季節の変わり目。

朝晩はひんやりして過ごしやすくなった。

 

明日の朝の最低気温が21℃というから、

 

夜は窓を閉めたほうがいいし、

 

日中は汗ばむこともあるとはいえ、

 

季節が確かに秋へと進んだようだ。

 

父は数日前、もう半袖だと寒い、と言ったが、

 

今日は長袖にするには暑い、と話していた。

 

自宅が丘の上なので、帰ってくるときに、

 

丘を上ることになり、そうすると、

 

涼しい恰好でないと、ということになる。

 

それにしても、今年の夏はことのほか暑かったから、

 

エアコンを入れずに過ごせる、というのは

 

物凄くうれしいですね。身体も喜んでいるのがわかる。

 

電気代もグンと安くなるだろうな。

 

季節の変わり目は風邪を引いたり、熱を出したり、

 

夏の疲れが出やすい時期です。お身体どうか大切にね。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられて、

 

今日があると思うので、ほんとうに感謝しています。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をぎっしりと受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



連休最終日。

連休最終日となった。

 

あいにく曇り空だけど、

 

昨日は晴れて良かったね。

 

今日はずっと楽しみにしていたことがあり、

 

9月17日になるのを指折り数えて待っていた。

 

土曜日に雨の中、母とでかけ、買い物をすませたので、

 

それがすごく楽だったな。

 

天気予報で、秋雨前線はないのだけど、

 

雲の帯みたいなのが日本列島にかかっていて、

 

それが雨を降らせる、と説明していた。

 

まだ4時だとは思えないほど暗い空だ。

 

こういう日は街灯が早く点く。

 

9月は連休が多いんだね。

 

今週に続けて、来週も秋分の日で、

 

翌日が振り替え休日で月曜、休みになる。

 

星占い的には、折り返し地点の節目となるようだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



曇り空の向こうには。

雨や曇りの日、空が真っ暗ではないのは、

 

厚い雲の向こうから太陽が輝いているから。

 

それはすこし救いのような気がする。

 

今日は晴れではなかったので、

 

幾分、涼しいような気がする。

 

それが良かった、と喜んでいる人も

 

多いんじゃないかな。

 

父が昨夜、音楽会の帰り、

 

神戸牛すき焼き用のお肉を買ってきてくれた。

 

300g持ってくるときは、野菜料理作ってよ、

 

一緒に食べよう、という時だ。

 

両親の分も買ってきて、これはきみにあげる、という。

 

大盤振る舞いだな、と思った。

 

すこし高級なすき焼き用の神戸牛は、

 

なかなか自分では買えないので、

 

ほんとうにうれしかった。

 

神戸牛すき焼き風、というのは

 

牛肉100gに対して、減塩醤油(醤油)、料理酒各大さじ1入れて、

 

フライパンで焼いたものだ。

 

すき焼き用のお肉は大きめなので、

 

切らないで、そのまま焼くとハッピー感がある。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



敬老の日。

今日は「敬老の日」だそうだ。

 

ホントは9月15日なんだけど、

 

ハッピーマンデーというので月曜になった。

 

連休最終日、晴れたら良かったけど、

 

空模様ばかりはどうしようもない。

 

きのう、樹木希林さんの訃報を聞いて、

 

とても悲しい気持ちになった。

 

神さまは、最期のとき、

 

この人を痛みや苦しみから解放してあげよう、と

 

命の蝋燭を吹き消すそうだ。

 

これ以上は耐えられない、と判断したとき、

 

そうすると聞いたことがある。

 

私が祖母を亡くしたのは14歳の大晦日だった。

 

一緒に食事をしていて、祖母が牛乳を飲んでいた時、

 

誤嚥したのだった。すぐに近くの内科小児科の私のかかりつけ医に

 

来てもらったが、病院に搬送したほうがいい、という判断だった。

 

私も病院に行きたいと両親に頼んだけれど、元気になって、

 

帰って来るから待っていなさい、と言われた。

 

私は素直なので、きっと、元気に戻ってくると信じていた。

 

そうしたら、大晦日に訃報を聞いた。

 

生きている間に、もう二度と会えない、という悲しみは

 

引き裂かれるようにつらかった。涙が枯れるほど泣く、という経験を

 

したのも、あの時が初めてだった。

 

祖母は病気はあったけれど、比較的元気で、いつも一緒にいたので、

 

ほんとうに悲しかった。

 

樹木希林さんの訃報を聞いて、ご家族の悲しみを想った。

 

ご家族は毅然としておられる、と聞いた。

 

中々できることではない。

 

樹木希林さんのご冥福を心からお祈りするとともに、

 

ご家族、関係者のみなさまに、限りないお慰めとお恵みと御救いが

 

ありますように。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



傾向と対策。

以前はじゃがいも料理が好きだったが、

 

今は殆ど作らないことに最近気付いた。

 

北海道のじゃがいもがお得な時に、

 

一度に5個とか買っても、

 

野菜庫の中で芽が出ている。

 

おととい母がじゃがいもが必要だ、と言ったので

 

冷蔵庫に眠っていた10個ほどのじゃがいもを

 

芽を取り除いて渡してきた。

 

北海道出身の人がじゃがいもと言えば、

 

何と言ってもメークインより男爵、と話していたけど、

 

私も味わい深さがちがうような気がするな。

 

メークインは確か、煮崩れしにくいように

 

品種改良されたものだったと思う。

 

ホロホロ煮崩れたときの感じも好きなのだ。

 

それで、どういうときに、じゃがいも料理をよく作っていたか、

 

思い出してみたら、両親と毎回、一緒に食事していた頃だ。

 

肉じゃがとかカレーとかリクエストが多かったので、

 

よく作ったような気がする。

 

両親はすごくじゃがいもが好きなのだ。

 

私は嫌いになったわけではないけれど、

 

例えば、ポテトサラダとかジャーマンポテトがあると、

 

ごはんは食べないので、それが残念な感じがある。

 

たまに食べると、じゃがいももおいしいのだが、

 

それによって炭水化物が重なるのを避けるために、

 

大好きな雑穀米を食べれないのが惜しい。

 

昨日はキャベツを買ってきて、芯を取り、4つ割にして、

 

じゃがいもを出したスペースに入れた。ピッタリ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



眠くて。

今日もとても眠い一日だった。

 

よくわからない夢をたくさん見る。

 

どういう意味があるんだろう。

 

起きてしばらくは何だろう、と考えるけど、

 

そのうち忘れてしまう。

 

深い意味はないのかな。

 

愉しい夢を見て、笑っているような感じで、

 

眠りに落ちたときは、質の良い睡眠がとれるなぁ。

 

夏の名残で、曇りの日も何となく、レースのカーテンを閉めていた。

 

海も空も見えないし、小鳥が来ても気づけない。

 

それに、なんだか、気持ちが滅入ることが多い。

 

それで、まだ夕方なので、カーテンを開けてみたら、

 

パッと視界が拓ける感じがした。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をひしひし感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



雨や曇りの日は良く眠れる。

友だちが以前、

 

雨の日や曇りの日は良く眠れる、と手紙に書いていた。

 

静かだから、眠りを誘うのかもね。

 

私は逆に、眠れない、ということが

 

ほとんどない感じだなぁ。

 

9月も半ばになり、

 

今日は天気予報で、

 

週末から週明けにかけて、

 

また少し気温が上がります、と話していた。

 

夏服はまだ必要なようだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



うっかり八兵衛。

きのう、シャンプーを使い切り、

 

中をきれいに洗い、容器を乾燥させておいたのに、

 

お風呂に入る前に、詰め替え用を入れる、というのを

 

すっかり忘れていて、お風呂の中で焦った。

 

詰め替え用のシャンプーは一袋は洗面台の中に

 

いつもは入れているんだけど、それもなかった。

 

ありがたいことに、母の美容院で買うシャンプーが

 

あったので、それを使った。

 

髪にやさしい、という特別なシャンプーで、

 

中々使い心地良かった。

 

お風呂上りに、急いで、玄関物置から、

 

シャンプーを持って来て、詰め替え用を入れた。

 

それに水を足して、お風呂に置いておいた。

 

ストックも2袋ばかり、洗面所のストックを入れる棚に

 

入れて置いた。

 

失敗があるから、この次から、こういう事がないように、と

 

反省して、次の手が打てるのだと思うと、ムダなことは

 

ないような気がする。

 

母のシャンプーがあって、救われたような想いでした。

 

もしなかったら、と思うと冷や汗ものです。

 

ありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



思い出したように鳴く蝉は。

昼間、思い出したように鳴く蝉がいる。

 

夏とちがい、あ、鳴いてるな、と思うと、

 

すぐに鳴き止むのだ。

 

もう、蝉の命の終わりの方かもしれない。

 

今年の夏は本当に暑かった。

 

一度、涼しくなり、過ごしやすくなり、

 

そのまま秋になるのか、と思ったら、

 

また暑くなって、大変だったね。

 

これから秋雨前線の影響で、

 

雨が降りやすいみたいだけど、

 

気温は平年並みになるという。

 

それは何よりですね。

 

暑くて暑くてたまらない、というのからは、

 

解放されるのは、うれしいじゃないですか。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



窓を開けても涼しいとは限らない。

「熱中症指数」というのがあるけど、

 

あれは気温よりも湿度が重要なのだそうだ。

 

雨が降って、気温が低くなると、

 

窓を開けている方が涼しいか、と思うけど、

 

どうも、そうとも限らない。

 

部屋中が湿気でいっぱいになり、

 

何とも言えず、不快な感じになる。

 

雨が降ったり止んだりだったので、

 

窓を開けていたこともあったけど、

 

気温の割に蒸し暑いな、と思って、

 

窓を閉めてエアコンを入れた。

 

今は快適な感じだ。

 

雨が小降りになり、

 

買い物に行けることを心から望んでいる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



お水がたぷたぷ。

お昼を食べる前に麦茶をたくさん飲んだのだけど、

 

その事を忘れて、食後にまたグラスに2杯飲んだ。

 

それからアイスのカフェオレもおかわりして飲んだので、

 

今、胃の中は水分でたぷたぷ。

 

もともと水分はたくさん摂る方だが、

 

それほど暑いわけでもないし、

 

摂り過ぎ、という感が否めない。

 

雨が激しいというのもあるし、

 

今、麦茶を淹れている、というのもあるし、

 

しばらく様子を見たほうが良いだろう。

 

お水と言えば、外食するときに出るお水は

 

冷たくておいしいですよね。

 

水道のお水は、それほど冷たくなくて、

 

おいしいという感じはしないけど、

 

お店では、いつも感激してガブガブ飲んじゃう。

 

今日はそんな感じでした。ハハハ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をひしひしと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



僕は勉強ができない。

麻婆豆腐を作るとき、それまで2食に分けていたのを

 

3食に分けるようになったので、木綿豆腐の減り方がちがう。

 

それなのに、計算ができなくて、日曜に買いに行こうと

 

冷蔵庫を見ると、まだ何丁か残っている。

 

賞味期限があたらしい方が良いし、これはどうしたものか。

 

国語とか英語は得意だったけど、数学とか化学はからっきし

 

ダメだった。その影響もあるのだろうか。

 

いつも同じことを繰り返しているようだと、学習能力が低いとされる。

 

山田詠美さんの本で、「僕は勉強ができない」というのがあった。

 

苦手だとわかっていると、どうしたら克服できるか考えるので

 

意味のない事ではないのだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日は残りを計算しつつ、ほんとうに必要な分だけ買おうと決めました。

 

すこしは成長してゆかないと、何のために生きているかわからない。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



思い通りにしようとしない。

相手は家族やどんなに近しい人であっても他人で、

 

自分の思い通りにはならない。

 

それなのに、こういう風に反応してくれるだろうと期待して、

 

そうでなかったから、がっかりしたり、腹を立てたりすることは

 

あんがい多いように思う。

 

たとえ子どもであっても、別の人格を持つ、一個の人間で、

 

自分の考えを持つ生きものだ。

 

そういう意味では人はムダに期待しすぎる傾向があるのかもしれない。


自分にも反省すべき点はある。

 

今日は父がきっと喜ぶ、と思ったことを、父が喜ばなかったので、

 

すごく意表を突かれる想いだった。

 

おそらく何か考え事をしていて、私の言葉が心地よく響かなかったのだろう。

 

いろいろなことがあるなぁ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



うさぎの跳ねる夜。

満月の夜に、歩いていたら、

 

子どもがお母さんに

 

お月さまの中にうさぎがいるよ、と言った。

 

その方はご近所にお住まいなのだけど、

 

子どもには、そう見えるんでしょうか、と話していた。

 

ちょうど、幼稚園に通うお嬢さんが、

 

言葉をたくさん話すようになった時期だったと記憶している。

 

月を見て、うさぎがいる、と感じられる方が

 

愉しいような気がする。

 

その子どもは先日、郵便受けのところで、バッタリ会って、

 

かわいく、こんにちは、と言った。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



嵐の前の静けさ。

今のところ、晴れていて、

 

明日、25年ぶりとも言われる大型の台風が来ることは

 

にわかには信じがたい空模様だ。

 

風が強い、ということはないのだが、

 

今日は気温が高くなった。

 

大雨と暴風域を連れてくるようで、

 

風速60メートルの風というのは

 

大きな樹をなぎ倒すほどの強さだという。

 

嵐の前の静けさ、とは良く言ったものだ。

 

西日本豪雨でも甚大な被害が出たので、

 

そのようなことにならないことを切に願う午後だ。

 

嵐というのは実際に来てみないと、どういうものか

 

わからないのが怖いところだ。

 

天気予報で言うほど、激しくないかもしれないけど、

 

その時にならないと何とも言えない。

 

明日は午前10時からJRが運休になるみたいで、

 

会社とか学校はお休みかな。

 

もう、飛ばされやすい鉢は家の中に入れたし、

 

母は台風のことを知り、今日、上京したので、

 

大丈夫だと思う。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 



忘却の彼方。

母がiPadの更新のことで、操作したいから、

 

時間が出来たら、連絡してね、と夕方、話していた。

 

すっかり忘れて、お風呂に入っていた。

 

そうだ、待っているんだ、と思った。

 

急いで、お風呂から上がり、用意できました、と父に言うと、

 

今から二人で買い物に行く、という。

 

母は「待ちくたびれちゃったわよ」と笑った。

 

ほんとにすっぽりわすれていた。申し訳なかった。

 

私はたまに、そういうことがある。

 

夜ごはんを作り、食べたら、ホッとして、

 

眠くなっちゃったかな、と思った。

 

明日は色々とやることがあって、

 

慌ただしいかもしれない。

 

朝、来るかもしれないな。

 

ほんとうにすみませんでした。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



雨に唄えば。

イギリスは雨の多い国だが、

 

わりと激しく降っているときに、

 

傘をさしている人がほとんどいなくて、

 

驚いたことがある。

 

背筋をシャンと伸ばして、

 

何事もなかったかのように歩いている。

 

あれはカルチャーショックだったな。

 

私は雨に濡れるのがあまり好きじゃなくて、

 

ぽつり、と降りだしたとたんに

 

傘を開く方なので、よけい不思議だった。

 

いろいろな国、さまざまな文化がありますね。

 

それから、雨はあまりきれいなものじゃなくて、

 

空気中の塵や埃なども一緒に降ってくる、と

 

聞いたことがあるから、雨の日に傘を差さない、

 

というのは持っていないならともかく、

 

あまり、おススメできない。

 

それでも、たまに、みんなが傘をさしているときに、

 

平然と雨の中を歩くと優越感を感じる、という人もいるね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



何を良しとするか。

良かったことを数えようと思う。

 

たとえば、牛乳を買いに行ったら、

 

重かったかもしれないけど、

 

必要にして十分な量の牛乳を買えた、良かった、と考える。

 

物事にはプラスとマイナスの面がある。

 

良く喩えられることで、

 

コップに半分の水があるとき、

 

まだ半分ある、という人と、

 

もうこれしかない、という人がいる。

 

事実は変わらないのに、捉え方のちがいで、

 

見えるものが変わってくる。

 

生きていると、色々なことがあるけど、

 

プラスの面を捉えるようにしたい。

 

良い事日記の良い事がたくさん埋められるような。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



秋雨前線。

秋雨前線が南下して活発になるという予報通り、

 

夕方6時頃に空が暗くなり、

 

雨が降り始めた。

 

明日は一日、傘が手放せない天気になるそうだ。

 

週末にお天気がイマイチ、というのは

 

残念だけど、これで涼しくなるというから、

 

悪い事ばかりではないですね。

 

雨降って地固まる、というし、

 

恵みの雨となるやも知れぬ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



Started Raining

雨の匂いがする、と思った。

 

土が薫り立つのだ。

 

ゴロゴロ、と音がして、

 

サーッと冷たい風が吹き、

 

雨が降り始めた。

 

わりと激しい雨だ。

 

天気予報は当たった、と言えよう。

 

父に雨が降ることがわかったの?と聞くと、

 

雨の匂いがするからね、と確信を持って答えた。

 

ひさしぶりの雨で、すこし気温が下がるかもしれない。

 

シクラメンが咲き、ふたつ、今にも咲きそうな

 

つぼみを膨らませている。

 

お花きれいね、と声をかけた。

 

トタン、トタン、と雨音がしている。

 

父が朝、買い物に行き、「じゃこ天」を買ってきてくれた。

 

たまには、お魚も食べないと。じゃこ天は骨も皮も使っているので、

 

栄養価が高いのです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



雷雨の予感。

ゴロゴロゴロ、というカミナリの音がして、

 

風がサーッと冷たくなった。

 

空はグレーになっている。

 

雷雨になるかもしれない、と思った。

 

午後の落雷の確率、という解析図を見たら、

 

近畿地方は真っ赤だった。

 

それに伴い、激しい雨が降る、という予報。

 

晴れのち曇り、というようなマークでも

 

予期せぬ雨は降りやすい、という。

 

雨が降る前に取り込むことができて、

 

幸運だった、と言えるだろう。

 

雷雨になるまえに、屋上に干している人たちも

 

無事に洗濯ものを取り入れられるといいな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



訃報。

6月に両親がイタリアに行って来て、

 

月末に戻ってきたのだが、

 

毎年そこで、お世話になる方のご主人が

 

7月に亡くなったという。

 

一緒に海の家に行って、

 

水着姿で写真を撮ったりしていて、

 

お元気そうだった。

 

一年半ほど前に大動脈瘤破裂になり、

 

手術を受けて一命を取り留めたそうだが、

 

術後の経過は良好で、まさか、こんなに早く、

 

天国に逝くとは思っていなかった。

 

両親は何かのまちがいであってほしいと

 

思っていたようだが、奥さんからメールが来て、

 

そう書いてあった、という。

 

死因がよくわからないけど、

 

また来年ね、と空港で手を振ったのが

 

最期になってしまった、と悲しそうだ。

 

遺された家族が一番つらいだろう。

 

両親は最近、友だちが具合悪くなった、とか

 

尊敬している方が亡くなった、とか、そういう

 

ニュースばかりで、ほんとうに落ち込むと話していた。

 

それにしても、生きている間に、もう会えない、というのは

 

どうしてこんなに胸が引き裂かれるような想いなのだろう。

 

子どもの私からすると、最後に愉しい思い出が出来て、

 

それがせめてもの天国への置き土産になったようで、

 

良かったと思う。

 

フランチェスコは天国から、いつも奥さんと娘さんを

 

見守っているだろう。

 

ご遺族やお友だちの上に、限りない慰めと恵みが

 

ありますように。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をひしひしと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



山の上には雨雲がモクモク。

母とクルマで帰ってくるとき、

 

山の上を眺めると、黒雲がモクモク盛り上がってる。

 

午後に雨が降る、という予報は当たるだろう。

 

今日はお風呂掃除を念入りにする日なので、

 

お昼の天気予報を見てから、

 

お風呂に入ることにした。

 

朝は涼しかったけど、

 

日中はやはり暑くなった。

 

家に戻り、エアコンを入れた。

 

今日は気温も高いんじゃないかな。

 

いつもの店で、牛乳をたくさん買うのは

 

家でヨーグルトを作るからだ、と説明できたので、

 

すこし肩の荷が下りた。

 

どうしてあんなにたくさん買うんだろう、と

 

言われたことがあったので・・・・・・・

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



暑かったね。

今日は湿度が80%くらいあって

 

ものすごく蒸し暑かった。

 

気温よりも身体に堪える感じ。

 

お掃除の方と、台風一過は

 

晴れてカラッとしたお天気ですけど、

 

今日はちがいますね、と話した。

 

すこし動いても、汗が出る感じ。

 

強い風が吹き抜ける感じで、

 

午後はでかけるので、窓を開けていた。

 

それでも、帰ってきて、汗が止まらないので、

 

窓を閉め、エアコンを入れた。

 

スーッと身体が楽になったことは本当に

 

忘れられない。

 

今日はホントに水かぶったみたいに

 

汗かいたので、すこし汗が引くまで、

 

涼しい風に当たっていた。しあわせ。

 

その後のお風呂がこの上なく、気持ち良かったことは

 

言うまでもない。

 

夜ごはんも今夜は特別においしくて、笑顔になった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



最後の一葉。

キャベツなどを買ってから、

 

食パンと卵を買おうと、

 

すぐ近くのいつもの店に向かった。

 

運が良い事に、食パンは最後の一斤だった。

 

卵は近所の店で、広告の品、198円というのは

 

売り切れた様子だった。お店にあったのは

 

238円だったので、いつもの卵にしようと決めた。

 

今はケータイクーポンの割引セールで、もともとの

 

卵の税込み価格も安い。きちんとした卵で安心・安全なのだ。

 

冷凍してある食パンもあるのだけど、あたらしいものは

 

本当にフレッシュな味がする。有難かった。

 

玉子は昨日、ゴーヤチャンプルーに2個使ったら、

 

残り2個しかなかった。

 

近日中に、ヒレカツをする、となると、卵は必要だ。

 

今日は荷物が少なかったので、買おうと思った。

 

セール期間中は、物凄い売れ行きで、私が午後に

 

行った時に、食パンが売り切れ、ということもあり得た。

 

最後の一斤が残っていて、どれほど、うれしかったか

 

わからない。ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



空が泣くから。

今日は雨が降りやすい気圧配置みたい。

 

空が泣いている、と感じる。

 

悲しいことがあったんだね。

 

天使や女神さまも、

 

ありがとう、という言葉より、

 

お願い事が多くて、天国の天秤は

 

釣り合いが取れない、という話を聴いたことがある。

 

もっともっと、空に向かって、ありがとうと

 

言わないと、困っちゃうみたいよ。

 

たとえば、今日ものすごく蒸し暑かったけど、

 

雨が降る前に帰って来れたのは守られていたからなんだね。

 

ありがとう。おかげさまです。

 

台風の影響で、電車止まってるかもしれなくて、

 

音楽会行けないと思ってた。無事に行けて、楽しんできて、

 

濡れることなく、帰って来れた。ほんとうにありがとうね。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられて、

 

今日があること、心から感謝申し上げます。

 

ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



温帯低気圧に変わった。

台風20号が温帯低気圧に変わった。

 

それが雨雲を引き連れているらしくて、

 

全国的に大気の状態が不安定で、

 

雨が降りやすい空模様だという。

 

今日は運が良い事に、午前中から

 

お昼すぎまででかけたのだけど、

 

雨は降らなかった。

 

家に戻るとき、空がグレーになっていて、

 

今にも雨が降りそうで、湿度がこの上なく

 

高かった。まとわりつくような暑さの中、

 

汗だくになって帰ってきた。まもなく、

 

激しい雨が降った模様。今も雨が降っている。

 

明日は屋上に洗濯ものが干せると良いな。

 

今日、洗濯しなかったので、洗濯ものが

 

たまっている。

 

台風一過はさわやかな抜けるような青空しか

 

想像していなくて、すこし驚いている。

 

天気予報が愉しみだな。良い方に変わる

 

可能性を秘めている。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をひしひしと受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



夏が戻ってくる。

桜が咲くのが例年より一週間から10日早かったり、

 

梅雨入り、梅雨明けが早かったりした年は

 

8月の終わりから9月にかけてやってくる

 

台風も10日ほど前倒しで来る傾向があるそうだ。

 

今日の夜から気温と湿度が高くなり、

 

また熱帯夜になるという。

 

私は二つの台風が連続して来るのは

 

しょうがないと思うけど、

 

台風一過の青空が待ち遠しいなぁと心から願う。

 

大阪の最高気温も明日から34℃とか35℃になるようで、

 

秋が来た、と喜んだのも束の間、暑くなるそうです。

 

もうちょっとの辛抱ですね。

 

これさえ乗り切れば、秋がやってくる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



Not Yet

今朝は天気予報と朝ドラを見る為に

 

一度起きたんだけど、どうしても眠くて、

 

もう一度眠った。

 

窓を開けると、外はひんやりしていて、

 

実に気持ち良かった。

 

昨夜、ひさしぶりにエアコンを入れずに

 

眠ることができたので、その心地よさを

 

もっと味わいたい、という感じかな。

 

珈琲を淹れたりもしていたので、

 

朝ごはんは10時すぎになった。

 

それでも、今日は出来る事なら、

 

スポーツジムに行こうと決めていた。

 

郵便局とバナナを買う、というのもセットで。

 

すべて順調にこなすことができて、ほんとうに

 

感謝している。

 

朝ごはんはおそかったけれど、1時すぎに

 

ちゃんとお昼も食べてでかけた。

 

いつもは忘れない麦茶を持って行かなかったのは

 

非常に大きな反省材料になった。

 

のどが渇いてつらい、と思った。

 

そういう風に感じるときは、もう脱水状態だ、とも

 

聴くので、気温が低くなってきても、用心しないと。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



子犬や子猫のように。

夜、大切な人と愉しく話をしていて、

 

子犬や子猫や赤ちゃんみたいに、

 

突然眠ってしまうことがある。

 

すごく話が盛り上がっていたりするのに、

 

ほんとうに申し訳ない、と心からすまなく思う。

 

大人の人は、ふつうは、そういう眠り方は

 

しないのだろうし・・・・・・

 

すこし部屋が暑くなってきた。

 

室温を見ると28.5℃とある。

 

まだエアコンを入れるほどではないな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座