陽炎は春の季語。

ものすごく暑かったなぁと一日を振り返り、

 

陽炎が浮かぶくらい、と書こうとして

 

電子辞書で広辞苑を引いた。陽炎は春の季語、と

 

書いてある。今は夏なので使えないことになる。

 

以前、知り合いの方がブログを読んでくれていて、

 

私が小春日和という表現をしたとき、あの言葉は

 

今の時期は使わないと教えてくれたことがあった。

 

「夏も近づく八十八夜」という言葉があるけど、

 

茶摘みを表す言葉で5月7日ごろをピンポイントで指す。

 

他の時に使うと、季節がちがうんじゃないの?ということに

 

なる。日本語は季節に応じて色々な言葉があるから、

 

使おうと思ったとき、ちゃんと調べるというのが

 

大事かもしれないね。

 

たまに外国の方からイイね!が付くことがある。

 

発信したとたん、全世界の人が翻訳して読むのだろう。

 

海外でも大きな火事とか色々なことが起こるけど、

 

ニュースで知ったくらいで適当なことは書けないと思う。

 

例えばノートルダム寺院の火事の事だけど、フランスでは

 

あの場所を心の拠り所にしている人が多いと聞くし、

 

火事の直後はすこしは報道されるけど、それからは

 

あまり情報が入って来ないので、どうなっているか

 

わからない。大きな地震や災害から何年という節目でも

 

現地に行ったわけでもないので、それからどのように復興しているのか、

 

今でも苦しんでいる人たちは何を悩んでいるのか、というようなことが

 

よくわからない。それなのに、あれから何年ですね、と言うようなことは

 

うかつには書けない。言葉の重みを知っているからこそ簡単に口にすべき

 

でもないと思うんだ。

 

最近は口コミとかでも罵詈雑言みたいなことを書く人が多くて、書いた人は

 

あースッキリした、という気持ちかも知れないけど、そういう意見の中には

 

何か長所を探そうという視点が感じられなくて、非常に残念だ。

 

今は誰でも発信できる時代で、だからこそ、慎重にならないといけないと思うし、

 

それをモットーとしている。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



髪を結いやすくなった。

昨日、髪を4センチくらい切ったので、

 

まとめやすくなった。

 

伸ばしっぱなしだったので、毛先が箒のようになっていて、

 

これじゃぁ下せないなと思っていた。

 

それから、髪は栄養が行き届く場所なので、

 

髪は時々カットする必要がある。

 

フラダンスをしているような髪を伸ばしている人は

 

美容院には行かないのかな、と思っていたけど、

 

メンテナンスに通っているようだ。それを知った時、

 

だから長いけど、あんなに艶やかで美しいのね、と

 

納得したことがある。

 

髪をいつも下している人がいて、素敵だなぁと思うけど、

 

私は祖母の遺伝で広がるタイプなので、そういう風には

 

行かないなぁ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をぎっしり受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



食べて燃やす。

ホントはしっかり食べて、

 

それを燃焼させるという方が良いんだろうね。

 

今日はあまりにも帰り道が暑くてハードだったので、

 

おなかすいた、というのを何処かに置いてきたようだ。

 

のどは渇いて冷たい麦茶をガブガブ飲んだ。

 

お風呂入る前に何か一口と思って、ビスケットを食べた。

 

空腹感はなかった。激しい運動はおなかすいた感覚が

 

なくなると聞いたことがあるけど、ホントだな。

 

スポーツジムなどで観察してると、トレーニングしている

 

インストラクターの方は運動を始める前におにぎりとか

 

バナナとか何か食べてからエクササイズしている。

 

エネルギーを消費しつつ、トレーニングすると筋力も増強される。

 

今日は朝ごはんを食べてからとなりまちの病院に行った。

 

帰りはバスで帰るつもりだったので、こんなに汗だくになるとは

 

思いもしなかった。暑かったね。もっと早く帰れるつもりだった。

 

それでも混んでない方だろう。

 

待合室に一人しかいない時に受付をしたので、すぐに呼ばれると

 

思ったら、後から来た人たちが先に呼ばれるので、思わず、受付で

 

何で呼ばれないんですか?と聞いてしまった。カッとした。その人

 

達は朝一番に来て順番を取っていたようなのだ。

 

帰りに窓口で支払いをするとき、受付の方が、お待たせして申し訳

 

ありませんでした、と言った。私は上手に返事できなかった。

 

薬局が又、時間がかかる人が多かった。私は3分くらいで帰った。

 

紫陽花は萎れていたけど、今日、となりまちの病院に行けて、

 

一か月分の薬もらえて良かったな。

 

総合的に見ると、今日の運勢は決して悪くないんだろうと思います。

 

ちょっとイライラしちゃっただけで・・・・・

 

歩いている時、危なかったな、と思ったことがあって、

 

工事現場で作業しているのを見ながら歩いていたら、

 

斜めに行く時、タクシーがすぐそこまで来ていたんだ。

 

そこはクルマが通ることがあまりないので、すごく

 

ビックリした。運転手さんは止まってくれて、私は

 

轢かれないで済んだ。危ない処だった。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられて

 

今日があると思うので、ほんとうに感謝しています。

 

ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



肌がホントにきれいねぇ。

肌がホントにきれいねぇと言われると

 

うれしい気持ちになる。女性なら誰しも

 

そうかもしれない。

 

特に美容に関心の高い人から褒められると

 

何だか太鼓判を押されたような気持ちになる。

 

小さい頃からものすごく肌が弱かったので、

 

そんな風に褒められるようになるとは

 

思いもしなかった。

 

トレーニングを本格的に始めて、汗をたくさん

 

かけるようになったことが突破口になった。

 

汗と一緒に老廃物もドンドン外に出て行ったと

 

思われる。スポーツジムでも肌がきれいになった、と

 

口々に言われた。

 

入会したときに、インストラクターにこうなりたいという

 

目標があれば、ぜんぶ書き出してください、と言われて

 

10項目くらい書いたけど、それはぜんぶ叶った。

 

夢を実現する力があるんだね。書き出すということは。

 

それにしても、肌がきれいになったのは自分だけの力じゃ

 

ないと思うな。目に見えない大きな力に守られ、導かれ、

 

支えられて今日があると思うので、ほんとうに感謝しています。

 

ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 

 

 



お天気はどうなの?

父の「お天気はどうなの?」というのは

 

「梅干しはうまくいってるの?」という意味だ。

 

今日は快晴で天日干し出来たよというと満足そうだ。

 

熟成させる期間があり、実際に食べる事ができるのは

 

9月からなんだけどね。

 

さいわいなことに明日も晴れるというので、

 

3日間の天日干し出来ることになる。

 

これが終わると瓶に詰めて冷暗所に置く。

 

梅干しを発酵させるのだ。

 

塩分がかなりひかえめなので、ウォッカを殺菌に

 

たくさん振りかける。だから、すこしお酒の味が

 

するかもしれない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



おなかすいちゃって。

お昼がおそくなり、3時半ごろとなったので、

 

昼夜兼用だな、と思ったけど、8時すぎたら

 

おなかすいてきました。

 

中華丼で軽めの夜ごはんです。

 

おいしかったぁ。

 

お隣の方から破竹と言う筍を頂いたと母に電話すると、

 

「筑前煮」を作っても良いのよ、と言われた。そうか、

 

筍ご飯にこだわることないのか。

 

あと、きゅうりはわかめの酢の物にして、ありがたく

 

頂きなさい、と言われた。

 

母は何だか機嫌が悪かった。

 

鶏肉は塩麹とか塩コショウで下味付けてるというと

 

そうしないと持たないしね、その分、塩分をひかえめに

 

すればいいのよ、毎日料理してるんだから、それぐらい

 

わかるでしょ、と怒られてしまった。

 

実は今日、仕事が進まなくて、母に相談しようと思ったが、

 

それどころではなかった。

 

やるしかないね。みんなの期待を裏切るわけにはいかない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



想像したより暑かったな。

昨日の夕方から沢山、雨が降ったから

 

今日は涼しいかと思ったけど、買い物に行って

 

歩いていたら汗だくになった。

 

アルティザンでパンを焼いているご主人が

 

店内を歩いてきて、いつもありがとうございます、と

 

声を掛けてくれたのでうれしかった。

 

父のパンを予約して、取りに行くと、顔パスで私は名乗る必要が

 

ないのだ。どうして今日行ったかというと、早ければ水曜から

 

梅雨入りと言われていて、パンはお天気が良い日の方がおいしく

 

焼けると思ったのだ。それから、父は金曜に買っても、9枚に

 

切ってもらって、そのまま冷凍して、と言ったので、別に

 

今日でも良いんだな、と思ったのだ。

 

明日はとなりまちの病院に行く用事があり、キャベツやバナナを

 

買うのも今日のうちに済ませておきたかった。

 

お財布にあまりお金ないと思いつつ、買い物したが、近所の店は

 

貯まっていたポイントをすべて使い、中にチャージしてあったお金で

 

買い物できた。キャベツはずっしりと重くて良いものが1個140円で

 

2個で280円だった。近所の店ではキャベツが198円+税だったので、

 

かなりお得に産直のものを買えたことになる。父は地産地消というのも

 

あるから、野菜は「JA六甲野菜」で買った方が地域の応援になるよ、と

 

いつも言うのだ。お昼をしっかり食べて行ったので、おなかすかなかった。

 

梅干しもしまったし、洗濯ものも取り入れて畳んで元の場所に戻した。

 

汗をたくさんかいたので、夕方のお風呂が気持ちよさそう。今日は

 

髪を切ったのだ。姉の誕生日に間に合うように手紙が投函できなくて

 

申し訳ない気持ちだ。今日の夜にでも書いて、明日の朝、投函して

 

来ようと思う。木曜には届くだろう。メールはいつもするけど、

 

ちゃんと手紙でおめでとう、とお祝いしたいのだ。一年に一度の

 

特別な日。誕生日と言うのは、その人にとって元旦みたいなものだと

 

星占いに書いてあった。充実した一日になると良いな。お仕事も

 

上手くいくように。朝はどしゃ降りの雨で大変だったね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をずっしり受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



白黒の美猫に会う午後。

今日は父のアルティザンのパンを買いに行った。

 

ついでにキャベツを「JA六甲野菜」でバナナを

 

近所の店で買った。運が良いな、と嬉しくなったのは、

 

今日は98円市でバナナがお一人様ひとつまで98円というのが

 

2種類あった。とても良いバナナ。ひとつずつ選んだ。あとは

 

「塩麹」が無くなりかけていたので、それをカゴに入れた。

 

一味唐辛子と七味唐辛子の詰め替え用を買おうと思っていたのは

 

忘却の彼方ですっかり忘れて帰って来た。メモしないとダメだね。

 

おやつはジャムトーストで恵美さんのライ麦パンを解凍して、

 

トーストして晩白柚という彼女が作った手作りのジャムを

 

たっぷりのせて味わった。生き返る味。おいしかった。

 

歩いていたら、近所のきれいな奥さんに何度もお会いした。

 

いつもニコニコしていて可愛い方だ。何だかうれしかったな。

 

父のアルティザンのパンを受け取りに行ったら、お店の奥さんが

 

暑い中、ありがとうございます、と言ってくれた。

 

帰ってきて、まるっと着替えて、おやつを食べて、それから、

 

梅干しをしまった。雨は降らないとみえる。

 

歩いていたら、白黒ちゃんの美猫がセクシーなポーズで

 

寝そべっていた。良い子ね、と声を掛けると、瞳をキラキラッと

 

させてうれしそうな顔をした。帰りにもいるかなと思ったけど、

 

何処か行ったみたいで居なかった。猫ってセクシーだと思うな。

 

しなやかで美しい動物。一番好きな動物だ。

 

良い子ね、と言った時の猫の瞳が大きくなるのが好き。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



引き寄せの法則。

東京は雨すごかったらしい。

 

どしゃ降りの雨かもしれないよ、と父に言うと、

 

僕はツイてるから、到着する頃には雨は止むんだという。

 

いま、電話かかってきて、ホントに雨上がったらしい。

 

パラパラと降るけれど、傘をささなくても良いくらいの雨。

 

新幹線で見ていたら、空が段々明るくなって来たから、

 

大丈夫だと確信したよと嬉しそうに話していた。

 

父はお弁当のあんぱん、おいしかっただろう。

 

元気に家に到着した、というのを聴いて安堵した。

 

これでアルティザンのパンを受け取りに行ける。

 

ついでに近所の店で色々買い物することになっていて、

 

いろんなことが一度に済みそうだ。

 

空気は乾燥していて昨日までとちがう。

 

さわやかな青空が広がり、雨は降らないような雰囲気だ。

 

梅干しの日が当たっていた処と日陰の処を入れ替えた。

 

梅酢にも日光で消毒するのが大事なのだ。

 

水曜まで晴れ、ということは3日間の天日干し終わるかも

 

しれない、というと、お父さんが梅干し楽しみだな、と言った。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



転がり続ける石のように。

状況は変わるんだな、今はすごくこれが必要、と思っていても、

 

ずっとそうだとは限らないんだな、と思うと、新鮮な気持ちになる。

 

というのは、先日、皮膚科のクリニックに行った時、この薬が

 

たくさん欲しいと言いたかった。主治医に一日に1本使います、と

 

訴えたけれど、処方されたのは20本だった。その時はホントに33本

 

欲しいと思い込んでいた。

 

実は一昨日、汗をかいたけど、お風呂に入らなかった。

 

そういうことがあると肌は悪化するのだが、驚いたことに皮膚は

 

悪くなっていなかった。昨日、お風呂に入った時も痒い箇所に

 

その薬を塗らずに済んでいる。

 

このままだと来月末くらいに又、薬をもらいに行けば良いような

 

雰囲気だ。先生はそのことがわかっていたのかな。凄いな。先見の

 

明がある。さすがN先生だ。他の先生とちがう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



梅干しの天日干し。

今日はお天気が良いというので

 

朝一番に梅干しの天日干しをした。

 

ベランダに水を撒いてブラシで擦って掃除した。

 

その上に新聞紙を厚めに敷いて、梅を並べるのだ。

 

母が太陽の光ほど殺菌してくれるものはない、という。

 

3日間天日干しをすれば、あとは瓶などに保存して

 

熟成させることになる。9月には食べられる。

 

今年は6月に京都に行った際に、母と梅を買ってきた。

 

出町柳という処に市場みたいな商店街があって、

 

そこで何度か安い南高梅を見たことがあると母が話していた。

 

梅は高めに推移していて近所の店でも1キロ780円から980円

 

という感じだった。出町柳では幸運なことに580円で買えた。

 

私が5キロ、母が2キロ背負って帰って来た。

 

天日干ししているのは、その梅である。

 

先日、紫蘇を入れて漬けた。

 

明日も良いお天気ということで2日間の天日干しは終えたことになる。

 

母が昨年、今までで一番おいしく出来たので、今年もあなたに

 

全面的に任せると言った。責任の大きさをひしひしと感じる。

 

梅干しは身体に良いので、欠かせないなぁ。

 

梅干し作り、大好きなんだ。

 

今年は梅を手配するのがおそくなり、取り寄せるのは間に合わなかった。

 

それに送料・税込で今年は10キロで8950円くらいだった。

 

高いねぇと言って注文しなかったのだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



アルティザンのパン。

父がアルティザンでパンを買っておいてくれ、と言った。

 

お昼頃、予約の電話をしたので、これから取りに行く処だ。

 

両親は6枚切りなので、1.5斤のパンを9枚に切ってもらう。

 

金曜に買いに行って、と言われたけど、買ってすぐ冷凍するし、

 

お天気が良いうちが良いと思った。

 

近所の店で野菜やバナナを買う予定があるので、ちょうどよかった。

 

昨日の雨がさわやかな風を連れてきた感じで、心地よい午後だ。

 

素晴らしい日になりそう。

 

お昼は「納豆ごはん」を食べたくて、麻婆豆腐は夜にした。

 

最近、野菜炒め作るとき、一度にキャベツ半分使うので、

 

2個くらい欲しいかな。あとはバナナと一味唐辛子、七味唐辛子かな。

 

予算がすごく少なくて、これでやりくりしないといけないので、

 

ちょっと緊張感がある。おそらくチャージしてある金額があるので、

 

それとポイントを使って買い物をしよう。

 

今週中には低脂肪牛乳を又、買いに行くんだな。

 

朝は一番に青汁などにそれぞれ「おからパウダー」を小さじ1杯

 

足してシェイクしている。すごく美味しくて身体にも良い感じで

 

おススメです。おからパウダーそんなに高くないしね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



−1.7キロ。

昨日の夜、今までこんな数値出したこともないと言うほど

 

体重が増えていてびっくりした。

 

今朝はそこから何と1.7キロ減っていて、こんなに

 

うれしかったことはない。

 

体脂肪率が高めなのは、バイオリズムのせいかもしれない。

 

そういう時はあるのだ。低めに推移するときと、高めに

 

なりやすい時と。

 

体重がストンと落ちたので、ほんとうにうれしかった。

 

自分として、そうなるように努力したことは思い当たらず、

 

自然と落ちたので、心底歓びがこみ上げた。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられて

 

今日があると思うので、ほんとうに感謝しています。

 

ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



空が泣くから。

夜は雨の日曜日となった。

 

天使たちは悲しいのかな。

 

ときおり思い出したように涙を零す。

 

気が済むまで泣いたらスッキリするよ。

 

また笑顔を取り戻すことが出来る。

 

今日ね、バスの運転手さんが不機嫌だったけど、

 

まぁそういうこともあるかなと思ったら、

 

そのままスルーできた。気にならない。

 

明日は月曜日だねぇ。

 

水曜から梅雨入りではないかと言われていて、

 

月曜と火曜は貴重な晴れ間だそうだ。

 

何時頃、梅雨入りします、と何度も言われて、

 

そのたびに肩すかしだったから、雨の季節も

 

大事だよなぁと思う。水不足は深刻なダメージをもたらす。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



一雨ごとに輝きを増す。

紫陽花は雨に濡れると輝きを増すような気がする。

 

晴れている時もきれいだけど、雨が降った時は

 

ひときわ美しいという感じがするな。

 

となりまちの病院に行く時、紫陽花がきれいな場所があり、

 

毎年6月は楽しみにしている。

 

一昨年はピンク、昨年は白、今年は青なんだ。

 

ずいぶん前に学校で紫陽花の挿し木をして大きく育てた。

 

母が昨年、もう、この樹は終わりね、と細かく切って

 

処分したので、家では紫陽花が見られなくてさみしい。

 

母は又、挿し木したら良いじゃないの、と言うけど、

 

あれは特別な紫陽花だった。

 

花が咲いて感激して、先生に写真を撮って持って行くと、

 

挿し木から花を咲かせたのは、あなただけですよ、と

 

うれしそうに微笑んだことを忘れない。

 

植物は休眠するというか元気ない時がある。

 

母のベランダにあったので、母の気分で処分したのかも

 

しれないけど、しばらく休んだら元気になるかもしれなかったのに。

 

母にはおそらく、子どもの紫陽花を預かっているという気持ちは

 

なかったように思う。

 

紫陽花がきれいに咲いている家を見るたびにチクンと心が痛む。

 

きっと、ずっとこの痛みを抱えたまま生きるのだろう。

 

今日はハイビスカスが見事なお家があった。3つ大きな黄色い花を

 

咲かせていて、きれいなお花ね、と声をかけた。そのお家はホントに

 

植木の手入れが上手で、ブーゲンビリアのように毎年咲かせるのが

 

大変なものでも、きれいに咲いていて感激する。そういえば母は、

 

ブーゲンビリアも終わりね、と処分してしまったのだ。

 

母親と言うのはそういうものなのだろうか。どこか達観している

 

処がある。子どもとしては納得がいかない想いだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



天使のらっぱ。

「エンジェルズトランペット」という花が

 

いま、見頃でとても綺麗だ。

 

天使が降りてきて、清らかな音を立てそうな雰囲気。

 

オレンジ色とも朱色とも言えないような

 

明るい色をしている。鈴なりという感じに

 

花がつくので、とても絢爛豪華なのだ。

 

きんかんの実が成っているお宅もあり、

 

母と食べないのかしら、と話している。

 

韓国に親子で行った時、何だか夜、フルーツか野菜が食べたくて

 

コンビニみたいな処で金柑を買って生で齧ったことがある。

 

あれは美味しかったな。今でも忘れられない。

 

母がずいぶん前によく金柑の甘煮を作っていた。

 

のどに良いのよ、と言っていた気がする。

 

丸い実を活かした感じで煮るのは、ずっとそばに付いていて

 

見守らないといけなくて手がかかるのよと話していた。

 

韓国で良く冷えた金柑を生で食べて以来、生が一番、という

 

感じがするなぁ。宝石みたいにおいしかった。

 

韓国では焼き肉とかキムチとか多くて、サッパリして、

 

おいしいねぇと夜、ホテルで母と2人で感激したことを忘れない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



おいしいジャム。

今日はショップチャンネルでデンマーク産のいちごジャムが

 

SSVだった。1年4か月ぶりで前回は9時の段階で売り切れたので、

 

価格をお安くしました、と担当の方が話しておられた。ホントに

 

おいしそうで、パンを焼いて、バターを塗り、ジャムを乗せたら

 

幸福だよね、と思ったら、欲しくなった。今日は同じブランドで

 

ブルーベリージャムも本日価格だったので注文しておいた。

 

7月初旬から下旬にかけて出荷されるという。気付くのがおそかった

 

から、きっと7月下旬になると思うな。

 

明治屋の「マイジャム」というのが好きなんだけど、それよりも

 

おいしいかもしれない。

 

又さーっと音がして雨が降ってきた。今日は雨の降りやすい気圧配置

 

なのかな。今の雨はしとしと、という風情で、さっきの本降りの雨と

 

ちがう。大地を潤す雨。生きとし生けるものを育む雨。優しい雨です。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



お豆腐を買いに。

今日は駅ビルにお豆腐を買いに行った。

 

雨は今にも降りそうだったけど、

 

幸い雨が降る前に帰って来れた。

 

バスはそれほど混んでいなくて

 

冷房が効いていて快適だった。

 

大好きな人たちに逢って、すこし話しをして

 

月曜からまたがんばるエネルギーをもらった。

 

父が「五穀七福」というパン屋さんでパンを買うというので

 

電話で予約しておいた。「つぶつぶあんパン」を3つと

 

私の「五穀豊穣パン」を1斤。このあんぱんは大きくて、

 

「五穀七福あんぱん」というのは小ぶりなんだけど、

 

雑穀が入っているみたいだよ、というと、父が僕は

 

大きい方が好きだな、と答えた。

 

新鮮なお豆腐で「麻婆豆腐」を作ると中華料理店で食べるより、

 

ずっと美味しいのでは、というほど味わい深かった。

 

朝ごはんから、まともな食事をしていなかったので、

 

じっくり五感で味わうような感じで堪能した。

 

最近は雷注意報が出ていたり、カミナリを伴うような激しい雨が

 

降るかもしれないと言いつつ、降らないことが多かった。それでも

 

今日は現実となり、4時半ごろから雨の音が響くような本降りの雨に

 

なった。すこし涼しくなったのが幸いだった。

 

今日は物凄く蒸し暑かったけど、雨が降ってひんやりして、実に

 

心地いい感じになった。恵みの雨というけど、ホントだね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



やりくりをする。

月末まで1500円くらいなんだけど、

 

何とかこれでやりくりできそうだ。

 

ピンチを切り抜けることが出来そうで

 

早くも7月が来るのが愉しみになった。

 

昨日は楽天スーパーセールでサプリを半額で買った。

 

7月のお小遣いは先日、楽天で使った代金を支払うのに

 

回すけれど、それでも足りない分は食費の先付貯金で

 

賄う事になった。こういうのは結構得意なのだ。

 

食費が減るので、やりくりは大変だけど、乗り越えたとき、

 

大きな達成感に包まれる。

 

明日はお豆腐を買うだけなので、駅ビルで買い物するときは

 

現金で払う事に決めた。自分の必要な分だけのお豆腐なら、

 

500円くらいで足りるだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をぎっしり受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ギアを替えて。

カチッとスイッチが入った感じだ。

 

昨日とは違う手ごたえがある。

 

今日が「夏至」という特別な日で、

 

一年のうちで大きな節目だと聞くと、

 

なるほど、と思うなぁ。

 

梅干し雑穀米を炊いて、しそ風味にしたくて、

 

「ゆかり」を振りかけた。これからの季節、

 

梅の風味のするごはんは最高です。

 

けっこう、カレーライスにも中華にも合うよ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



最後のキッス。

沢山届いたマンゴープリン、

 

とうとう残り2つになった。

 

冷蔵庫を見るとさみしい限りである。

 

おいしくてしあわせな日々でした。

 

俳優の保阪尚希さんがプロデュースした

 

「保阪流フィリピン産マンゴープリン」

 

贅沢な味でした。濃厚でホントに味わい深かった。

 

いっぱいあると思っていた時は個数など気にせず、

 

パクパク食べていたけど、あと2個となると、さすがに

 

取っておこうかなと考えてしまいます。

 

部屋の湿度計を見ると55%とそう高くはないけど、

 

今日は風があまりなくて蒸し暑い雰囲気です。

 

外を歩いてもジワーッと汗をかいたよ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



猫のいない散歩道。

最近は蒸し暑いからか、猫に会わないな。

 

サッと通り過ぎるだけでも、今日は良い日になると確信するほど

 

幸運の女神みたいな存在なので、毎日でも逢いたい。見かけるだけで

 

しあわせのおすそわけをもらう。

 

猫を飼っている人は撫でたり、遊んでいる姿、眠っている姿を

 

見るだけで癒されるんだろうな。

 

外で偶然、会う事を期待している私としては、家にいつも猫がいる、

 

というのはうらやましい限りです。

 

姉が猫を飼っていて、抱っこされるのが好きな猫なので、猫の匂いが

 

付いているみたいで、だから猫、寄って来ないんじゃないかな、と

 

話していた。動物は嗅覚が優れているからね。

 

猫に会えない時は、夢の中で、よく猫を撫でています。

 

良い子ね、というと耳をピクピクさせて喜んでる。

 

うれしそうな顔をします。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



残りわずか。

父と2時頃、牛乳を買いに行くと、

 

お天気の良い土曜日、クルマでまとめ買いする人が多いようで、

 

棚の向こう側が見えるほど、在庫は少なかった。

 

育ちざかりの子どもがいるご家庭などが沢山買って行ったと

 

思われる。昨日は平日で、溢れんばかりにあったので、

 

早く行って良かった、と安堵した。

 

お父さん、牛乳少なかったね、というと週末だからね、と答えた。

 

ちょうど今、ケータイクーポンのセール中なので、それもあるかな。

 

私は6本買いたかったし、父が予定を変更して、母の分を4本、買って

 

背負ってきてくれるという。もうすぐ300円分のクーポンが使えるので、

 

どうしても2家族分の牛乳をまとめ買いするときに使いたかった。

 

父は今日、図書館に行く用事の他は特にないというので、一緒に行こうと

 

誘った。お父さんは暑いと言ってショートパンツだったよ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



よそゆきの服を着て。

ちょっとそこまで買い物に行く時、

 

よそゆきの服を着るとテンションが上がるね。

 

外側を変えると気持ちまで明るくなったりするから、

 

連動しているんだな。いつも自分が元気になれる服を

 

選ぶことは大事だね。

 

今日は最高気温が30℃らしくて、風もあまり吹かず、

 

蒸し暑い感じだ。昨日より確実に気温が高い雰囲気。

 

父と歩いたので、また、あのお庭がきれいな家を通った。

 

ワンコインコンサートにお父さんと行ったとき、帰りに

 

「五穀七福」というパン屋さんに行き、お昼は焼きたての

 

パンでごはんにしたよね、というと、父が覚えていないと

 

言った。母以外の家族は大抵の事を忘れてしまうようで、

 

あの時、あんなことがあったよね、というと、よく覚えてるね、

 

と驚かれることが多い。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



とっさの判断。

いつもの店で買い物を済ませ、

 

カートを元の場所に戻そうとした時、

 

小さい男の子が走って店に入ってきた。

 

とっさに、その子はごめんなさい、と言った。

 

ふだんから、そういう風に言うように躾られているんだな、と

 

すごく感心した出来事だった。きっと3歳くらいだったと思う。

 

最近では誘拐されたりしないように大人の人に逢っても、

 

挨拶しないように教育されている子どもが多いと聞く。

 

そういう中で、きちんと、こんにちわ、と挨拶できたり、

 

とっさにごめんなさい、と言えるのは偉いよね。

 

私もごめんなさい、と言ったし、異口同音に男の子もそう言った。

 

なんだか気持ちが良いな、と嬉しくなった瞬間でした。その後、

 

その子のお父さんと思われる人がゆっくり店に入ってきた。

 

後ろ姿に良いお子さんですね、と言いたくなった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



暑かったね。

今日は暑かったね。最高気温は29℃の予想だった。

 

実際にそれ以上だったかもしれない。

 

それでも通り抜ける風は爽やかで心地よかったな。

 

汗をたくさんかくと良いのは夜のお風呂が最高に

 

気持ち良いことだね。今から楽しみで仕方ない。

 

愉しみで愉しみでワクワクする。

 

しかも今日は金曜日なのだ。

 

「石井ゆかり先生」の「来週の空模様」という

 

来週の星占いの更新がある。ドキドキするなぁ。

 

何て書いてあるんだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



氷を食べるのが好き。

家で紅茶やコーヒーをアイスで愉しむとき、

 

最後に残った氷をカリカリ噛んで食べるのが好き。

 

昔から、凄く好きなのだ。なぜだろうなぁ。

 

気持ち良いからかな。愉しいからかな。

 

そういえば、変わってる、とよく言われるけど、

 

実はかき氷を食べたことがない。父と妹がすごく

 

おなかが弱いタイプで家族で行こうか、という話にならなかった。

 

それから、京都はかき氷が有名な処が多くて、そういう特集の

 

雑誌も何冊も買ったけど、京都に行く時は父も一緒なので、

 

あんなにおなかが冷えそうなもの、食べたいとは言い出せなかった。

 

大好きな趣里ちゃんがかき氷大好きだそうで、きっと涼しくて、

 

おいしいんだろうな、と憧れている。食べたことないから余計、

 

素敵なものに感じるんだろうな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ひとつで良かった。

愛用しているあたらしく買ったライゼンタールのリュックと

 

ミニトートのセットが本日価格で安くなったとき、2種類

 

買おうかと思った。でも、ひとつあるしな、と思い直した。

 

チャンスは何度でも来る。「いまでなければいつ」ということは

 

ないのだなぁとつくづく思う。

 

ライゼンタールのリュックは折りたたんで運べるところが最高に

 

優れている。トートバックも小さくなり、それに生地も丈夫で

 

とても使いやすいのだ。

 

先日、父と買い物に行った時、折りたたんでリュックを持って行った。

 

あとは母と京都のお茶会に行った時、帰りに梅を買うつもりであったので、

 

リュックを折りたたんでバッグに入れて行った。凄く役に立った。

 

何ていうんだろう、使い始めると、使う毎に素晴らしさを再確認するね。

 

持っているだけだと、実際どうなのか、よくわからない。一度と言わず、

 

何度でも、いろんなオケージョンで使ってみると良いだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



歩く姿は百合のよう。

朝のテレビの園芸コーナーで

 

今は百合の季節だと話していた。

 

カサブランカというのは物凄く大きい鉢なんだね。

 

母が一番好きな百合の花だ。

 

まーおじさんという今は亡き、母の弟が庭いじりが好きで、

 

山荘でよく自生する山百合などを見て、眼を細めていたのを

 

懐かしく思い出すなぁ。焚火をしたり、朝、掃除したりしていた。

 

歩けなくなったときにお見舞いに行き、また山荘に行って、

 

焚火出来るといいね、というとウン、と答えて微笑んでいた。

 

一緒に山登りに行ったり、旅行したり、仲の良い弟だったから、

 

自分より先に亡くなったことが母はショックだったようだ。

 

お見舞いに行った時、良く来る母の事は見ないで、子どもが

 

母親を追うように、じっと私を見ていた。赤ちゃんの時から

 

かわいがっていたから、なつかしかったのでしょう、と母が

 

しみじみ語っていた。あの頃はリハビリを一生懸命やっていて、

 

まさか、あんなに速く天国からお迎えが来るとは思わなかった。

 

まーおじさんには弟がいて、彼は若くして、この世を去った。

 

つまり、母にはもう弟がいないということになる。母は6月に

 

結婚したのだけど、そのすぐ後に弟のみっちゃんが亡くなって、

 

父に嘆き悲しんでいた、とよく聴いた。みっちゃんの死因については

 

母は思い出すのもつらいらしく、あまり語らないそうである。いまだに

 

私は何で亡くなったのか知らない。事故か病気だと思うけどね。

 

今は大好きな祖母と一緒に天国にいて、愉しい日々を過ごしているだろう。

 

若い時に亡くなった祖父もいるから、尽きぬ話をしているかな、と思う。

 

まーおじさんの二男は病気で最近亡くなったが、きっと子どもの時の、

 

一番かわいかった姿で天国にいるだろう。

 

命の蝋燭の長さは神のみぞ知るという。

 

家族にしてみると、やはり突然、大切な人が奪われるという事実に

 

平静ではいられない。それでも、天国では痛みも苦しみもなく、

 

穏やかな気持ちで余生を過ごしているのだと思うと安心する。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



今日はお家にいたねぇ。

多い時は4匹の黒白の猫がいるお家を通るとき、

 

姿が見えなくても良い子ね、と声を掛けるようにしている。

 

お家の中にいるような時は、家の中から、今日はお家にいたねぇ、

 

というような声が聴こえる。蒸し暑くなると部屋の中の方が快適

 

だろうなぁ。猫たちは毛皮着てるからね。

 

パッとテレビをつけたら、大好きな岩合光昭さんの「世界ネコ歩き

 

ミニ」をやっていた。本当に今日は運が良い。うれしくなる。

 

おやつのマンゴープリンとビスケットを食べた。元気になる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座