3番目に好きな曜日。

金曜日が一番好きで、

 

水曜日が二番目、木曜日は三番目だ。

 

これ、という理由はないのだけど、

 

順番をつけるとそうなる。

 

明日が金曜日、というワクワクからかなぁ。

 

何ていうんだろう、一日がカウントダウンみたいな感じで、

 

次の朝、起きたら、金曜日になってる、という処が

 

好きなのかもしれない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



秋の雨。

朝から、しとしと雨が降っている。

 

気温はグッと下がり、とても過ごしやすい。

 

窓を開けているんだけど、室温も26℃くらい。

 

湿度は60%と雨ながら低めだ。

 

昨夜、ニュースで北海道地震からだいぶ復旧して来て、

 

牛乳もすこしずつ平常通り出荷できるようになったとのこと。

 

安心している人は多いだろう。

 

牛さんも酪農家さんも大変でしたね。

 

私たちは毎日、牛乳を飲まない日はないので、

 

一日も早く、水道や電気が復旧するように祈っていました。

 

あまりのことに、亡くなったり、病気になった乳牛もいた、とのこと。

 

ほんとうに可哀そうで、なんて言葉をかけてあげればいいか、わかりません。

 

北海道からのじゃがいもとか玉ねぎ、にんじんなども届くようになり、

 

私たち消費者は、そういったものを買うようにすると、復興に

 

つながるのでしょうね。

 

北海道には社員旅行でも個人旅行でも行った事があり、

 

愉しい思い出しかないです。

 

ぜひまた、行きたいと願っています。

 

観光に大打撃を与えた今回の地震。

 

北海道に行って、食事をしたり、何か買ったりすることが

 

おそらく一番、良いのでしょうね。

 

北海道旅行、計画したいと思います。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



来年の顔。

手帳やカレンダーが店頭に並ぶ時期になった。

 

10月から始まる手帳は、

 

なるべく早くいかないと、

 

良いものが買えない。

 

大切な人と毎年おそろいにしていて、

 

姉と友だちには猫の手帖を贈っている。

 

カレンダーもシンプルなもので、あれば、

 

買ってしまおうかと思う。

 

三ノ宮に手帳を買いに行く、というのは

 

やめたので、今年は近場で探す。

 

あたらしくできたお店に、

 

どんな商品が並んでいるか、

 

チェックするのも楽しみだな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



週の真ん中、水曜日。

水曜日になった。

 

今日は買い物に行くので、

 

楽しみにしていた。

 

お天気も良いので何よりだ。

 

にんじんと玉ねぎ、キャベツを買おうと思っていたけど、

 

冷蔵庫を見ると、まだ大丈夫なようだ。

 

行った方がいいのか、どうなのだろう。

 

バナナもあと4日分はある。

 

あたらしい方が良い、というのもある。

 

今日はカラッとしていて、過ごしやすい、と

 

天気予報で話していたけど、暑いような気がする。

 

洗濯ものは屋上でカラッと乾いていた。

 

買い物に行くかどうかは迷うところだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



水曜日のふふふ。

お天気の良い水曜日となった。

 

今日は買い物に行くので、

 

晴れてほんとうにうれしい。

 

洗濯も時間こそかかったけれど、

 

丁寧にやってくれた、という点で

 

洗濯機には感謝したい。

 

今日は量が多かったから苦戦したはずだ。

 

私は病院で待つ時間みたいに、

 

先が読めないものについては、

 

結果的に長くかかることになっても、

 

右から左に受け流すことにしている。

 

私の部屋の洗濯機は、どうやら仕事が慎重なようで、

 

平常モードだと2時間かかることもある。

 

さぼっているのではなく、丁寧にひとつひとつ、

 

こなしているのだと理解している。

 

洗濯が終わった洗濯ものはピカピカしているもの。

 

さいわいなことに、今日はずっとお天気は良い、というので、

 

ありがたいなぁと思う。ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



幸先のいい日。

今日から、いつもの店で

 

ケータイクーポンのセールが始まった。

 

明日にでも食パンなどを買いに行こう。

 

今日は病院に行くのを

 

午後にしたのが正解だった。

 

もう夜ごはん以降の食事も出来た。

 

冷蔵庫に入れたので、一安心だ。

 

父は急いで出かけたみたいで、

 

洗濯ものを取り入れなかった。

 

母はのんびりしていると思うので、

 

私が屋上に取りに行って来ようと思う。

 

オンエアの前に注文したパンツは

 

やはり大人気で、今回のは相当クールだ。

 

届くのが愉しみだな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 



麻布プロバドール。

今日は午前1時に「麻布プロバドール」のショーがあったみたいで、

 

朝、新商品をチェックした。

 

いつも欲しいと思っていて、なかなか買えなかった

 

ハイテンションのブーツカットのデニムのパンツがあったので、

 

ネイビーを注文しておいた。

 

ホントはブラックも欲しかった。

 

夜になって在庫戻る可能性もあるので、期待したい。

 

澤崎隆人さんの作るパンツはオーダーメイドのような仕上がりで、

 

初めて注文して、届いて、穿いたとき、感動したのだ。

 

いろいろなブランドがあるけど、「麻布プロバドールが一番」という

 

気持ちは消えないだろうな。

 

いつも素敵なお洋服を作ってくれて、ほんとうにありがとうございます。

 

おかげさまです。

 

先日のTSVのパンツも届くのが今から待ち遠しいです。

 

きっと、素晴らしいんだろうな。

 

絶賛する口コミの嵐だ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



明るくなる空。

空が明るくなってきた。

 

気持ちもそれで上向きになるから、

 

空模様と人の心がいかに密接に

 

関わっているかわかる。

 

晴れの日はうれしくなり、

 

雨や曇りの日はすこし気持ちが沈むそうだ。

 

イギリスに滞在していた頃、

 

現地に住むお年寄りに、公園で、

 

この国の気候をどう思うね?と訊かれたことがある。

 

私は「悪くないと思いますけど」と答えた。

 

そこに永年住んでいる人、というのは

 

色々感じることはあるだろうけど、

 

自分の国が一番いいと誇りに感じている節がある。

 

私が悪くないと思う、と答えると、

 

その人は満足そうだった。

 

母がよく京都で、タクシーの運転手さんなどと話すときは

 

京都は最高ですね、と褒めるように心がけているという。

 

家族ぐるみでお世話になっている鯖寿司の専門店の

 

おかみさんも、海外や国内の至る所に旅行していた頃、

 

何処に行っても、京都が一番、と話していた。

 

褒められればうれしい。けなされると悲しい。

 

そういうものだろうな。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 

 

 



Sunday's Best

毎週日曜に、クリスチャンは教会に礼拝に行く。

 

サンデーズベスト、という、

 

特別なとっておきの服を着て。

 

私は16歳の時、母と姉とキャンピングカーで

 

アメリカのシアトルからフロリダまで南下したことがある。

 

一か月ほどの旅だった。

 

教会の宣教師さんのツアーだったので、

 

毎週日曜は教会に行く。

 

本当にアメリカでは、日曜は特別な日なんだなぁと

 

現地で驚いたものだ。


日本では考えられないような豪華だったり、派手だったりする

 

恰好で家族そろってでかけるのだ。

 

教会員の人たちの昼食会に招かれることも多く、その場で、

 

英語で自己紹介しないといけない機会もたくさんあり、

 

それで度胸がついたようなものだ。

 

カナダに行った時、ナイアガラフォールズの売店で、

 

連続している絵葉書を買った。

 

ひとつ35セントだったと思う。これを3つで1ドルにしてくれないか、と

 

初めて英語を話したのが、負けてくれないか、ということだったから、

 

自分でも若さゆえだと思うけど、すごいパワーだなぁ。

 

お店のおねえさんは、「Sure!」と答えて、絵葉書を3セット、1ドルで

 

販売してくれた。あ、英語が通じた、とわかったときの感動は忘れられない。

 

キスラー先生は病気になり、今は天国にいる。

 

フロリダに逢いに行くのが夢だったけど、

 

病気ならば仕方がない。先生は苦しみや痛みからは

 

解放されたのだから、良かった、と言えよう。

 

いつか自分が天国に行く時、恥ずかしくないように、

 

この世で、精一杯努力したいと心に決めた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をぎっしり受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



風に揺れる花々。

気持ちよさそうだなぁと思う。

 

風に花が揺れている。

 

小鳥か何かいるのかと錯覚するほどだ。

 

すずめの好きな木にも花が咲いたので、

 

また来てくれるとうれしいなぁ。

 

猫は雨は嫌いなので、

 

良いお天気になって、喜んでいるだろう。

 

お散歩日和かもしれないねぇ。

 

「満艦飾」という表現があるけど、

 

色とりどりの洗濯ものが風になびく光景が好きだ。

 

海外などで万国旗がはためくのに

 

似ているような気がする。幸福な眺めだ。

 

お天気が良くなったので、今日は洗濯する人が多いだろう。

 

そういえば、母はいつも整理している。

 

お洋服屋さんとかに行っても、お店の人は、

 

常に洋服を畳んでいるよね。

 

友だちがそういう店の雇われ店長をやったことがあり、

 

洋服を畳むのは、すごくうまくなった、と話していたなぁ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



Golden Balance

絵にも描けない美しさ、という表現があるけど、

 

例えば、空と雲の情景などは

 

ほんとうにバランスが取れていて見事だ。

 

感心してしまう。

 

天気予報が良い方に変わり、

 

今日が晴れるなんて、何かの

 

ご褒美みたいだ。

 

曇り空でにわか雨が降りやすい、という

 

天気予報だったのだ。

 

空気もカラッとしていて、実にさわやかだ。

 

明日も連休だし、何よりも、お洗濯日和になったので、

 

喜んでいる人が多いんじゃないかなぁ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



膝に乗る猫。

今は天国にいる「やんちゃん」は

 

私の膝に乗って、撫でてもらうのが大好きだった。

 

くつろいでいるのを見て、小学生の子どもが、

 

僕もやりたいと言ったけれど、

 

子どもの脚は細くて、落ち着かないようだった。

 

私はその猫に会うために2年間くらい、毎日、

 

公園に通っていた。雨の日も風の日も雪の日も。

 

猫はいつもじっと待っていた。

 

あまりに慣れているので、ボール遊びをしている子どもに

 

飼っているんですか、と訊かれたこともある。

 

トイレに行きたくなると、ポンと膝を降りて、

 

用を済まして、また、膝に戻ってくるのだった。

 

長い時は4時間ぐらい、くつろいでいたことがある。

 

その猫は今になって思うと、腎臓が悪かったみたいで、

 

餌をあげていた愛猫家の方は、当時、そのことがわからず、

 

病院に連れて行ってあげなかったことを後悔していた。

 

だんだん痩せてきて、元気がなくなってきたので、

 

もうあまり永くはない、とわかって涙が止まらなかった。

 

歌を唄ったりしながら、ずっと、撫でていた。

 

しっぽを振り振りしながら、聴いていたな。

 

あの重みとかぬくもり、忘れないよ。

 

いつも公園で待っていてくれて、ありがとう。

 

今はいないけど、やんちゃんの魂はそこにあるみたいで、

 

まるで姿が見えるかのようです。

 

天国では一番元気だった頃の姿で、走り回っているんだね。


おばあちゃんには、もう逢いましたか。

 

人懐こくて、かわいいやんちゃん。

 

両親は永い事生きていますが、こんな猫には

 

もう会えないだろう、と言っていました。

 

たくさんの思い出をありがとう。

 

やんちゃんの子どもたちは皆、性格が良くて、

 

地域の方々に愛されていますよ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



仲良しの友だちに逢う週末。

今日は予定よりも、駅に向かうのが遅くなった。

 

1時半以降なら、友だちも働いている時間だ。

 

今日は2家族分、それぞれ一週間分、というような

 

牛乳を買ったのだけど、Oさんは軽々とレジ台まで

 

持って行ってくれた。凄い。トレーニングしてるのかな。

 

私は会計をするとき、重い、と思ったのに・・・・・

 

たくさんね、クルマで帰るの?と声をかけてくれた。

 

カゴを直す係りのOさんにも今日は逢えて、

 

話をすることもできた。

 

午後から雨あがる、と聴いていたけど、

 

空模様ばかりは予測がつかないし、

 

熱帯低気圧から湿った温かい風が吹いてきていれば、

 

蒸し暑くもなるだろう。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



明るくなる空。

海を見ていた。

 

いくつか船が係留しているのが見える。

 

今日は雨が降りやすい、と聞いていたけど、

 

本格的な雨にならなくて何より。

 

早朝はわりと本降りの雨だったようです。

 

天気予報に詳しい人に、今日は降るでしょうか、と訊くと、

 

今日は朝降ってたけど、だいじょうぶかもしれないね、と答えた。

 

そうですかぁ、と嬉しくなった。

 

お昼近くにパラパラッと来たときに、その方がわざわざ部屋に来て

 

雨が降ってきました、と教えてくれた。有難かった。

 

今日は大切な人のお誕生日、という嬉しさと、

 

父がGETしたがっていた音楽会のチケットが買えたり、

 

両親がすっぽり忘れてしまったゴミのことを

 

収集の前に思い出して、私が走って行って間に合ったり、

 

運の良い事が続いている。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられて、

 

今日があると思うので、ほんとうに感謝しています。

 

ありがとうございます。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



小鳥のさえずる声で。

すずめのさえずる声がした。

 

ピチュピチュ声を上げて、

 

雨このまま降らないといいね、と言っているかのようだ。

 

湿度は高くはないのだが、

 

曇天なので、靴下などの小物が

 

あまり気持ち良く乾かない。

 

麦茶を淹れていると、珈琲のような香ばしい薫りがする。

 

今日はひんやりしているので、ホットの麦茶を愉しもうと思う。

 

すずめがベランダに遊びに来てくれたら、うれしいなぁ。

 

もしかしたら、毎日のように来てくれているのかもしれない。

 

ほんの一瞬だから気づかないのかもしれない。

 

声がしたので、暗くなる前に

 

姿が見れたら、と願った。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



企業努力。

今日は近所の店に買い物に行ったのだけど、

 

北海道地震の影響が出ていて、

 

牛乳が品薄になっているとしても、

 

なんとかお客様に商品を届けたい、という

 

意気込みを感じるようだった。

 

いつもの店では、淡路島産の低脂肪牛乳は

 

たくさん入荷していて、笑顔になった。

 

それから、北海道産の牛乳はなかったけど、

 

メイトーの4.4特濃牛乳、というのを入荷したようだった。

 

父が1本ためしに買いたい、というので、買ってみた。

 

主にヨーグルトを作るのに使うので、ためしてみないと

 

わからない。これからは駅ビルで買うことが増えるんだろうな。

 

そこは近畿の森永乳業が西宮で出荷しているもので、影響はないみたい。

 

北海道でも給食に牛乳が出ないそうだから、いろいろな面で、

 

搾乳できなかったことが響いているみたい。

 

酪農家は停電は解消したけど、毎日たくさん必要とする水が

 

断水の影響でギリギリしか確保できないのが問題だ、と話していた。

 

状況は一気に良くなることはないのかもしれないけど、すこしずつ、

 

改善されることを祈るのみだ。

 

全国の企業も力を合わせて、再建に向けて、最大限の努力をしている。

 

足りないことを数えずに、今ここにあることに感謝して、歩いてゆけたら、

 

と願っている。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



勉強熱心な母。

母はかつて「インテリアコーディネーター」の資格を取ろうと

 

勉強したことがある。

 

それは実現しなかったのだけど、

 

家をリフォームするときに、学んだことが生かされた。

 

最初に両親の家をリフォームして、

 

それから私の家だったのだけど、

 

最初にやったときに、もっとこうすればよかった、という想いが

 

あったようで、反省を生かして、次の家を設計してくれた。

 

おかげさまで、住み心地はとてもよく、この家こそが

 

最強のパワースポットだな、と思う。

 

我が家ではブリジストンの低反発マットレスを愛用しているのだけど、

 

朝起きたときに、それを立てて収納できるように、設計図を描いた。

 

本がたくさんあるのも、きちんと収納してあり、扉を開けないと、

 

中は見えないように工夫してくれた。

 

どんなドアにするか、それから、システムキッチンはどういう

 

色で、どんな組み合わせにするかも、当時、毎週のように

 

ショールームに通い、おねえさんと相談して決めた。

 

その時に、ものすごく親身になって、相談に乗ってくれたので、

 

とても住み心地のいい家が完成して、ほんとうに感謝しているのだ。

 

あのときはお世話になりました。ありがとうございました。

 

おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



食器棚ラプソディ。

私は半年ほど前、大塚家具で、

 

白い食器棚を選んだ。

 

他にもスタイリッシュだったり、

 

クールなものもあったが、

 

今の住宅は天井が高い傾向があり、

 

そういう風に設計されていて、

 

高さが足りなかった。

 

部屋の壁が白いので、白い家具が良いだろう、と言うのと、

 

スタッフの方が色々親切に応対してくれて、決めたのだった。

 

今では、その食器棚は、昔からここにいたよ、というような

 

顔をしていて、不思議な気がする。

 

大塚家具がお父さんの代の時は高級路線で来ていて、

 

娘さんに代わり、買いやすい価格のものをそろえるようになったことは

 

有名だが、手が届きやすいという意味で、魅力的なように思う。

 

永い目で見て、ほんとうに、低価格帯の家具にシフトしたことが

 

成功だったかどうかは、後になってからわかるのではないか。

 

食器棚が幾らだったか覚えていないけれど、割と手頃な価格で、

 

きちんと2人の配送専門のスタッフが丁寧に運んでくれた。

 

母と二人でホームセンターに行き、転倒防止の器具をつけた。

 

アフターケアもちゃんとしていて、手書きで、その当時の担当の人から、

 

丁寧なハガキが来ていた。

 

色々なことをいう人がいるけど、私は大塚家具、悪くないと思う。

 

買い物をしてみて、実感している。

 

やはり、自分の眼で見て、心で腑に落ちる感じで納得したことは、

 

世間で言われていることとは乖離があるように思う。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



秋晴れの空。

秋晴れの気持ち良い青空になった。

 

今日の天気予報は雨のち曇りだったので、

 

良い方に変わった、と言えるだろう。

 

雨が続いたので、多くの人が、

 

午後も雨が降るかなと思っていたかもしれない。

 

お昼に陽が射した、と思ったら、

 

カラッとした気持ち良い風が吹いてきた。

 

湿度が低いので、さわやかな感じだ。

 

週末が晴れているかどうか、というのは

 

月曜からの学校や仕事のスタートに

 

すこし影響するような気がする。

 

それにしても、午前中は雨で

 

それから晴れると、ほんとうに救われたような気持ちになる。

 

私たちは心まで明るくなるようで、笑顔を取り戻すのだ。

 

空模様と人の心は密接に関係しているそうだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を燦々と受け止めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



太陽のありか。

雨が降っていても、空が夜のようには

 

暗くならないのは、雲の向こうに、

 

太陽が輝いているからだ。

 

雨が続くと、なんだか無性に

 

晴れの日が恋しくなることはないだろうか。

 

火曜日は晴れる、という予報に変わり、

 

その日はとなりまちの病院に行く日なので、

 

うれしいなぁと笑顔になった。

 

残念なことに、それからまた、

 

秋雨前線の活動が活発になり、

 

一週間ほど雨が続くそうだ。

 

それでも、雨が降るから、

 

晴れの日が輝く、というのはある。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

 



マイクロファイバーのタオル。

「TEIJIN」のマイクロファイバーのタオルを購入した。

 

昨日届いて、今日から使うのを愉しみにしていた。

 

まず最初は手を洗って拭くところからスタートして、

 

お、水分を素早く吸い取ってくれる、と感激した。

 

それから洗顔の時に使い、いいなぁと嬉しくなった。

 

最後にお風呂で髪を洗い、髪と身体を拭くのに使った。

 

今までコットンのタオルを使用していて、しっかり拭いた、と思っても、

 

ポタポタ滴が垂れたり、ドライヤーで髪を乾かすのに、ものすごく

 

時間がかかっていた。このマイクロファイバーのタオルは憧れていて、

 

とにかく髪を洗ったとき、すぐに乾くようになって、感激です、という

 

口コミが多かった。想像以上に良かった。身体を拭くときは、これは、

 

ポンポンと押さえる感じにするのがコツですね。

 

今日初めて使ったので、まだ洗濯していないのですが、届いたとき、

 

甘いような香りがして、ふわふわしていて、うれしかったです。

 

これから私の生活に欠かせないものになりそうで、きのう、タオルを畳んで、

 

置いたときに、これからよろしくお願いします、と声をかけて、あたまを

 

下げました。何かと役に立つ、非常に力強い助っ人になりそうです。

 

良い買い物をしました。素晴らしい商品をありがとうございます。

 

待っていた甲斐がありました。

 

使いながら、あんまり素敵なので、「すげー!すげー!」と声に出して、

 

感動していたくらいです。ほんとうにありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



ヴィヴァルディの「四季」

クラシックの音楽の中で、一番好きなのは

 

ヴィヴァルディの「四季」だ。

 

今日はひさしぶりにそれを聴いている。

 

気持ちがリラックスして、落ち着いてくるので、

 

音楽の効用というのは素晴らしいな、と感動する。

 

おそく起きたので、食事がブランチになり、

 

おなかすいてしまった。それで、もう夜ごはんを作った。

 

あとは雑穀米を温めたりすれば、完成だ。

 

管理栄養士の方が話していたけど、

 

高齢になって、食が細くなり、

 

回数を減らす、というようなことは

 

食事で摂れる水分や栄養素などが入って来ないことになり、

 

身体にはダメージが大きいのだという。

 

わかるような気がする。

 

3食きちんと食べていても、おなかすいたときに味わう

 

ビスケットを食べたけど、グーグー鳴る音を止められない。

 

朝、一度起きたのだけど、眠くて眠くて起きていられなくて、

 

そのため、身体には負担をかけてしまった。申し訳ない。

 

これから、こういうことがないようにしたい。

 

ほんとうにごめんなさい。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



すずめの舞い降りる遊歩道。

今日は歩いていたら、

 

めずらしいことにすずめが10羽くらい舞い降りた。

 

会いに来てくれたみたい、とうれしくなった。

 

すずめちゃん、と声をかけると、なつかしそうな顔で

 

チョコンと首をかしげる。

 

私たちはすずめこそが「幸福の青い鳥」なんじゃないかと

 

思っているんだけど、野鳥の中でも一番人気らしい。

 

警戒心が強いので、歩いていると、パッと飛び上がるけど、

 

近くの樹の枝にとまって、じっとこちらを見ている。

 

かわいい黒白の猫たちにも逢えて、

 

すずめちゃんにも逢えて、

 

今日はホントにうれしすぎる日でした。

 

チョコンと座っていた黒白の猫は

 

まるで待っていたかのようでした。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をしみじみと感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



かわいい猫ちゃんズ。

今日はいつもの場所に黒白の猫がいた。

 

その家の方が台風のあと、折れた枝や葉っぱなどが

 

たくさんになっていたのをきれいにしてくれたようで、

 

エアコンの室外機の上に、チョコンと座っていた。

 

「良い子ね」と声をかけると、うれしそうな顔をする。

 

帰りにまた、そこを通ると、今度は2匹の白黒の猫が

 

ぐっすり眠っていた。

 

此処が猫たちの大切な居場所だとわかって、

 

気持ち良くくつろげるように、あれだけの暴風雨のあとでは、

 

飛ばされてきたものも多かっただろうと思うけど、

 

きれいにしてくださったんだな、と考えると

 

心の底からありがとうと言う気持ちが溢れる。

 

エアコンの室外機にチョコンと座っていた猫の

 

安心しきった様子、それから、帰りには、

 

声をかけても聴こえないほど熟睡している猫ちゃんズを見て、

 

本当にうれしかったのだ。

 

猫ちゃんズもどれだけ感謝しているか、わからない。

 

今日はひさしぶりにかわいい猫ちゃんズに逢えて、

 

ほんとうに笑顔になりました。ありがとう。おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

猫に会えた日は、良い事がたくさん起こるのです。

 

猫は「招き猫」とも言われるけど「福の神」かもしれません。

 

愛をぎっしり受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



鈴虫の声。

夜になると、鈴虫の鳴く声が聴こえる。

 

一種類か二種類だと感じるけど、実際は

 

七種類くらい鳴いていて、ハーモニーを奏でているそうだ。

 

明日、父の病院に付き添いで行くことになり、

 

朝の過ごし方がいつもとちがうので、

 

ちょっと緊張している。

 

予約が9時であっても、8時半ごろには到着していたい父は

 

8時にはでかけると思う。

 

その頃、ふだんは家でゆっくりしているので、

 

明日になってみないとわからないけど、ドキドキするなぁ。

 

ホントは母が一緒に行くはずで、今、上京しているので、

 

代わりに行ってくれないか、と頼まれたのだ。

 

7月に大腸ポリープの切除の手術を受けたので、

 

その細胞診とかあると思う。それから、最近の体調はどうですか、

 

というような話。母が私に行ってほしい、と言ったのは、

 

父はカッコつけて、ひどくおなかこわしていても、とても

 

調子いいです、というようなことを言ってしまうためだ。

 

母がいなくなって、父はすこし食べる量が多くなったみたいで、

 

ここのところはおなかの調子が悪いらしい。もともと若い頃から、

 

過敏性腸症候群なのだけど、すこし心配だ、という。母と居ると、

 

盛り付けるのは母なので、すこしひかえめによそったりするけど、

 

一人だと誰も止める人がいないので、盛りが良くなるのかな。

 

先日、カレーライスを食べるところを見て、こんなに食べるのか、と

 

驚いたのだけど、注意すれば、怒るだろうと何も言わなかった。

 

色々なことがあるなぁ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



かわいい小鳥の声。

すずめの声がした。

 

一瞬、ベランダに来たかもしれない。

 

逢いたかったな。

 

そういえば、子どもの頃、おなかが痛くなった、と母親に言い、

 

おなかをさすってもらった経験がある人は多いのではないだろうか。

 

手当てをするというけれど、ずいぶん昔から、痛いところに

 

手を当てて良くなるように祈る、ということは成されてきたようだ。

 

最近見た夢で、大切な人が手の切れているところをさすってくれて、

 

翌日には治っていた、というのがあった。

 

愛する人が良くなりますように、と願いながら、手をさする。

 

手当てをする、それが治癒へとつながったんだな、と思う。

 

目覚めたとき、ほんのりと嬉しい気持ちになったのだった。

 

私も大切な人がどこか痛い、と言ったら、さすってあげようと思う。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満ちるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



蘇る花々。

今朝、早起きしたので、

 

朝6時頃には室内に入れていた植木を

 

ベランダに出したのだが、うっかりして、

 

すぐに水やりをしなかった。

 

ペチュニアの白がいちばん元気だったけれど、

 

きのう、そういえば、室内に入れたから、

 

水はあげなかったのだ。

 

朝ごはんを食べて、植木のことを思い出し、

 

ベランダに出てみると、ペチュニアの白は

 

10個くらい花が萎れていた。私のせいだ、と反省した。

 

すぐに花を摘んで、たっぷり水やりをした。

 

心なしか、茎も萎れているような感じだったので、

 

パパパパッと水をかけた。

 

夕方になって、見てみると、元気を取り戻していて、

 

安堵したのだった。

 

自分は麦茶や珈琲をゴクゴク飲むのに、

 

朝一番の命の水を忘れて、ほんとうにごめんね。

 

のどが渇いて、つらかったね。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を果てしなく感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



相乗効果。

サプリは身体との相性というのも

 

すごくあるような気がする。

 

それを飲んだとたんに、

 

今までと違う、良い、と感じるようなものは

 

やはり内容成分が充実していたりする。

 

基本的に、サプリを飲む人、というのは

 

一種類ではなく、色々飲むので、

 

相乗効果もあるような気がする。

 

それぞれが補い合い、高めあって、

 

より良い効果を生み出すみたいなこと。

 

私の両親のように、そういうものは飲まない、

 

栄養素は食べ物から摂る、と決めている人も

 

多いみたいですね。

 

自分で今の食生活とサプリが良いんだな、とわかったのは

 

最近、内科で血液検査をして、結果がすごく良かったからだ。

 

毎日のことだから、続けられる価格であることも重要。

 

「国産黒酢粒」「プラセンタ100プレミアムEX」「ビタミンC」

 

「にんにく卵黄油」「ブルーベリー&ルティン」「青汁」

 

心から感謝しつつ、毎日、欠かさず飲んでいます。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛をギュギュッと抱きしめています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



お花きれいね。

母がベランダの植木を見て、

 

きれいに花が咲いているわねぇ、と驚いた。

 

毎日欠かさず水やりをして、

 

声をかけているからかな。

 

明日は台風が来る、というので、

 

ベランダから小さい鉢を幾つか、

 

室内に入れた。部屋の中がパッと明るくなる。

 

聖書に「野の花を見よ」という聖句がある。

 

花は自分がどういう姿で咲いているか、

 

知らないのだそうだ。それなのに、

 

あんなに可憐に花を咲かせる。

 

シクラメンは冬の寒さに強いので、

 

花を咲かせるのは冬だが、とても元気で、

 

今、ひとつの鉢が5つの花を咲かせている。

 

お花きれいね、というと、うれしそうだ。

 

いつか、お花屋さんで、花を買っていた頃、

 

お店の方が、部屋の中に花があると、

 

雰囲気が変わりますよ、と話していたのが、

 

わかるような気がする。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を溢れるほど感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



笑顔はじける日曜日。

今日は仲良しの人に2人も逢えたので、

 

最高にハッピーな気分の夜だ。

 

日曜に駅ビルに買い物に行く、というのは

 

いつものパターンなのだけど、

 

あまりに暑かった頃、午前中に行ったり、

 

お昼に行ったりしていたことも多かった。

 

お世話になった方はたくさんいるので、

 

ご挨拶したり、ちょっと世間話をしたり、

 

それはそれで楽しいのだけど、

 

明日から月曜日、という夜に、

 

よぉし、と成るのは、その二人に逢えた時だった。

 

それで、何時に行けば逢えるか訊いた。

 

午後はお店は混んでいるのだけど、

 

やはり一瞬でも逢えたり、

 

すこし話ができると、

 

うれしさがこみ上げる。

 

ほんとうに短い間だったけれど、

 

そこで働くことができてしあわせだった。

 

おなじ時を過ごすことで、得られたものも凄くあり、

 

やめてからも、その店に行くのが、ますます楽しみになった。

 

先週は、その話をチーフマネージャーの方に話せたので、

 

ほんとうに喜んでおられた。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を満々と噛み締めています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座