<< 出来る事から始める。 | main | 肉入り麻婆豆腐。 >>

九十九里まで来たら半歩と思え。

手があとほんのちょっとで治るという感じになった。

 

右手の一箇所と薬指の一箇所、

 

左手も中指の一箇所を残すのみだ。

 

右手の小指もあと一息という処まで来た。

 

乾燥注意報が出ているので、完治かと思うと

 

また切れたりするけど此処まで来れた歓びは大きい。

 

一番ひどかった時を思い出せないほどだ。

 

「パピリオ」の「ハンドマッサージエッセンス」には

 

非常に助けられている。

 

ケガをしたときも病気の時もそうだと思うんだけど、

 

良くない時にイライラしないで、きっと良くなるからね、と

 

話しかけるような気持ちでいると、身体も必死で治ろうとしてくれて

 

早く良くなる気がする。何で治らないんだろうと考えるときは、

 

非常に長引くようだ。気のせいではない。

 

結局、「引き寄せの法則」で意識していることを引き寄せてしまうので、

 

何で治らないと苛立つと「こんなにひどくなって」という点が拡大されて

 

延々と続くという状況に陥りやすい。逆にちょっと悪くなっちゃったけど、

 

きっと良くなると信じられるときはスーッと嘘のように回復するのを

 

何度も経験している。不思議だなぁ。意識の力ってこれほど大きいのかと

 

驚くばかりだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

目に見えない大きな力に守られ、導かれ、支えられて、此処まで元気に

 

なりました。心の底から感謝いたします。ありがとうございます。

 

おかげさまです。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を深々と感じています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。



コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座