笑顔の理由。

今日は何だかニコニコしてしまう。

 

何があった、というわけではない。

 

自然と笑顔になる。

 

たぶん愉しいからかな。

 

鏡の前でする作り笑顔ですら、

 

脳内変換が起き、明るい気持ちになることが

 

証明されている。

 

そういえば、笑って、と言われても

 

愉しいと思えないと、うまく笑えないよね。

 

「笑う門には福来る」というけれど、

 

先に「楽しい」という気持ちがあり、

 

それに「楽しくなるようなこと」が追いかけてくる、と

 

本に書いてあった。「引き寄せの法則」らしい。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今日は水曜日だねぇ。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



覚悟を決める。

気象庁が「長期高温注意情報」を発令し、

 

7月中は、この暑さはおさまらないという。

 

数日我慢すれば何とかなる、ということではない。

 

でかけないといけない用事もあるし、

 

ずっと涼しい家の中にいる、というわけにもいかない。

 

覚悟を決めるしかないな、と思う。

 

季節を問わず、汗をかきやすい私ですが、

 

こう暑いと、これでもか、と汗をかく。

 

それでも、それはむしろ爽快な感じで、

 

お風呂に入ってサッパリすると、

 

身体に良いような雰囲気だ。

 

汗をかくことが嫌いじゃなくてよかった。

 

世の中には、汗をかきにくい体質の人もいて、

 

この暑さの中、身体の中に熱がこもって苦しいのだという。

 

物凄く熱が高くなってしまって、つらいんですよね。

 

私もそういう時期があったので、わかるような気がします。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



シエスタ。

お昼ごはんのあと、

 

シエスタをした。

 

ぐっすり眠って夢も見なかった。

 

今日か明日に買い物行かないと、と思いながら

 

眠りに就いたんだけど、起きたとき、今すぐ行こう、と閃いた。

 

ニュースや天気予報で、この暑さは7月いっぱい続く、と言われると、

 

もうしょうがないのかな、という気がしてくる。

 

牛乳は重いので、クルマ出してもらうと助かるけど、

 

母は今日は外出していた。

 

パパパッとメモを書いて、

 

必要なモノだけ買おうと決めた。

 

本当に汗だくになったけど、

 

今日がんばって行ってよかった。

 

目に見えない大きな力が背中を押してくれたおかげだと

 

感謝しています。感謝感激雨あられ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をひしひしと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



待てば海路の日和あり。

バスをしばらく待つことになるとしても、

 

バスで帰るつもりだった。

 

あまりに暑い時、雨が降っている時などは

 

タクシーやバスに乗る人は多いという。

 

歩きたくない、と思うからかな。

 

バス停は、この人たちが全部乗ったら、

 

バスは超満員になっちゃう、と思ったけど、

 

行き先がそれぞれちがって分散したので、

 

それほどでもなかった。

 

バスはあまり冷房が効いていなかったけど、

 

すこしのあいだなので、大したことはない。

 

坂道を登って炎天下、帰ることを考えたら、

 

バスはありがたい、という気持ちで

 

いっぱいになりました。

 

乗るとき、いつも感心するけど、

 

あんなに大きいバスを運転するのって

 

普通の人にはできないよね。

 

角を曲がるときとか、おぉーって思う。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



がんばってよかった。

きのう、駅ビルに買い物に行ったら、

 

カゴを直す係りのOさんに

 

「暑い中、ご苦労さまね」と言われた。

 

天気予報で危険な暑さと話しているけど、

 

昨日はどうしても行かないといけなかった。

 

3軒回って、汗だくになったところだったので、

 

何だかすごく救われた感じがした。

 

毎週日曜に、そこに行くのだけど、

 

私は以前、一緒に働いていて楽しかった

 

思い出のあるOさんに逢い、というのもある。

 

日曜は一番いそがしい日で、ほとんど話せない日もあるから、

 

きのうはうれしかったな。

 

「帰りも気を付けてね、ホントに暑いからね」と言われて、

 

なんて嬉しい日だろう、と感謝でいっぱいになった。

 

Oさんが凄いのは、かなり坂道のある駅から遠い場所に

 

住んでいるのだけど、電車とかバスを使わずに、

 

健康のため、と歩いて往復していること。

 

出勤の時間は暑いだろうし、中々できることではない。

 

土日祝日に最寄駅のそばでお会いしたことがあり、

 

買い物は近所の店に、妻とリュックを背負って、

 

いつも来るんです、と話していた。

 

Oさんの住むところからは片道30分以上かかるし、

 

坂道だ。それでも、自分が元気なのは、この仕事のおかげ、と

 

いつも笑顔なのだ。素晴らしいと感動する。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



どんどん良くなる。

傷口に薬をつけたり、

 

ハンドクリームをこまめにつけて、

 

マッサージするのは有効みたいで、

 

手がどんどん良くなってきた。

 

数日前を思い返すと夢のよう。

 

自分が手入れしている、という以上に、

 

目に見えない力とか自然治癒力にも

 

大きく支えられていると思うので感謝したい。

 

こんなことひとつとっても、

 

守られているなぁと思うと、

 

ありがとうという気持ちでいっぱいになる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



しあわせのありか。

しあわせかどうか、という基準は

 

人それぞれなんだろうと思う。

 

今、しあわせだ、と感じれば、

 

満ち足りた気持ちになるし、

 

何かが足りない、足りないことを数えると

 

不平不満の顔になると思う。

 

生きてゆく上で、

 

すべてが思い通り、という人は

 

いないだろうと思う。

 

結局、物事の捉え方で

 

おなじものでも見え方が変わってくる。

 

いろいろなことがあるけれど、

 

私はあなたがそこにいてくれるだけで、

 

しあわせだなぁと思う。

 

いつもホントにありがとう。

 

どんなに感謝しても足りないけれど・・・・

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



失敗は成功のもと。

発明王のエジソンは失敗すると、

 

うまくいかない方法を発見した、と言ったそうだ。

 

「武田双雲先生」の本に書いてあった。

 

失敗する、ということは

 

挑戦した結果、得られたことであり、

 

その反省から、次に生かすことができる。

 

常に安全策を取り、リスクを冒さなければ、

 

失敗することはないが、挑戦もしない、ということになる。

 

あたらしい道が拓かれない。

 

先月、買い物しすぎて、反省したので、

 

今月は、生まれ変わったような感覚で生きている。

 

クレジットカードで買い物するたびに

 

「覚え書き」にメモするのだけど、

 

その量が今月はすごく少ない。

 

すこしは成長できたのかな、と思うと、

 

失敗することから学ぶことも多かった、と気付く。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



我慢しないでエアコンを入れる。

ほんとうに暑くなって来ているので、

 

部屋の中でも我慢しないで

 

エアコンを入れることが大事だという。

 

ベランダの植木の水やり、

 

それから、部屋の掃除などが終わるまでは

 

午前中は窓を開けていた。

 

掃除機をかけて、室温を見ると30℃。

 

珈琲を飲むと身体が冷えるので、

 

それほどでもないかな、と思ったけど、

 

エアコンを28℃で入れることにした。

 

一番心地いい風が来るのが

 

パソコンのあたりみたいで、

 

一日中、これ以上低く設定することないな、と思う。

 

宮澤賢治の詩に「アメニモマケズ」というのがあります。

 

「暑さの夏はオロオロ歩き」と書いてあるのは

 

真実だなぁと思います。

 

どうか炎天下にいるときは日陰を選んだり、

 

帽子をかぶったりしてね。

 

水分補給も忘れずにね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



お金の心配がない。

お金の心配がないと、

 

心がおだやかでいられる気がする。

 

それは何もたくさんある、という意味ではなく、

 

必要な分はある、というニュアンスかな。

 

6月にたくさん買い物をしてしまったため、

 

今月はカードの明細は驚く金額だった。

 

此処から幾ら出せる、というのがあっても、

 

足りない分をどうするか、考えないといけない。

 

現金で買い物するのにくらべて、カードは買い物した、

 

お金を使った、という感覚が希薄なので、気をつけないといけない。

 

来月以降は、同じことが二度とないようにしようと決めた。

 

だからかな、今月は、ふだんの買い物でも、幾分、ひかえめだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



また今度ね。

愛用している商品が今日、特別価格になった。

 

今月のカードの明細は、まだ出ていなかったけど、

 

6月に買いすぎたという事実があり、

 

どうしても同じ轍を踏みたくない、という気持ちがあり、

 

また次の機会にしようと決めた。

 

不思議とサッパリしている。

 

大事なことは、何かうまく行かなかった原因がわかるとき、

 

その事を反省して、二度と同じことがないように努力する

 

ことではないかな、と思う。

 

おかげさまで、食事をすこし減らしたら、効果が出てきて、

 

体重はすこしずつ減少している。私にとっては大きな成果だ。

 

母にも、こういうつもりで、がんばるんだ、と言えたので、

 

満足している。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



深呼吸の必要。

気持ちを落ち着けたいときは

 

深呼吸すると良いという。

 

人は気付かないうちに、

 

呼吸が浅くなっていることが多いと

 

ある本に書いてあった。

 

呼吸、というのは今すぐにでも

 

意識して変えることができるので、

 

効果的なのだそうだ。

 

息を吸って、ゆっくり吐く。

 

息を吸って、ゆっくり吐く。

 

それから空を見るのも

 

自律神経を整えるのに良い、と

 

医師の方が話していた。

 

夜は空、というわけにはいかないと思うから、

 

天井でもいいんじゃないかな。

 

生きていると、色々なことがある。

 

深呼吸を大事にしよう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

今、抱えているつらいことが、

 

すこしでも楽になりますように。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



気持ちを落ち着けて。

珈琲を淹れる、

 

ヴィヴァルディの「四季」を聴く。

 

私にとっては開運アクションだ。

 

心がおだやかになり、

 

スーッとしてくる。

 

ホントはね、食事をすこし減らして、

 

こうしたいんだ、みたいなことを

 

母に報告したかった。

 

今日はiPadの教室で使い果たしたみたいで、

 

ケータイには出なかった。

 

ぐっすり眠っているだろう。

 

珈琲の薫りがして、

 

とても優しい気持ちになる。

 

母の部屋に行けば、聴いてもらえると思うけど、

 

疲れているだろうな、と感じるので、

 

今日は遠慮しておく。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



きれいになったね。

部屋がきりり、と片付いて、

 

いつもの景色が変わって見えるような午後だ。

 

何となく積み重ねた本も、

 

何が置いてあるのか

 

わからないことも多く、

 

今日は片付けているうちに、

 

ものすごく重要なものも見つかったので、

 

宝探しみたいだな、と思った。

 

「毎日がときめく片づけの魔法」という

 

近藤麻理恵さんの本に

 

片づけは「短期に、一気に、完璧に」と書いてあった。

 

部屋で過ごす時間は長いので、

 

そこをどういう風にするか、というのは

 

大切なことだなぁとつくづく感じる。

 

そうかぁ、今日は「片づけ祭り」をやったんだな、と嬉しくなる。

 

これはほんの序の口で、これからが本番だと思う。

 

私は自宅で仕事しているので、

 

きれいになった、この状態をキープしたいし、

 

写真でわかりやすく説明してあった

 

「洋服の畳み方」も極めたい。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

あとでやろう、と思うなら、

 

最初に取り掛かると、突破口が開けます。

 

時間的には、そう長い事かかりません。

 

片づけた後の爽快感は、

 

他のことでは味わえない感覚です。

 

ぜひ、ためしてみてください。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



光合成をして。

豪雨のあとは、すこし元気がなかった植物が

 

梅雨明けのあと、盛り返してきた。

 

おそらく、毎日の水やりの他に、

 

お天気が良いので、光合成できている、

 

ということが大きいように思う。

 

あまりに激しい雨で、枯れたり萎れたりしたものもある。

 

ペチュニアとシクラメンは内側に、

 

あまり燦々とは陽が当たらない場所に置いたら、

 

それが良かったみたい。生き生きしている。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ひさしぶりに郵便が来た。

大雨のあいだ、郵便の配達はお休みだった。

 

待てど暮らせど郵便は来なかった。

 

今日はポストに見に行くと、

 

郵便が入っていた。うれしかった。

 

全国で大雨による被害が出て、

 

宅急便や郵便にも遅れが出ているという。

 

まだ救出を待っている人もいて、

 

被害の全容は明らかになっていない。

 

死者や行方不明の人は増える一方だ。

 

一人でも多くの方が無事に救出されるように

 

心から祈るのだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をひしひしと受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



モノに話しかける。

冷蔵庫に「勝手に氷」という機能があり、

 

大変便利している。

 

麦茶を急速に冷やすのに、

 

もうすこし氷がハイピッチで欲しいのだけど、

 

いつもありがとうね、頼りにしていますよ、と声をかけた。

 

きのう、シクラメンが咲いて、

 

きれいね、かわいいね、と声を掛けたら、

 

今日もう一つつぼみをのぞかせた。

 

植物は言葉を持たないけれど、

 

人が何を話しているかは

 

わかる、というのは真実らしい。

 

水にも良い言葉をかけると

 

きれいな結晶になり、

 

そうでない言葉を浴びせると、

 

ぐしゃぐしゃになる、という本がある。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



言葉はいらない。

今日の買い物は安否確認というのもあった。

 

カゴを直す係りの方が住んでいる地域は

 

土砂崩れの危険が迫っている、とあった。

 

レジのOさんに今日もし会えたら、

 

今回の大雨でも無事だった、とわかる。

 

日曜は一番仲が良かった人に逢いに行くのだけど、

 

今日はどうしても会って挨拶したいと思っていた。

 

カゴを直す係りは今日も大忙しで、

 

大丈夫でしたか、というような会話は

 

出来なかったけれど、笑顔で挨拶出来て、

 

ほんとうに救われる想いでした。

 

彼は前立腺の癌だから、いつお迎えが来ても良いんです、と

 

話していたことがあり、いいえ、120歳まで元気に

 

長生きしますよ、と答えたことがある。

 

レジ係のOさんは笑顔で、汗かいたね、と声をかけてくれた。

 

どんなに安心したかわからない。

 

今日は計り知れない大きなギフトをもらった気がして、

 

安らぎを得られた日曜日でした。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



僕、無事だったよ。

昨日、降りしきる雨の中、

 

ひらひらと舞う黒アゲハがいた。

 

どこかで濡れた羽を休めて、

 

また乾いたら、元気に飛べるように祈っていた。

 

今日は近所の方に笑顔で話しかけられた時に、

 

見覚えのある黒アゲハが

 

「僕、無事だったよ」というかのように

 

そばで舞っているのが見えた。

 

ほんとうにうれしかった。

 

心震える想いだった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



Sleep Well

午前中、やや睡眠不足なためか、

 

朦朧としてきた。

 

梅干しごはんを炊くまでがんばって、

 

それからぐっすり眠った。

 

ごはんさえ炊けていれば、

 

おかずは冷蔵庫にあるので安心だった。

 

父が無事に帰ってきたようで、

 

行ってはいけない、と言われても

 

好奇心の強い父なら、川を覗きこむことは

 

容易に想像できた。

 

途中から、あまりに雨が激しくなったので、

 

図書館には行かず、引き返して帰ってきたそうだ。

 

良かったと思う。守られているなぁと感謝した。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



決戦は金曜日。

ドリカムの歌で「決戦は金曜日」というのがある。

 

一週間のうちで、何曜日が一番好きですか。

 

私は金曜日かなぁ。

 

毎週金曜の夜に、「石井ゆかりさん」の

 

「来週の空模様」という一週間の星占いが

 

更新されるので、楽しみにしている。

 

それから、週分けの食費のスタートの日が

 

金曜日なので、なんだか週末だけど、

 

始まりだな、という感じがすごくする。

 

この大雨の影響が野菜の価格とかに波及しないと

 

いいなぁと願う。空模様ばかりは自然の猛威で

 

コントロールできないけど、農業というのは

 

台風とか大雨にダメージを受けるもの。

 

いつも野菜を料理するとき、買う時に、

 

朝から晩まで畑で耕してくれる方々の

 

存在を想うと、ありがたくて涙が出そうです。

 

雨が降らなくても、また問題だけど、

 

悩ましいところです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



バランスボールをして。

珈琲を淹れるときに、

 

待っている間、

 

バランスボールをすることに決めている。

 

汗びっしょりになり、中々楽しいのだ。

 

体幹を鍛えられる、と聞いて

 

自宅でもやりたいと注文したのだ。

 

オブジェになっていて、あるだけで

 

殆ど使わない時期も永かったが、

 

ある日、もったいないな、と思って

 

やり始めたら楽しかった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



すずめが舞い降りる。

昨日、父と歩いていたら、

 

サッとすずめが舞い降りた。

 

いつもすずめちゃん、と声をかけてしまう。

 

かわいかったな。

 

「幸福の青い鳥」という童話があるけど、

 

私たちの青い鳥はすずめのような気がする。

 

特別な縁を感じる。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



父と歩けば。

子どもの時とちがって、

 

大きくなると別々に行動するようになる。

 

昨日は一緒に病院に行くことになっていたのだけど、

 

母が先に行くか、と聞いた。

 

滅多に一緒に歩くこともないので、

 

一緒に行きたい、と答えた。

 

それで父が着替えて降りてくるまで待って、

 

行きも帰りも一緒だった。

 

約一か月、旅行していたこともあり、

 

並んで歩くのはひさしぶりだった。

 

父はやはりがっしりしていて、安心感がある。

 

蝶々を追いかけて野山を駆け回った、という話を聴いたが、

 

この蝶々は此処にいる、というのがあるそうだ。

 

食草によって、生息域がちがうらしいのだ。

 

そういう話も非常に面白かった。

 

雨が激しくなってきた。

 

昨日は雨に遭わずに帰って来れたのは

 

幸運以外にないのだろう。

 

守られているな、と思った。

 

今日も郵便局に行ったり、買い物したりするのに、

 

クルマ出してもらうことになっているので、

 

それは凄く助かるな、と感謝している。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられていることに

 

心から感謝いたします。ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



スケジュールを組む。

今日は夕方、でかける、というような時は

 

朝起きてからどう過ごすか、

 

大まかなスケジュールをたてると

 

快適だろう。

 

家で仕事しているような人は

 

食事とかお風呂とか掃除などが

 

仕事の合間に入り、

 

きっちり分ける、というのが

 

なかなかむずかしいように思う。

 

だから、大体何時ごろまで仕事、とか

 

そういう風に集中して取り組むのが

 

良いんじゃないかな。

 

個人的には朝すこし眠かったのだけど、

 

お昼の天気予報までに仕事の目処をつけておくと

 

楽だなぁと思って、スケジューリングしました。

 

優先順位をつけて、仕事する。

 

おススメです。ご参考までに。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



朝いちばんには窓を開けて。

朝、窓を開けて、換気をする、というのは

 

部屋の中に滞留した気を流す、

 

悪い気を外に追い出す、という点で

 

すごく意味のあることだと本に書いてあった。

 

どんなに寒い冬の朝も

 

朝にはまず、窓を開けて

 

空気を入れ替えるようにしていた。

 

空気清浄機ではなくて、

 

窓を開ける、ということが

 

どうやら大事なようなのだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



クロックスいいわねぇ。

母が朝からベランダで大車輪で掃除した。

 

網戸は外して洗ってしまうという

 

アメリカみたいなやり方。

 

昔からそうしていた。

 

窓にもたくさん水をかける。

 

ベランダには水道がないので、

 

私は掃除用の布巾を用意して、

 

それを固く絞って、掃除していた。

 

やはり水をかけて掃除すると、

 

ものすごく綺麗になる。

 

母は何かを発散するように、

 

膝が痛い事も忘れて掃除に集中していた。

 

バケツの水は汲まないといけないので、

 

私が毎回、入れてあげた。

 

クロックスを履いてやったのだけど、

 

たくさん水をかぶっても大丈夫だし、

 

良いわねぇと笑顔だった。

 

それにしても、母はパワフルだなぁ。

 

小柄だけど、どこから、そのエネルギーは来るのか、と

 

驚くことが多い。一方的に話すときなど、口を挟む

 

暇がないほどだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

母のおかげで梅干しも最終段階まで進み、

 

ベランダもあと少しできれいになります。

 

ありがとう。おかげさまです。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



落語を見る。

今日のお昼の上方演芸会は

 

桂福丸くんと桂春雨さんの落語だというので、

 

楽しみにしていた。

 

桂春雨さんの落語は天満繁盛亭に聴きに行ったことがある。

 

自宅でバランスボールをしながら、

 

落語を聴いていたら、汗だくになった。

 

行き倒れの人がいて、その人が自分の住む長屋の隣の人だ、と言って、

 

迎えに行く、という奇想天外な話だったけれど、惹き込まれて、

 

ものすごく集中して聴いた。

 

オペラ歌手の人がちがう登場人物を演じるときに、

 

落語のように向きを変えることで

 

演じ分けているというのを話していた。

 

そうなんだな、と思って見ると、

 

落語家さんもそういう風にしていて、

 

すごく興味深かった。

 

以前、「春雨の会」に伺ったときに、

 

ぜひまたいらしてください、と言われたのに、

 

中々お伺いできなくてごめんなさい。

 

桂福丸くんの落語は元気が良くて、

 

桂春雨さんの落語は品が良くて

 

素晴らしいなぁと思います。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

ご活躍、何よりです。

 

いつも本当にありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



クロックス買ったんだ。

母にクロックス買ったんだ、というと

 

あら、いいわね、と笑顔だった。

 

サイズがわからなくて、

 

それほど足が華奢でもないから、

 

0.5兮腓めにしたら、ピッタリだった、というと

 

運がいいわねぇと歓んでいた。

 

父が手術を受けた病院で、執刀医が

 

クロックスを履いていて、

 

いいなぁと憧れていた。

 

コロンとしたカタチがすごくかわいい。

 

好きなものに囲まれて暮らす、というのは

 

プラスのパワーをためるコツらしい。

 

本にそう書いてあった。

 

そういう意味では、欲しいと思っているときに、

 

クロックス公式サイトで16周年のセールがあり、

 

ほんとうに運が良かった。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



とにかくたくさん本を読む。

世の中に偶然はない、ということなので、

 

ふと手に取った本に書かれている言葉、というのも

 

意味があるのだなぁと思うと、本は偉大だ、と驚く。

 

特にもやもやしているときにサッと光が射すように

 

自分にとって救いとなる言葉が書かれていたりするので

 

本を読むことはかけがえのない喜びだ。

 

最近は落ち込むことが多くて、

 

半分くらいは良い結果でない、とわかっていて、

 

スポーツジムに行くのがすこし嫌だった。

 

それでも本を読んだら、掃除すると運が拓ける、とあった。

 

そういえば、キッチンと洗面所は気になっていた。

 

時間とすれば、大したことはない。

 

気持ちが明るく前向きになるなら、やろうと決めた。

 

きれいなキッチンで調理すると気分が上がる。

 

顔を洗ったり、スキンケアをするとき、

 

洗面所がピカピカだと心まで浄化されるよう。

 

掃除が終わると、結果はともあれ、

 

眼の前のことを一生懸命やればいいんだな、

 

終わりよければすべてよし、と思えた。

 

ふだんは食卓に本を持って行かないし、

 

一日に何度も読むことはない。

 

この本を読みなさい、と背中を押された感じで

 

ページを開くと、知りたいことがたくさん書いてあった。

 

そもそも、この本は、どうしてか、理由はわからず、

 

買った方が良いような気がして注文したのだった。

 

意味のない事なんてないんだな、とわかると

 

何だかうれしくなる。

 

それに自分のとらえ方ひとつで物事は変わる、というのを

 

身を以て体験すると、例えば今、嫌だなぁと思っていても、

 

それをポジティブに変換できたりするから、可能性は

 

無限大だ、と理解する。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

私は本を出版するのが夢なのですが、

 

尊敬する方の本が身近にあると、

 

どういう本にしたいかな、というイメージが湧いてきて、

 

とてもワクワクするのです。

 

生きていると、つらいことがあったり、

 

思い通りにならないことで悩んでいる人は多い。

 

そういう人が私の文章を読んで、また明日もがんばろう、と

 

思えたり、ホッとしたり、癒されたり、そういう存在に

 

なれたら、これほど嬉しいことはありません。

 

毎日数えきれないほどのかけがえのない方々が

 

遊びに来てくれて、2005年当初は趣味で始めたブログが

 

今日まで継続できました。みなさんのおかげです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

どんなに御礼を言っても足りないくらいだけど、

 

それでも、ありがとうと言わせてね。

 

いつもホントにありがとう。

 

愛を燦々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座