプルー。

ゴーヤのおいしい季節になった。

 

ゴーヤチャンプルーは好きですか。

 

沖縄のほうでは

 

ランチョンミートを入れたり、

 

豚肉を入れたりすることもあるみたい。

 

私はあっさり派です。

 

木綿豆腐を賽の目(サイコロ状)に切り、

 

オリーブ油で炒めて焼き色を付け

 

丼にキッチンペーパーを敷いて

 

水気をとります。

 

その間にゴーヤを塩もみします。

 

ゴーヤに塩をかけて

 

ゴロゴロします。

 

洗い流して終わり。

 

両方の端を切り、中綿を抜きます。

 

3ミリくらいの厚さに切り、

 

オリーブ油を足して

 

しめじ、舞茸、えのきなどのきのこと

 

ゴーヤを塩コショウ、料理酒で炒めます。

 

スッとフォークが通るようになったら

 

豆腐の水気を切って戻し、

 

玉子2個を溶き入れます。

 

玉子に火が通ったら完成。

 

鉄の中華鍋で作ると

 

鉄分もとれます。

 

ゴーヤは夏バテに良いと言われます。

 

たまにすごく苦いのもあるから

 

個体差があるんだろうな。

 

いつもいつもありがとう。

 

夜ご飯は何かな。

 

いつもありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 



夏野菜の元気。

キャベツが最盛期なのかな。

 

とても買いやすい価格で

 

店頭に並ぶようになった。

 

7月からが夏なので

 

まだ6月のキャベツは春キャベツかな。

 

甘くて柔らかくておいしい。

 

どういう風に料理するのが

 

一番好きかな。

 

また教えてね。

 

今日はとりわけ

 

暑いような気がする。

 

水分をしっかりね。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



あります、と言えなくて。

エコバッグを持ち歩いたり、

 

袋はいいです、と言うようにしている。

 

今日は急いでいたのと

 

たくさん待っている人がいたので

 

いいかな、と思った。

 

お店の人が袋に入れるのは

 

会計を済ませた、という証だという。

 

また今度からは

 

持って行くようにしますね。

 

今日はありがとうございました。

 

名古屋弁でみゃーみゃー驚きたかったです。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座