珈琲飲みたか。

父のお見舞いから帰り、

 

ホッとしていたら、なぜか急に

 

珈琲が飲みたくなった。

 

カフェインの摂りすぎは良くないと聞いて、

 

ふだんは朝だけにしているけれど、

 

今日はどうしても飲みたかった。

 

最近は甘いものを食べると歯が痛くなるので、

 

チョコレートは我慢した。

 

カフェオレだけでも満足感はある。

 

それにしても、今日は行きに父の大好物の

 

「よもぎあんこ餅」を買って行ったのだけど、

 

想像していたほどの美味しさではなかったみたい。

 

病院という非日常で、手術後で今は流動食と全粥、という

 

ふだんとかけ離れた環境で過ごしているからかな、と話していた。

 

明日の朝の珈琲も淹れて、部屋の中はアロマでしあわせな薫りに

 

満ちています。父もそれがこよなく好きだという。来週の火曜に、

 

病院で母と一緒に栄養士さんから退院後の栄養指導を受けます。

 

珈琲はこれくらいなら飲んでも良いですよ、と言われるといいなぁ。

 

ただでさえ、大好きなお刺身を、もう食べないと決めたのだから、

 

珈琲まで取り上げられたら、気の毒に思う。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



食事に行こうよ。

父の病院にお見舞いに行くと、

 

退院したら家族で快気祝いしたいという。

 

手術の結果がわかるのが、5月のゴールデンウィーク明け

 

なので、その頃かな、という話になった。

 

ふだんは家で私がレストランピーチをして、

 

手料理でもてなすけれど、特別においしい店に行きたいという。

 

一度行った事がある、港の方にある展望の良いホテルの

 

レストランも良いな。フルコースのランチ。

 

父はそこが気に入ったので、同窓会の幹事になったとき、

 

そこを利用したほどだ。あのレストランは素敵だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

父の誕生日が5月15日、葵祭の日で、その頃には

 

今後の治療方針などもわかるので、楽しみにしています。

 

手術で患部の盲腸と検査のために摘出した小腸と大腸の一部。

 

3,4週間かけて詳しく検査して、リンパの方に転移がないか

 

調べるそうです。それがわかってから快気祝いでいいね、と

 

いう話になった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



フルコースみたいに。

今日の夜ごはんはボリュームがあった。

 

玉ねぎが大きかったし、にんじんも大ぶりなので、

 

中華丼も麻婆豆腐もいつもより多め。美味しかった。

 

それと納豆だけでも良いのに、今日はスープを作ったので、

 

それもよそった。「ごぼう巻」を炙ったのだけど、お皿に

 

入れなかったので、忘れていて、あとで慌てて食べた。

 

満腹だ、と思った。腹八分目が良い、と言うね。健康長寿の為には。

 

ごぼう巻を食べたら、もう納豆の入る余地はなかった。

 

たまには、そういうこともある。今日はがんばったので、

 

まぁいいかな、と思った。セロリを入れたトマトスープは

 

味が複雑でコクがあった。じゃがいももたくさん入っていた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



スープごはん。

鶏手羽元のトマトスープを作ったので、

 

今夜はスープごはん。

 

中華丼の玉ねぎ半分と人参1本が大きかったので、

 

春キャベツは外側の葉っぱ2枚にしたけど、

 

食べごたえがあった。

 

それにしても、今日は玉ねぎ10個を258円で買えたので

 

すごく安心したのだった。それから、キャベツも選んだ

 

から、明日は行かなくていい。

 

近くの店では毎月半ばから月末まで、ケータイクーポンの

 

セールをやるのだけど、今年はゴールデンウィークまで

 

開催するみたいで、始まりがおそいようだ。まだ案内が来ない。

 

母に牛乳を買うように頼まれて、母には3本買ったので、

 

しばらく安心だなぁと思う。自分の分は2本と低脂肪を

 

1本買った。欠かせないおやつが日清の「ココナッツサブレ」

 

【発酵バター】なのだけど、今月お買得になっていて、

 

今日は在庫がたくさんあったので、5袋買っておいた。

 

あとは母が【トリプルナッツ】というのが好きだ、というので、

 

それも2つ買っておいた。あとは卵かな。

 

食事の時間までおなかすいたときの心強い味方。

 

残りわずかだったので、今日買おうと決めた。

 

食料品のOFF率は5%なので、300円のクーポンを使うのが

 

一番お得。ミルクを6本買うなら、使ってもいいな、と思った。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日もお天気が良くて、結婚式も見れて、うれしかったな。

 

バナナとか必要なモノ、ぜんぶ買えたのも何より。

 

明日は父のお見舞いなので、帰りにお豆腐を買うだけ。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



おいしすぎるランチ。

今日のランチは思いがけず、

 

ボリュームがあるものになった。

 

「豚の生姜焼き」にはキャベツの千切りが合う。

 

刻むだけだから、つけようと考えた。

 

千切りのつもりが、太めのざく切りになる。

 

「春キャベツ」は柔らかくて、おいしかった。

 

昨夜作ったゴーヤチャンプルーがあるので、

 

それも温めて食べた。あっさりしていた。

 

それだけでも野菜は足りるような感じだが、

 

春キャベツ半分、千切りにしたので、栄養価アップ。

 

それから、鶏手羽元のトマトスープも一皿分、

 

片手鍋で温めた。豚の生姜焼きには今まで、

 

みりんを使ったことがなかったけれど、

 

ためしてみると、グンと味わい深くなる。

 

これは、おススメです。昨日、シェフのひとわざ、

 

というので「豚の生姜焼き」を紹介していたので、

 

ヒントにしました。その作り方では、豚ロース肉を使い、

 

パイナップルジュースを使っていました。お肉が柔らかく

 

なるそうです。今では子どもたちも大好きで、パパ、

 

あれ作って、とリクエストの嵐とか。ためす価値はありそうです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



鉄の中華鍋、礼賛。

鉄の中華鍋を使うと、鉄分が摂れる、と母に聞いた。

 

テフロンのフライパンは焦げなくて便利だけど、

 

そういう効果はない、という。それで愛用するように

 

なった。すこし油を使わないといけないけど、

 

それにより、鉄が良い感じに艶々になる。

 

もっとも肉を焼くときは脂があれば油を入れる必要はない。

 

栄養学でも油を摂る必要性は叫ばれているが摂りすぎも注意だ。

 

鉄の中華鍋は高価なものを選ばなくても中華街や道具街に行けば、

 

ほんとうに驚くような価格で手に入れることができる。蓋は

 

持っているもので間に合うから、持っていない場合はひとつ、

 

買うことをお勧めする。男性でも女性でも、鉄分は重要で、

 

料理することで摂れるのであれば、一石二鳥ではないだろうか。

 

使い込めば使い込むほど、愛着が湧いてくるから、不思議だ。

 

プロの料理人がプロデュースした商品である必要はない。

 

手頃な価格で手に入るものと、大した差はないからだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



小人が踊る。

おなかすいてくると、小人が

 

『おなかすいたマーチ』を踊るように思う。

 

どういう感じかな、と想像していたんだけど、

 

先日、これだ、という映像があった。

 

「半分、青い。」で主人公のすずめちゃんが

 

子どもの時に左耳が聴こえなくなり、

 

それをみんなに説明するために、

 

小人がダンスする装置を幼馴染の律といっしょに作った。

 

あれを観て、あぁ、これこれ、と思った。

 

忘れられない場面だ。

 

耳が半分、聴こえなくなる、というのは悲劇なのに、

 

耳の中では小人が踊っている、という表現。

 

愉しいんだよ、というけなげな姿。

 

たぶん、この物語が終わっても、ずっと

 

人々の記憶に残るだろう。名場面だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日は母がお見舞いに行くことになりました。

 

父はまだ、絶食で、点滴だけ、水分補給だけなので、

 

歩く訓練はしているみたいですが、おなかすいて倒れそう、

 

と母に電話してきたみたいです。わかるような気がします。

 

父は食欲が強い方で、いつもお昼は12時まで待てない

 

ほどなのです。はやくごはん食べれるといいな。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



豚の生姜焼き。

『豚の生姜焼き』はいつも300gぐらいの切落としを買い、

 

3食分まとめて作るようにしている。母は100gずつに

 

小分けにして冷凍するようだが、焼いてあれば、

 

冷蔵庫に入れて、食べるときに温めれば済む。

 

生姜焼きの作り方は、みなさんご存知だと思いますが、

 

私のレシピを書きますね。豚もも切落とし300gは

 

味をつける30分くらい前に常温に戻しておく。

 

冷凍してある場合は前日から冷蔵庫で解凍する。

 

今の季節は気温が高いので、常温で戻すと

 

食中毒の危険があるそうです。ご注意を。

 

お肉300gには、減塩醤油(醤油でも可)、料理酒各大さじ2。

 

みりん大さじ1。生姜のすりおろし又は生姜のチューブ、

 

又はジンジャーパウダー多め。よく揉み込んでおく。

 

漬けてから30分くらいで焼く。箸でさわりすぎると、

 

焦げ目がつかず、香ばしくない仕上がりになると土井善晴

 

先生が話していました。すこし、そのままにすると、良い感じで

 

焼き色がつきます。お醤油の焦げた感じが、とてもおいしいです。

 

一般家庭では箸でさわりすぎて、色が悪い焼き肉や生姜焼きが

 

多いと先生はおっしゃっていました。プロのコツですね。

 

野菜を先に食べると血糖値が下がるので、キャベツの千切りでも

 

添えると立派なおかずになります。最初の一口、野菜を食べるだけで、

 

大丈夫なので(実証VTRを見ました)ぜひ、トライしてね。お肉が

 

美味しそうなときは先に食べたくなりますが、ベジタブルファースト

 

することで、血糖値はその後8時間ぐらい、低い状態をキープするので、

 

おススメです。何を最初に食べるかなんて、どうでもいいじゃないか、と

 

父などは不機嫌になりますが、大事なのだそうです。ご参考までに。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



じゃがいもはビタミンCが豊富。

じゃがいもはビタミンCが豊富だと聞いたことがある。

 

今日はお昼ごはんにスープもつけたいな、と

 

鶏手羽元のトマトスープを一人前だけ温めた。

 

カットトマト缶と塩コショウだけなのに、あの旨味。

 

父がこよなく愛していて、週に2回は作るのもわかるような気がする。

 

五目中華丼と麻婆豆腐とトマトスープだったので、すごく元気出た。

 

それにしても、手術のあとは、しばらく浴衣が必要とのことで、

 

母はレンタルしよう、と話していた。祖母のものがある、と聞くと、

 

父がそれを東京から持って来てくれ、と頼んだらしく、今日は

 

それを着ていた。紫の柄のすこし変わった浴衣。きっと、祖母も、

 

すべてのことがうまくいくように力を貸してくれたことだろう。

 

祖母は小柄だったので、腕がにょきっと出るけど、似合ってるわよ、

 

と言われて、父は笑顔だった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

おばあちゃんもお父さんを守ってくれて、ありがとう。恩に着ます。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



カプリチョーザ。

今日は母と病院の帰り、

 

レストラン街に行った。

 

行こうね、と話していた店は改装中で

 

4月26日にリニューアルオープンするという。

 

それで、どこがいいかな、とぶらぶらしていたら、

 

カプリチョーザのところで止まった。

 

ピザがすごく美味しそう。トマトとチーズの

 

マルゲリータ、というのは父の好きなものだ。

 

それにしよう、2人で半分こしよう、ということになった。

 

クリスピータイプのミラノ風の薄いパリパリした生地で、

 

母はナポリ風のパンピザよりも、こちらの方が好きだという。

 

東京に住んでいたとき、仲良くしていたイタリア系のアメリカ人の

 

女性はナポリ出身なので、パンピザが好きだ、と話していた。

 

足りなかったら、またオーダーできますか、というと、

 

大丈夫だという。手術が終わったのが2時すぎで、それから、

 

執刀医から摘出した部位を見せてもらったり、ICU集中治療室で

 

面会があったりして、カプリチョーザに着いたのは3時頃だった。

 

お昼には変な時間ねぇ、と母がしみじみ言う。ホントホント。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



筍ごはん。

きのう、両親が夜に「筍ごはんを炊いたから、

 

ごはん食べに来なさい」と連絡してきた。

 

夕方のうちに言ってくれないと、

 

そのつもりで準備していない。

 

電話がかかってきたときは、

 

もう夜ごはんを済ませたところだった。

 

筍ごはんをもらいに、タッパーを持って出かけた。

 

父は凄く元気そうだった。体調は良い、という。

 

筍ごはんは今回、糯米を入れて炊いて、おいしく

 

できた、と満足そうだ。味わうのが愉しみだな。

 

ほうれん草のおひたしがあったので、それに

 

鰹節と醤油をすこしかけて頂いた。春の美味だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



珈琲の薫り。

珈琲の薫りにはアロマ効果があると思う。

 

何ともおだやかな気持ちになる。

 

2日に一度、珈琲を淹れるけど、

 

毎回、イイ匂いだなぁとうっとりする。

 

今日は珈琲を淹れながら、ひさしぶりに歌を唄った。

 

気持ち良かったな。

 

朝、父の部屋に行くと、珈琲を淹れたところで、

 

美味しい薫りが充満していた。父は喫茶店のご主人に

 

習ったそうなのだけど、珈琲を淹れるには、なるべく、

 

それ専用の、先の細いやかんが良い、と聴いて、

 

そういうものを選んだ。それで、ものすごく時間をかけて

 

珈琲を淹れるので、父の珈琲は本格的なのだ。

 

姉妹は遊びに来ると、お父さんの珈琲というのを

 

リクエストするほど、その味には定評がある。

 

明日から入院ということなので、しばらく珈琲は飲めなく

 

なるけれど、また退院したら、きっと愉しめるようになるだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



御影公会堂のオムライス。

父が今日は遠出をして、

 

帰りに御影公会堂の前を通ったので、

 

なつかしのオムライスを頼んだみたい。

 

3年くらい前に行った時には、代が変わったようで、

 

ソーセージなどが入っていて、味が濃くて、美味しくなかった、と

 

ガッカリしていたけど、また先代のレシピに戻ったみたい。

 

薄味で、量も少なめで、ちょうどよかった、と満足そう。

 

母が今日は映画を観に行ったんだけど、父のお昼に、と

 

野菜炒めを作ってくれている。それを食べると栄養のバランスも

 

とても良いだろう。

 

郵便を見に行ったら、父が雨に降られたよ、と言いながら

 

帰ってくるところだった。タイミングが良い。

 

週に2回は作るシチューのためのトマト缶と豆の缶詰を

 

「業務スーパー」でまとめ買いしてきたみたい。

 

4月30日まではトマト缶が59円と普段より20円ほどお得。

 

クルマで行ける店もあるので、チャンスがあったら、

 

宝探しに行かれると面白いと思う。

 

牛乳とか野菜とかお肉も冷凍食品も、かなりお安い。

 

「ほうとうの麺」も冷食であって、美味しかったな。

 

予報よりも早く降りだした雨は、鉛色の空を連れてきました。

 

元気にしていますか。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



胡椒の大きな瓶。

今、欲しいなぁと思っているのは

 

胡椒の30gの詰め替え用がそのまま入る大瓶だ。

 

先日、近所の店で見たら、250円くらいだった。

 

小さなボトルはよく98円とかでセールになるけど、

 

大瓶は定価販売みたいだ。

 

胡椒の詰め替え用を小さいボトルに入れて、

 

残りをパチンと挟むクリップで留めて

 

スパイス入れに入れて置くと中身がすごくたくさん

 

零れるので、何とももったいないと思うのだ。

 

近いうちに「業務スーパー」にカットトマト缶などを

 

買いに行くみたいなので、その時、クルマに乗せてもらって、

 

胡椒を買っても良いなぁ。チキンブイヨンも買いたい。

 

最近、CMを見たんだけど、4月30日までトマト缶は59円らしい。

 

ふだん79円くらいで買っている。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ウェルカムディナー。

母が東京から戻る、というので

 

父からレストランピーチの予約が入っていた。

 

長距離、新幹線で移動すると、疲れるのだそう。

 

今日はご飯作るの大変だから、お願いね、という。

 

まかせといて、とハンバーグディナーにした。

 

母は帰ってきたとき、着替えることもままならないほど、

 

疲れ果てていたけど、手作りのハンバーグで蘇ったみたい。

 

すごく元気になった。すこしも残さずにペロリと平らげた。

 

「上げ膳、据え膳で悪いわねぇ」と言いながら、

 

とても両親が満足したようで、うれしかった。

 

お皿洗いも、食洗機におまかせしたので、楽ちんだった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



手作りハンバーグ。

両親は永い事生きているので、

 

ハンバーグが絶品、というような洋食屋さんには

 

何度も行った事がある。それでも、そういう店よりも

 

私が作る手作りハンバーグがおいしい、と笑顔だ。

 

こんなに簡単な料理はない、と思うほどで、捏ねたり、

 

切ったり、混ぜたりするだけなので、いつでも大歓迎だ。

 

父が玉ねぎが一番好きな野菜なので、炒めずに生のまま、

 

みじん切りの玉ねぎを入れている。そこが普通とちがうかな。

 

最初に合挽肉300gを使い捨てのゴム手袋で捏ねておく。

 

そこでしばらく置くことで、脂身と赤身がほどよく混じり、

 

おいしくなるのだ、と料理教室で学んだ。プロのコツです。

 

それから塩コショウ、ナツメグ多め。それで混ぜて、

 

玉ねぎ大1個のみじん切り、卵1個、パン粉適宜(多めの方が

 

おいしい)を入れて、まんべんなく混ぜます。玉ねぎの方が

 

合挽肉より多いので、最初はすこし手間取るけど、それで、

 

混ざったら、ピタピタラップして、冷蔵庫で寝かせる。

 

一人100gの合挽肉で300gは作りやすい分量。

 

これで6個の厚みのあるハンバーグができます。

 

片面4分ほど蓋をして、油を引かないで焼きます。

 

ハンバーグを焼く30分前には種を冷蔵庫から常温に戻しておく。

 

にんじんのグラッセやシャキシャキブロッコリーはあらかじめ

 

作っておく。温かいのがごちそうなので、ハンバーグを焼きながら、

 

作っても良いでしょう。野菜の茹で汁は栄養価も高いので、

 

捨てないで、スープに再利用します。わかめスープが手軽。

 

お麩を足して、ボリュームアップ。塩コショウして、最後に

 

胡麻油を垂らします。

 

洋食のときは、ごはんをパン皿などに盛ると、雰囲気が出るし、

 

食洗機にもかかりやすい。ごはん茶碗より美味しく感じました。

 

不思議ですね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



新じゃがの美味しい季節。

「新じゃが」のおいしい季節になった。

 

野菜が安くなる日に店に行き、大きな新じゃががあると、

 

いつも3つくらい買う。カレーとかトマトスープには

 

じゃがいもを入れないこともあったけど、あれが入ると、

 

料理として完成する部分もあり、欠かせないな、と思う。

 

友だちの旦那さんが北海道出身で、煮崩れないという意味で、

 

「メークイン」は人気だけど、味は絶対、「男爵芋」なんだ、と

 

話していると聞いた。今は鹿児島とかの新じゃがが入荷する

 

事が多い。それでもたまに、北海道帯広の「マチルダ」という

 

じゃがいもがお買い得品になることもあり、それもよく買う。

 

味が濃くて、とてもおいしい男爵だ。以前、「ベイクトポテト

 

【マチルダ】」というのを取り寄せたことが数回あり、

 

こんなにおいしいじゃがいもがあるんだ、と目からウロコだった。

 

近所でも稀に手に入るので、見かけたときは買うようにしている。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日は収穫の多い日で、感謝しています。

 

朝からトマトスープ作ったので、今日のごはんはスープ付き、と思うと

 

とっくりとうれしくなるのです。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



憧れのシチュー。

いつも父が週に2回ほど作り、

 

廊下中においしそうな薫りを振りまいているシチューが

 

憧れだった。きのう、買い物の際に、鶏手羽元を買ってきて

 

もらったので、今日、念願かなって作ってみた。

 

じっくり煮込んだだけあって、とてもおいしかった。

 

塩コショウだけで味をつけたとは思えない旨味。

 

お昼の天気予報で、午後は本降りの雨、と話していたけど、

 

雨は降ったり止んだりみたい。今日の雨は一時的で、明日と

 

あさっては晴れる、という。お洗濯日和になるといいな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



買い出しベイベー。

今日は両親が行くと一割引きになる店があり、

 

そこで色々、一週間分くらい、タンパク質を買ってきてもらった。

 

豚こま切れ300g、アンガスビーフ(豪州産牛肉)172g、じゃこ天2袋、

 

それから鶏手羽元8本。〆て1022円だった。一割引きは大きい。

 

それでも近所の店で鶏むね肉とか買いたいものがあるので、

 

あとで行こうかな、と考えている。良いものがあるといいな。

 

今日のお昼は中華丼と麻婆豆腐とアンガスビーフのすき焼き風。

 

おなかすいてきちゃった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

父は塩サバ定食みたいです。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



柑橘系。

「新物の柚子茶」を飲んだ。

 

瓶を開けたとたんに、すごくフレッシュな薫りがして、

 

ほんとうに味わい深かった。そうでないものもあるので、

 

ちがいがよくわかる。

 

柚子茶をためしたのは初めてではないけれど、

 

堪能できるようになったのは今年から。

 

それまでは、余命幾ばくもない、という方に差し上げたり、

 

お隣の方にプレゼントしたりして、自分では飲まなかった。

 

そういう意味では、柚子茶の良さを知らなかった、といえる。

 

お正月などにおせち料理を作って、すこし柚子を刻んで入れるでしょう。

 

柚子茶は柚子たっぷりなので、最後はスプーンで掬って味わう。

 

これがもうたまらないのだ。八朔のような柑橘類がフルーツの中で

 

一番好きなので、そういう美味しさに満ちていると思う。

 

おそらく、季節の変わり目で、朝晩の気温差が大きかったり、

 

暖かい日がつづくかと思うと、寒い日が来たり、という中では

 

風邪予防にも絶大な効果を発揮することと確信している。

 

個人的には甘すぎるイメージだったけど、それはお湯に溶くときに

 

どれくらい入れるかで調節できる。私はスプーン大盛り一杯くらいが

 

一番好きかな。今日は濃い目で、と思うときは、多めに入れる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

あまり柚子茶には縁がないと思って生きてきて、今年の2月に

 

「新物の柚子茶」と「Jノリツグさんの柚子茶」の出会いが

 

ありました。その日、テレビを観なかったら、買わずに

 

スルーしていたはずです。すべてのことに感謝します。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



おやつにはこれ。

今日はいつもの店に行き、ぐるっと店内を回ると、

 

何と「おやつにはこれ」と欠かせない「ココナッツサブレ」

 

各種が「今月のお買い得」になっていた。「発酵バター」

 

というのが特に好き。棚にあった3袋をまとめ買いした。

 

これは4つに小分けされていて、1パック食べると、

 

それだけでリッチな感じで満足感がある。

 

今日はお昼抜きで出かけてしまったので、

 

帰ってきたときはヘトヘトだったけど、

 

これをひとつ食べたらホッとした。

 

このままお風呂入れて、入ってから、ごはんにしよう、と

 

思った。そういう意味ではココナッツサブレに救われた、と言える。

 

家には全然在庫がなかった。買い物を整理する前に、パクリと味わう。

 

ほんとうにおいしい、と感動した。ありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ヨーグルト狂想曲。

母が友だちから菌を分けてもらって、

 

自家製のヨーグルトを作るようになるまでは、

 

毎回スーパーでまとめ買いしていた。

 

市販のヨーグルトはきっちり固まっていて、

 

美味しいのだけど、プラスチックの容器がたくさん出る。

 

それに毎回のことになると、コストもかさむ。

 

自家製のヨーグルトは毎朝、スプーンを熱湯で煮沸して掬い、

 

「成分無調整」の「牛乳」を入れて、またかき混ぜて、

 

陽のあたる場所に置いて発酵させる。気温が低かったり、

 

お天気がイマイチだったりすると、あまりしっかりは固まらないけど、

 

自分で作る楽しさはある。今は「ヨーグルトメーカー」も色々

 

発売されていて、それでも、上手にできるそうですね。

 

家ではジャムの空き瓶で毎回、ヨーグルトを作っていますが、

 

ヨーグルトメーカーでも、とてもおいしくできるのだろうと確信します。

 

たぶん、機械の方が毎回、むらなく、上手にできるのでしょう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

たまに牛乳をまとめ買いすると、いつもの店でびっくりされますが、

 

家ではヨーグルトを作るために、普通の家庭より、たくさん

 

牛乳を消費するのです。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



珈琲専門店のおからクッキー。

今日は澤井珈琲から、いつもの珈琲豆が届いた。

 

2セット買うと、パティシエが作った

 

珈琲専門店の「おからクッキー」がおまけで付いてくる。

 

ちょうど母が部屋にいたので、ハイキングに行くとき、

 

みんないつも楽しみにしているんでしょと渡した。

 

母はうれしそうにニコニコしていた。

 

Sさんというのは母の友人だけど、一緒にIKEAに行った時、

 

ホットドックとソフトクリームは食べたけど、何一つ

 

買わなかったので、凄いなぁと驚いたことがある。

 

一緒に行動しても、やはり、ほとんど買い物はしないそうだ。

 

物を増やさないようにしている、とのこと。中々できないことだ。

 

それで、ハイキングに行くときは、いつもSさんと一緒なので、

 

応援したい気持ちと一緒に、クッキーを渡してね、と頼んだ。

 

旦那さんが病気になり、それから、亡くなって、ずいぶん

 

しょんぼりしている、と話していたけど、にぎやかでカラフルな

 

IKEAに行くと、買い物をしなくても愉しめる、一人でも来るわ、と

 

ほんとうに喜んでいた。母より若くて、健脚で、歩くのはホントは

 

速いんだけど、母のスピードにいつも合わせてくれるそうだ。

 

そういう人はなかなかいない、と母がいつも感謝している。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



今夜はうな重。

夜ごはんは鰻にするけど、

 

いっしょにいかが、と母から電話があった。

 

願ってもない。凄く元気になるんだよね。

 

そういえば、網膜剥離で手術したことがあるけど、

 

手術の前の日、特別メニューでうな重だった。

 

すごくうれしくて、メモか何かで、ごちそうさまでした、

 

美味しかったです。明日の手術がんばります、というようなことを

 

書いた記憶がある。調理スタッフさんからは特にお返事はなかったけど、

 

届いたんだと思う。あれは何度思い出しても、うれしかったな。

 

手術は予想よりも時間がかかり、痛みも強く、ハードなものだったけど、

 

病院のスタッフの心遣いには感謝している。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



イイ匂いだなぁ。

植木の水やりをしたり、トレーニングしたりしてから、

 

お昼ごはんだったので、食事は2時ごろになった。

 

洗濯ものを持ってきた父が「イイ匂いだなぁ。お昼が

 

おそいじゃないか。」と声をかけた。父は鼻が利くのだ。

 

両親はお昼においしそうなうどんを食べていた。だから、

 

お肉の香ばしい薫りがしても、特にコメントしなくても

 

差し支えない。それでも、あんまり美味しそうだったので、

 

イイ匂いだなぁと言わずにはいられなかったみたい。

 

「食べ物を粗末にしない」ということを小さい時から

 

叩き込まれてきた両親には、古くなった林檎を捨てる、ということは

 

どうしてもできないことだったみたい。1月にりんご園から届いて、

 

クローゼットに置いてあり、忘れかけていて、先日、切ってみたら、

 

中が真黒になっていたので、もうだめだな、と思って、今日ゴミの日に

 

出したのだった。それを父が見咎めて、拾って、母がジャムにしたみたい。

 

糖度が高く、お砂糖を入れなくても、おいしいジャムになった、と話していた。

 

私はジャムを作るのが得意なので、捨てる、という選択肢のほかにも、

 

生かす、という意味で自分でジャムを作ることもできた。食べもののない時代に

 

育った人にとっては、残す、とか捨てるというのは、ありえないらしいのだ。

 

すんでのところで救われた、とはいえ、申し訳ないことをしました。丹精込めて

 

林檎を育ててくれたりんご園の方にも、心苦しい想いです。ごめんなさい。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



雪国まいたけの青汁。

毎朝の習慣として、「青汁」は欠かさない。

 

「雪国まいたけの青汁」「大麦若葉の青汁」

 

「500億個の乳酸菌雑穀青汁 絶好CHOO」を

 

ローファットミルクでそれぞれシェイクして

 

朝ごはんの前に頂く。体調はおかげさまで、

 

とても良いみたい。

 

以前、各社に御礼状を書いたところ、ありがたいことに

 

お返事を頂いた。自分がこれらの商品を選んだことも

 

偶然ではないのだな、と深い縁を感じる。ありがとう。

 

おかげさまです。

 

「雪国まいたけ」さんからのお手紙で、オンエアは今日、と

 

書いてあった。欠かさずにチェックする。今日はお買い得。

 

まとめ買いする人が多いだろう。

 

健康に良いから、なんとなく飲んでいる、という人より、

 

これを飲むようになって健康になった、と実感している人の方が

 

効果は出やすい感じがする。感謝の気持ちが守る力を強くする、と

 

本にも書いてあった。きっと、その通りなのだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



料理三昧。

昨晩、ヒレカツを作ったとき、

 

これは一家団欒の時に作ったほうが

 

よかったのではないか、と思った。

 

完成したのが8時すぎだったので、

 

両親の夕食にはおそすぎた。

 

それで、今日は病院での診察や診断結果の報告などが

 

思いのほか時間がかかり、父も母も何もする気力が

 

残っていないようだった。

 

最悪の場合は、食べないで帰ってくるということもありえた。

 

それで、ヒレカツ8枚とシャキシャキブロッコリー、

 

わかめスープを置いておいた。

 

私は昨夜と今日のお昼、堪能したので、父が元気でるように。

 

それから、パンプキンサラダを最近、たくさん作ったことを

 

思い出して、タッパーひとつ、半分の量を持って行った。

 

父はこれがこよなく好きなので、うれしかったみたい。

 

母はかぼちゃを買うことがあるけど、パンプキンサラダは

 

絶対に作らない。私の手料理、というのは父の元気に

 

なるみたいなので、がんばろうと思った。

 

それで、今日は思い立って、「きんぴらごぼう」も作った。

 

今作っているところ。料理三昧は集中できて、あたまが

 

真っ白になって、愉しい限り。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



今夜はヒレカツ!!!

今夜はヒレカツを作る。

 

受験などの時に、よくカツを作り、

 

縁起を担ぐと聞いたことがある。

 

そういうわけではないけど、元気になるよね。

 

ホントは「とっておきディナー」のために

 

冷凍しておいたのだけど、そういうのをすこしずつ、

 

今は自分のために料理して、本番の予行演習をしたい。

 

豚ヒレ肉は調理する30分くらい前に冷蔵庫から出して置く。

 

1センチほどの厚さに切り、塩こしょうする。

 

それから、小麦粉、卵、パン粉をまぶして揚げる。

 

個人的にはとんかつには「とんかつソース」と「ケチャップ」が

 

一番おいしくてパワーもらえる感じがします。子どもの頃から、

 

父の得意料理だったので、「今日はお父さんのとんかつ」というのは

 

いつもとても楽しみでした。作る様子をそばで見ていて覚えました。

 

豚肉は牛肉や鶏肉にくらべて、ビタミンBが多く、スタミナがつく、と

 

言われていますね。疲労回復にも良いらしい。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

とんかつにはやはり、キャベツの千切りは欠かせないね。

 

おかわりして食べる方ですか。

 

いつもいつもありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



デンマーク産ソーセージ。

「デンマーク産ミニソーセージ」を愛用している。

 

これしかない、と思うほどだ。

 

母と数年前に一緒にイギリスに薔薇を観に行ったときに、

 

ホテルの朝ごはんのバイキングでいつもソーセージが

 

驚くほどあっさりしていて、おいしかった。それで、

 

外国産、というのが味噌なんだな、と思った。

 

国産のものは味が濃かったり、脂っこい、と聞いているので

 

ためしたことはない。良く買い物をするサイトで、沖縄などで

 

人気があるスパムを製造する「TULIP」というデンマークの

 

王室御用達のメーカーが『ミニソーセージ』を販売していた。

 

これはイギリスで食べたものと同じ味がするのではないか、と

 

注文してみると、確かにそうなのである。それ以来、欠かさずに

 

朝ごはんに愉しんでいる。あっさりしていて、すごく元気になる。

 

ストックがなくなり、チーズトーストとバナナヨーグルト、

 

カフェオレ、という朝ごはんになった時期も永かったので、

 

ある時とない時では551の蓬莱ほどに変化がある。

 

今はわりとたくさんあるので、2本、と決めているのを4本にしても

 

いいかな、と思うのだけど、2本で充分なので、増やすことはしない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日は本当に良いお天気。

 

雲が目立つことがあるかもしれません、と天気予報では話していたけど、

 

気持ちが良いくらいの快晴。心まで晴れ渡るようです。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられていることに

 

心から感謝申し上げます。ありがとうございます。おかげさまです。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



手の届く贅沢。

グリコの「ヴァンホーテン チョコレート」は

 

ショコラティエで買うような本格的な味わいだ。

 

12個入りなのだけど、いつも半分とっておこう、と思う。

 

でも、あまりにおいしくて止まらない。

 

チョコレート専門店でこのような味のものに

 

遭遇したことがあるけど、100円前後でこのクォリティ。

 

いつも冷蔵庫にストックしておきたいです。

 

いつもの店では毎月、「今月のおすすめはこれ」となる。

 

3月のおすすめ商品なのです。ふと見たときに、試しに買ってみて、

 

それからやみつきになりました。特に、大人の方、カフェオレと

 

一緒に愉しむ方には、「ほろにがココアの香りと余韻」の方を

 

おすすめします。〜180余年の伝統〜世界が認めるヴァンホーテン、と

 

書いてあるだけのことはあります。

 

それにしても、父が10日ほど入院していて、胃腸の不調だったので、

 

刺激物やコーヒーなどは封印していたのですが、珈琲はこよなく好き。

 

帰ってきて、どうしても飲みたくて淹れたところ、刺激が強すぎる、との感想。

 

どれほど珈琲が好きか知っているので、明日からココアにする、と言った

 

父の無念さがわかります。珈琲がおいしくない、と思うときは体調不良のとき、

 

体力や免疫力が落ちているとき。またいつか、珈琲が美味しいな、と思えるような

 

日が来ることを切に願います。チョコレートとカフェオレでおやつを味わいながら、

 

そのことを祈りました。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座